“プロセスカラー印刷” の意味・解説

  • 公開:
  • 更新:
  • 制作/編集:

表記・読み

解説

一般的に「カラー印刷」と呼ばれている印刷物は、プロセスインキであるシアン(C)、マゼンタ(M)、イエロー(Y)、ブラック(K)の4色で印刷されています。

このプロセスインキは、まず、印刷色の3原色であるシアン、マゼンタ、イエローがあります。この3原色を組み合わせることで、様々なカラーを表現できます。


理論的にはシアン、マゼンタ、イエローの3色を掛け合わせると黒くなりますが、インキが多く混ざることで印刷が不安定になり、きれいな黒にはならずに3色のどの色の方向に偏ってしまうためにブラックを使います。

このシアン、マゼンタ、イエローに黒を明瞭に表現するためにブラックを追加して4色で各インキメーカーが揃えている標準的なインキをプロセスインキと呼びます。


なぜブラックを(K)と表現するかというと「Black」の(B)は「Blue」の(B)と同じで勘違いしないように(K)になったといわれています。

そして、この4色のプロセスインキを使用した印刷プロセスカラー印刷といいます。

1色につき1枚の刷版を用意し、その4色の組み合わせ次第で様々な色を表現します。



補足:プロセスカラー2色でも様々なカラーが表現可能

プロセスカラーの説明では上記のCMYの掛け合わせの図が良く使用されますが、多くの実際の印刷では、CMYKのカラーに濃度という濃さの概念が入ってきます。

この濃度を調整することで、2色の印刷でも様々なカラーが表現できます。


例を図で表します。

まず、マゼンタ(M)とイエロー(Y)の濃度を共に変化させた図です。

濃度の組み合わせによって、山吹色(オレンジの様なカラー)・朱色も表現できます。


マゼンタ(M)とシアン(C)の濃度を共に変化させた図です。

濃度の組み合わせによって、紺色・藤紫色・紫色などが表現できます。


シアン(C)とイエロー(Y)の濃度を共に変化させた図です。

濃度の組み合わせによって、黄緑色・若竹色・浅葱(あさぎ)色などが表現できます。

関連情報・参考資料

カテゴリ

印刷 印刷工程

調べてみよう!

こんな記事も読まれています