“解像度” の意味・解説

  • 公開:
  • 更新:
  • 制作/編集:

表記・読み

解説

解像度とは画像の細かさのことです。解像度は主にdpi(=dots per inch)という単位を使用します(Photoshopではppi(pixel per inch)を使用しています。)。1インチあたりにどの程度の画像の点(dot)があるかを表しています。

一般的にこの値が高ければきめ細やかな画像になりますが、出力機器(プリンタ・プレートセッターなど)の表現できる細やかさを超える高い解像度にしてもデータサイズが大きくなるだけで意味はありません。

また、Photoshopなどで見かけ上の解像度を向上させても(ピクセル数を増加させても)本質的には意味がありません。

解像度が低くなればなるほどきめ細やかさが失われ、出力時にドットがよく見えるようになり、画像にドットのギザギザ(ジャギー)が見える場合があります。

※100dpi以下の粗い画像は低解像度と呼ばれる場合があります。(低解と略する場合もあります)


高い解像度の例(イメージ)


低い解像度の例(イメージ)


適正といわれる画像の解像度について

一般的に画像の解像度オフセット印刷の175線の出力線数であれば350dpi程度で十分とされています。

ポスターなど間近に寄って見ない印刷物の場合は150~200dpiでも構わないといわれております。

スクリーンキャプチャ(パソコンの画面を取り込んだもの)は72dpi(96dpi)で問題ありません。


カテゴリ

デザイン・編集・製版工程 印刷 印刷工程 画像 製版・刷版

調べてみよう!

こんな記事も読まれています