“モアレ・モワレ” の意味・解説

  • 公開:
  • 更新:
  • 制作/編集:

表記・読み


解説

モアレとは「規則正しく分布している細かな点や線を重ね合わせたときに新たに生じる斑紋。各版の網点を刷り重ねる多色印刷などで起こる。」(三省堂「大辞林」第二版)という意味で、印刷時に網点の重なり具合によって発生し、本来のデータには見えない縞状の模様のことです。モワレともいいます。

網点が互いに干渉しあうことで発生します。

モアレが発生した場合、以下の例のように印刷のムラのような仕上がりになってしまいます。

主に、既に網点のある印刷物ををスキャニング(画像取り込み)し、それを印刷した場合に発生します。

他には縞柄のネクタイや服装、簾(すだれ)・網戸・スピーカーのようなものでも発生する場合があります。


解決方法

モアレの完全な回避方法はありませんが、モアレ印刷の前にある程度予測することができます。

Photoshopなどで画像を開き、表示拡大率を33%や66.7%などの中途半端な値にしたときに縞状の模様が発生する場合にはモアレの発生する可能性が高いといえます。

この場合、Photoshopのフィルタなどで輪郭以外をぼかすことである程度モアレの発生を抑えることができます。

他には、CMYKへのカラー分解の方法を、GCR(Gray Component Replacement)というグレー(スミ・K)成分に置き換えられる部分をハイライト部からシャドー部までグレー(スミ・K)に置き換えてしまう方法で行うことで、網点の重なりを極力減らすことができ、ある程度モアレの発生を抑えることができます。