“AIデータ・エーアイデータ・AI形式・エーアイ形式(ファイル形式)” の意味・解説

  • 公開:
  • 更新:
  • 制作/編集:

表記・読み

解説

AIデータエーアイデータAI形式エーアイ形式)とは、Adobe Illustrator形式のデータのことです。

Illustrator形式はIllustratorネイティブ形式とも呼ばれます)


※画像はIllustrator CS6のIllustrator形式のデータ(AIデータ)のアイコン


ファイルを保存する際のファイル形式で、Illustrator EPSやAdobe PDFではなく、「Adobe Illustrator(ai)」を選ぶとIllustrator形式で保存できます。

AIデータ」と呼ばれる由来は、Illustrator形式のファイルの拡張子が「.ai」であるからと考えられます。「AI」はAdobe Creative Suite・Creative CloudのIllustratorアイコンでも「Ai」と書かれていますが、「Adobe Illustrator」の略と考えられます。


AIデータは、Illustrator形式のファイルを指すだけではなく、Illustratorで編集ができるファイル形式という意味で、Illustrator EPS形式も含まれることも稀にあります。


Illustrator形式のデータはAcrobat Readerでも内容を確認できます

デザイナーとのデザインデータやりとりで、Illustrator形式のIllustratorデータが送られてくることがありますが、Illustratorがインストールされていないパソコンに送られても内容を確認できない…、そう思っていませんか?


実は、Illustrator形式のデータは保存の方法によって、Illustratorではなく、無料のAcrobat ReaderやMac OS X標準搭載のプレビューでも確認することができます。


Illustrator形式のファイルをAcrobat Readerなどで見るための準備

以下のようにすると、Illustrator形式のIllustratorファイルをAcrobat Readerで見ることができます。

Illustratorで以下のデザインを作成したとします。

AI形式(ファイル形式)-03


Illustrator形式で保存するときのIllustratorオプションダイアログで「PDF互換ファイルを作成」にチェックを入れて保存します。これだけです。

AI形式(ファイル形式)-04


保存されたIllustrator形式のファイルは、一見普通のIllustrator形式のファイルのように見えます。

AI形式(ファイル形式)-05


Illustrator形式のファイルをAcrobat Readerにドラッグ&ドロップして開きます。

AI形式(ファイル形式)-06


Acrobat ReaderIllustrator形式のファイルが開き、内容を確認することができました。

AI形式(ファイル形式)-07


Illustrator形式で保存するときのIllustratorオプションダイアログで「PDF互換ファイルを作成」にチェックを入れないで保存した場合はどうなるのでしょうか?

AI形式(ファイル形式)-08


この場合はIllustrator形式のファイルをAcrobat Readerにドラッグ&ドロップして開いても、内容を確認することはできません。

AI形式(ファイル形式)-09

これは PDF の内容を含めずに保存された Adobe Illustrator ファイルです。

このファイルを他のアプリケーションに配置または開くには、Adobe Illustrator で「PDF 互換ファイルを作成」オプションを選択して保存しなおす必要があります。

このオプションは、Adobe Illustrator ファイルを「別名で保存」コマンドを使用して保存するときに表示される、Illustrator オプションダイアログボックスにあります。


なぜAcrobat ReaderIllustrator形式のファイルを見ることができるのか?

なぜAcrobat ReaderIllustrator形式のファイルを見ることができるのかというと、「PDF互換ファイルを作成」にチェックを入れて保存したファイルは、以下の図の右側のように、Illustratorの情報に加えて、PDFの情報も一緒に保存されます。

このため、Acrobat ReaderなどのPDFを開けるアプリなどでは、一緒に保存されたPDFの情報を使用して内容を表示できるのです。

AI形式(ファイル形式)-01

関連情報・参考資料

カテゴリ

ソフトウェア デザイン・編集・製版工程 データ

調べてみよう!

こんな記事も読まれています