“クリッピングパス” の意味・解説

  • 公開:
  • 更新:
  • 制作/編集:

表記・読み


解説

クリッピングパスとは、切り抜き用に使用されるパスのことを指します。


Photoshopでの切り抜き~クリッピングパスを使用

クリッピングパス切り抜き用のパスを作成した状態


Photoshopでは、パスを作成しただけではクリッピングパスになりません。パスを選択して、別途設定を行う必要があります。


Photoshopクリッピングパスによる切り抜きの設定

画面はPhotoshop CS3です。


まず切り抜き用のパスをペンツールなどで作成します。

Photoshopのクリッピングパスによる切り抜きの設定(1)


「パス」のタブのメニューから「クリッピングパス」を選択します。

Photoshopのクリッピングパスによる切り抜きの設定(2)


オプションの画面では以下の様に設定します。

  • パス:切り抜き用のパスを選択
  • 平滑度:空欄(もしくは「0.2」)

Photoshopのクリッピングパスによる切り抜きの設定(3)

平滑度の値が10や100などの大きな数字の場合、切り抜き用のパスが滑らかにならない場合があります。ご注意下さい。


「パス」のタブのメニューで「切り抜き用のパス」に設定されているものが袋文字に変化します。

Photoshopのクリッピングパスによる切り抜きの設定(4)


Windows版のPhotoshopは袋文字に変化しません。

Photoshop のクリッピングパス

▲Windows版Photoshop CS4の画面


注意点

Photoshopクリッピングパスを設定し、EPSTIFFPSDなどの形式で保存し、レイアウトソフトウェアに配置することで切り抜きが再現されます。

レイアウトソフトウェアによっては、TIFFPSDクリッピングパスを認識しないので、事前に配置するレイアウトソフトウェアでの扱いを調べておくことをお薦めします。

関連情報・参考資料