“RIP” の意味・解説

  • 公開:
  • 更新:
  • 制作/編集:

表記・読み

  • RIP…りっぷ

解説

RIPとは?

RIPとはRaster Image Processorの略です。

入力されたデータ(PostScriptなど)を出力機器・出力ターゲット(プリンター・プレートセッター・画像ファイル・画面など)に合わせてビットマップ(ラスターイメージ)化のための演算(計算)をするシステムのことです。


基本的には出力機器・出力ターゲット毎にRIPが用意されています。

PostScriptプリンタではプリンタにRIPが内蔵されている場合もあります。

またWindowsやMacのOS上でソフトウェアとしてRIPを動作させる場合もあります。これをソフトウェアRIPと呼びます。


RIPを使用するときの注意点

RIPが異なると出力結果が異なる場合があり、プリンタのRIP出力と製版用のRIP出力で異なることもあります。

また同じRIPでも出力機器・出力機器・ターゲットが異なるとビットマップ化の演算が異なるため、同じデータを入力しても出力機器・出力機器・ターゲットにより出力の結果が異なる場合があります。

異なる例としては、線の形状が異なる・画像の出力イメージが異なるなどが挙げられます。

カテゴリ

ソフトウェア デザイン・編集・製版工程 製版・刷版

調べてみよう!

こんな記事も読まれています