PDFをチェックできるプリフライトがバージョンアップ(Acrobat XI・DC用)

  • 公開:
  • 更新:
  • 制作/編集:
吉田印刷所ではDTPで役立つアプリ・スクリプト・動画などをダウンロードできる「印刷の泉」を運営しております。
→→→ https://www.ddc.co.jp/estore/

こちらに掲載のコンテンツが更新されましたのでお知らせいたします。

- *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-*

高瀬勝己さんが作成されたAcrobatPDF印刷用に適しているかをチェックできる『印刷トラブルを防ぐためのプリフライト』が更新されました。
Acrobat XI用・DC用が更新されています。

このプリフライトを使って印刷トラブルを防ぎましょう!


今回の更新内容は次の通りです。


【変更点・新機能】
  ・「注意が必要な濃度変換を使用」を「K100%のオブジェクトに透明効果を使用」と統合し信頼性を向上
  ・InDesignでオブジェクトに対して内側に掛かる効果を適用し、シアーツールで傾斜したものをPDF/X-4で書き出すと、効果が消失したり位置がずれるものへのエラー表示を行ったりしてきましたが、未対応だった「光彩(内側)」へも追加で対応。また、不透明度をカスタマイズした効果にも対応。
  ・3%未満の平網のみによるオブジェクトに対する警告の廃止
  ・InDesignIllustratorで書き出されたPDFを想定した表示の振り分け(誤認識を減らすため)
  ・その他、細かな調整


ダウンロードは以下のページからどうぞ。無料です。
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
XI版: https://www.ddc.co.jp/estore/cgi/item/start.cgi?m=DetailViewer&record_id=256
DC版: https://www.ddc.co.jp/estore/cgi/item/start.cgi?m=DetailViewer&record_id=267


なお、変更点・新機能で書かれているトラブルに関しての詳しい情報は、吉田印刷所の以下のページに掲載しています。
新しいバージョンのInDesignでも直っていないようなので注意が必要です。


InDesignで内側に掛かるオブジェクト効果を使ってPDF/X-4保存すると効果が消える(DTPサポート情報)
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
http://blog.ddc.co.jp/mt/dtp/archives/20140128/161957.html
カテゴリ

お知らせ 記事別

調べてみよう!

こんな記事も読まれています