“オーバープリント” の意味・解説

  • 公開:
  • 更新:
  • 制作/編集:

表記・読み

解説

オーバープリントとは、あるカラーの上にカラーを重ねて印刷することを指します。

前面にある色と面にある色とが混ざって印刷されている状態のことです。「ノセ」ともいいます。

オーバープリントは下の色が濃い場合に、スミの文字が合った場合に下の色と、文字の間に白い隙間が空いてしまうのを防ぐことができます。オーバープリントは意図的にした場合には問題はありませんが、色が重なることでスミが濁った感じになる場合があります。


実例

Illustratorで以下のような図形を描き、上に重なっている水色の塗りにオーバープリントの設定をします。


実際に印刷データとしては以下の図のようになっています。


右側のC100%の塗りはオーバープリントの設定により、重なっている部分はC100%M100%のカラーになります。

左側のC100%M5%の塗りはPostScriptの仕様により、C100%M100%とはなりません。C100%M5%の塗りのままです。この点がPhotoshopの乗算などとは異なるので注意が必要です。

関連情報・参考資料