薄紙印刷の対応用紙に食品に使える「LHW耐油紙」、両面艶なしの「5リーフN」

  • 公開:
  • 更新:
  • 制作/編集:
吉田印刷所では薄紙への印刷に取り組んでおります。

- *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-*

「LHW耐油紙」は耐油性があり、両面は光沢がなくザラッとした風合いの用紙です。こちらの用紙は、食品に直接触れる用途でご利用いただけます(印刷面は食品に触れる面では使用できません)。
油に対して耐性があるので、ハンバーガーや調理パンなどの包み紙として使用可能です。


「5リーフN」は日本製紙パピリア製の用紙で、薄手の事務用紙としてコピー用箋、事務用箋、伝票などに使われています。事務用紙として使用されているので、薄い紙ながらある程度のコシがあります。
両面ともツヤがない用紙で、廃番となったニューカラペの代替として選ばれる方もいらっしゃいます。
主にラッピングペーパーとしてご利用いただいております。


詳しい紙の情報は以下の紙の銘柄一覧ページからどうぞ
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
https://www.ddc.co.jp/super-light-print/paper-list.html


●薄紙印刷のスーパーライトプリントのトップページはこちら
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
https://www.ddc.co.jp/super-light-print/
カテゴリ

お知らせ 記事別

調べてみよう!

こんな記事も読まれています