普通の紙と薄い紙の印刷・製本の違いをカタログ印刷で比較検証してみました

  • 公開:
  • 更新:
  • 制作/編集:
吉田印刷所では薄紙印刷にも力を入れて取り組んでおりますが、薄紙印刷というと、ラッピングペーパーや包装紙というイメージが多いようです。

しかし、薄紙印刷はラッピングペーパーや包装紙などの包材だけでなく、カタログ冊子印刷でも力を発揮できます。

- *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-*

比較検証した印刷物は表紙+本文224ページのカタログです。
表紙は同じで、本文の用紙を「マットコート110kg」「マットコート43kg」で実際に印刷・製本して、比べてみました。

重さに関しては、マットコート110kgの方は913gで、
マットコート紙43kgで印刷した場合は368.8gと、
重さを60%削減することができました。


厚さに関してはマットコート110kgの方は16.5mmで、
マットコート紙43kgで印刷した場合は5.2mmと、
厚さを70%も削減することができました!


その他、マットコート紙110kg・70kg・51.6kg・43kgの印刷で、裏面の絵柄がどのくらい見えるのかを検証しました!
カタログ印刷の本文用紙を決める際に参考になる情報です。
詳しくは以下のページをご覧ください。
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
https://www.ddc.co.jp/super-light-print/change-thin-paper-print.html?utm_source=Yoshida_Print_Mail&utm_medium=email&utm_campaign=20160210-Yoshida_Print_Mail
カテゴリ

お知らせ 記事別

調べてみよう!

こんな記事も読まれています