“ミシン加工・ミシン目加工” の意味・解説

  • 公開:
  • 更新:
  • 制作/編集:

表記・読み

  • ミシン加工…みしんかこう
  • ミシン目加工…みしんめかこう

解説

ミシン加工とは、主にチケットやクーポン券の切取線やCDのバックジャケットの折りのために行われる加工のことで、印刷後に細かな破線状の切れ目を入れることをいいます。

ミシン加工をすることで、一部分を切り取りやすくしたり、折りやすくしたりできます。


直線にミシン加工をすればよいものはスリッターミシンといい、製本ミシン加工機によってミシン加工が可能ですが、この場合は紙の端から端までミシンが入ります。

紙の途中でミシン目を止めるものはジャンプミシンといって、活版印刷機の仕組みを利用してミシン加工を行います。


ミシン加工するものによっては厳密さを求められるものもあり、この場合には金型を作り、抜き加工のようにミシン加工を行います。(印刷物に振込用紙が付いている場合などは、金型を使用してミシン目を入れることがあります)



カテゴリ

表面加工 製本・加工工程

調べてみよう!

こんな記事も読まれています