“BMP” の意味・解説

  • 公開:
  • 更新:
  • 制作/編集:

表記・読み

  • BMP...びーえむぴー/びっとまっぷ

解説

BMPとは、Microsoft Windows Bitmap Imageのことで、画像形式のひとつでWindowsの標準対応画像形式です。

Windowsに付属している「ペイント」では基本の保存形式が「BMP」になっているため、Windowsの標準ソフトウェアだけで画像ファイルを作ると多くはこの形式で保存されます。

Windowsのペイントの保存ダイアログ


BMP形式は以下のカラー情報で保存することが可能です。

  • モノクロ2階調
  • グレースケール
  • 4bitのインデックスカラー
  • 8bitのインデックスカラー
  • RGB各色合わせて24bitカラー
  • RGB各色合わせて32bitカラー

画像圧縮形式はありますが、あまり使用されていません。

また、カラーにRGBカラーは使用できますが、CMYKカラーは使用できません。


DTP用途では

カラーの画像は取り扱えますが、ファイルサイズが大きくなりがちで、かつCMYKカラーが使用できないため、DTPのソフトウェアではあまり使用されていません。他の形式を使用する方が望ましいでしょう。




拡張子

ファイルの拡張子は「bmp」がよく使用されています。

関連情報・参考資料

カテゴリ

デザイン・編集・製版工程 データ 画像

調べてみよう!

こんな記事も読まれています