“JPEG 2000” の意味・解説

  • 公開:
  • 更新:
  • 制作/編集:

表記・読み

  • JPEG 2000…じぇいぺぐにせん

解説

JPEG 2000とはJPEG規格委員会が策定した新しいJPEG形式のことです。国際規格(ISO)に設定されています(ISO/IEC 15444)。

従来のJPEGでは画像圧縮率を高める(ファイルサイズを小さくする)と、ブロックノイズ(格子状ノイズ)やモスキートノイズ(波をうつようなノイズ)が多く出ますが、JPEG 2000ではそのようなノイズが発生しません。

ただしJPEG 2000で圧縮すると多少滑らかな画像になりぼやけた画像になりがちで、境目がくっきりした画像にはあまり向いていないようです。逆に従来のJPEGでは境目などがくっきりしやすいですがノイズの発生も多くなります。

また従来のJPEGとは違い圧縮前のデータに戻せる可逆圧縮も可能になっています。

JPEG 2000形式は従来のJPEG形式と同等の画質における圧縮率が従来のJPEG形式よりも高いため、Acrobat6.0形式(PDF1.5形式)以降の画像圧縮にも採用されています。


関連情報・参考資料

カテゴリ

そのほか デザイン・編集・製版工程 データ 画像

調べてみよう!

こんな記事も読まれています