“異体字” の意味・解説

表記・読み

解説

異体字とは?

異体字とは意味や読みが同じで形の違う文字のことを指します。

IllustratorInDesignPhotoshopなどでは異体字切替の機能があり、いわゆる旧字・新字・正字・略字などを切り替えることができます。

Windows XPの次のバージョンであるWindows Vistaでは2004年に改正された最新のJIS漢字であるJIS X 0213:2004(「JIS2004」「2004JIS」)準拠の「MS明朝」「MSゴシック」フォントを採用することが決定しています。

このため、Windows VistaとWindows Vistaより前のOSで同じフォント名で同じ文字コードであるにもかかわらず文字が変わってしまうなど、正字・旧字の扱いが異なる可能性があるので注意が必要になります。(Windows Vista以前のOSでもJIS X 0213:2004のフォントは使用可能です)


ソフトウェア毎の異体字切り替え機能の例

Illustrator 8の異体字切替機能

Illustrator 8の異体字切替機能。CIDフォントを使用しています。


Photoshop CS2の異体字切り替え機能

Photoshop CS2の異体字切り替え機能。OpenTypeフォントを使用しています。


InDesign CS2の異体字切り替え機能

InDesign CS2の異体字切り替え機能。字形パレットから行っています。OpenTypeフォントを使用しています。



関連情報・参考資料

カテゴリ

デザイン・編集・製版工程 フォント

調べてみよう!

こんな記事も読まれています