“天綴じ・上綴じ・上開き” の意味・解説

  • 公開:
  • 更新:
  • 制作/編集:

表記・読み


解説

上綴じ上開きとは、本を読み進める際にページを上に開いていく形式のものを指します。表紙を表にした場合、上側が綴じられているものです。


上綴じ・天綴じイメージ


上綴じはめくっていくタイプのカレンダーや伝票などで採用されている綴じ方です。


面付け作業時の注意点

横綴じ(右綴じ左綴じ)の時と違って、面付け時に表1と表4がどの向きで付くのか(見開きにしたときに同一方向を向くのか、逆向きになるのか)が製品によって異なるので間違わないよう注意する必要があります。

カテゴリ

綴じ 製本・加工工程

調べてみよう!

こんな記事も読まれています