“CID” の意味・解説

  • 公開:
  • 更新:
  • 制作/編集:

表記・読み

  • CID...しーあいでぃー

解説

CIDとは?

CIDとはCharacter IDentifier(character[文字]+identify[特定する・確認する] +er[~するもの]=文字識別子)の略です。

CIDフォントはAdobeが提唱したCID-Keyed Font Formatに基づいたフォントを言います。

CIDフォントはフォントのアウトラインデータや詰め情報が入った「フォントファイル」と、文字とコードの対応情報が入った「CMapファイル」で構成されます。Illustratorの「字体切り換え」の機能はこのCMapファイルを切り換えることで実現されています。

Illustratorの「字体切り換え」機能


NewCIDフォントとは?

NewCIDフォントとはモリサワのCIDフォントのみで使用される言葉です。他のメーカーではNewCIDフォントという言葉は使用しません。

モリサワのCIDフォントは発売当初、PDFへのフォント埋め込みやIllustratorでのアウトライン化をできないようにするプロテクトが掛けられていました。この仕様を変更し、PDFへのフォント埋め込みやIllustratorでのアウトライン化のプロテクト解除を行ったものを販売をするにあたって、前に販売していたCIDフォントと区別するためにNewCIDフォントと名付けられました。


CIDフォントの特徴

CIDフォントは以下のような特徴があります。(すべてのCIDフォントが以下の特徴を持つわけではありません。)

  • PDFへのフォントの埋め込み(エンベッド)に対応
  • 異体字を使用できます。
  • 詰め情報をフォント内に持ちます。†1

CIDフォントを使用の際の注意点

MacOS9まではシステムフォルダに「common」フォルダとその中に「CMaps」フォルダがあるかどうかを確認してください。ない場合は正常にフォントが表示されない場合があります。

commonフォルダのインストールはAdobeのページより行ってください。

ATM用 Commonフォルダ


OCFフォントとCIDフォントでは似たような名前でも†2文字の幅や高さなどの情報が異なるため、フォントの安易な置き換えは事故の元になります。

  • †1: IllustratorOCFフォントで「詰め」ができるのはIllustratorの「詰め」フォルダにあるSBXというファイルが文字の詰め情報を記載しており、その情報をIllustrator起動時に読み込んでいるからです。
  • †2: 「リュウミンL-KL」と「A-CID リュウミンL-KL」など。

関連情報・参考資料

カテゴリ

デザイン・編集・製版工程 フォント

調べてみよう!

こんな記事も読まれています