“ハーフトーンスクリーン情報” の意味・解説

  • 公開:
  • 更新:
  • 制作/編集:

表記・読み


解説

ハーフトーンスクリーン情報とは、出力先の線数や網の角度などを指定する情報です。

ハーフトーンスクリーン情報を与えることによって、ひとつの画像だけ60線の出力をして他は通常の175線の出力をするなどということが可能になります。

ただし、ハーフトーンスクリーン情報に出力機が対応していない(もしくは無効にしてある)場合もありますので、あらかじめ事前の打ち合わせが必要になります。このため作業工程が煩雑になることも否めません。

実例

これは正しい出力イメージの図です。


これはハーフトーンスクリーン情報が含まれていた場合の図です(イメージ)。

通常175線で出力されるところを47線などの低い線数で出力される場合があり、意図したイメージと異なる場合があります。

また、プリンタによってはこのようにハーフトーンスクリーン情報が含まれていても、このように出力されない場合があります。(刷版ではハーフトーンスクリーン情報が有効になり上記のようなイメージの印刷物が仕上がります)


意図せぬエラーの回避のために

ハーフトーンスクリーン情報を含めないで保存する場合はPhotoshopEPS保存する際に、ハーフトーンスクリーン情報を含める」のチェックを入れないで保存してください。

▲画面はPhotoshop5.0です。

カテゴリ

デザイン・編集・製版工程 データ 画像 製版・刷版

調べてみよう!

こんな記事も読まれています