“リッチブラック” の意味・解説

  • 公開:
  • 更新:
  • 制作/編集:

表記・読み

解説

リッチブラックとは、スミ(ブラックインキ)1色で表現した黒ではなく他の色を混ぜて、より深みのある濃い黒にすること。


単色のスミ(ブラック)だけの黒と、リッチブラック(他のカラーが混じった黒)では以下の様に異なります。(Illustrator上でのシミュレーション)


各色のインキ濃度を高めることで、より濃い黒になりますが、濃度を高めれば濃度を高めるほど良いというものではありません。

CMYK全て100%の総ベタといわれるカラーはインキの乾きに時間が掛かり、印刷のインキが紙から剥がれてしまうトラッピングの問題や印刷物の裏側にインキが付いてしまう裏移りなどの問題を発生させる場合があります。

この結果、印刷結果が不安定になり、印刷のムラができてしまいますので、CMYKのインキの総量が300%以下になるようにすることをおすすめします。


吉田印刷所ではリッチブラックのカラーにC50% M40% Y40% K100%をお勧めしています。


RGBカラーの黒から意図せずリッチブラックになることも

また、RGBカラーのデータを印刷する際に、RGBの黒(R,G,B=0,0,0・#000000)がCMYKすべてのカラーが混じったカラーに変換されて印刷されることがあります。

この場合、意図せずリッチブラックになってしまい、文字のカラーを黒で指定してあると、掛け合わせ印刷の都合上、文字が読みづらくなることがあります。

関連情報・参考資料

カテゴリ

カラー デザイン・編集・製版工程

調べてみよう!

こんな記事も読まれています