Illustratorで90度回転させることはできません/Illustratorで雪を降らせる

  • 公開:
  • 更新:
  • 制作/編集:
今回はIllustratorのブログ記事を2つ紹介いたします。

- *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-*

Illustrator の左回転/左右反転すると形状が乱れるバグを回避する


Illustratorでオブジェクトの回転やリフレクトを行うと、微妙にずれることをご存じでしたか?


《引用  http://3fl.jp/nis004 ─────》
気付かれてない方も多いかもしれませんが、実は、回転ツールやリフレクトツールで「左の回転」と「左右反転」を行うと微妙に形状が乱れるというバグがあります。
(中略)
このように、左回転や左右リフレクトを行ったアイテムの数値に意図しない小数が入ってしまいます。
軽くデザインする程度の作業なら気にしなくていいのですが、ピクセルプレビュー時に十字キーで移動/リサイズしたり、グリッドデザインのような決められた数値でキレイにレイアウトしなければならないときにズレが生じてしまいます。
《───── 引用ここまで》


この問題は現在解消されていません。

そこで「3階ラボ」さんでは正確に回転/反転できるスクリプトを作成されました。
それが「Resize Items by Dialog」(リサイズアイテムダイアログ)です。


この「Resize Items by Dialog」は正確な回転/反転だけでなく、以下の機能が使える便利なスクリプトです。

  ・オブジェクトの縦サイズと横サイズの数値の入替
  ・複数のオブジェクトをまとめて指定数値でオフセット
  ・指定数値でサイズを統一
  ・最前面のアイテムサイズで統一
  ・最面のアイテムサイズで統一
  ・複数のオブジェクトを一気に個別回転/反転


解説ページにも例が掲載されていますが、確かにIllustratorで微妙にうまくいかない作業に手が届くスクリプトになっています、

気になる方は、こちらのページよりダウンロードできますので、どうぞ!
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
http://3fl.jp/nis009


- *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-*

Illustratorで簡単に雪を降らせる!


段々気温が下がってきて、冬が近づいてきました。
雪の季節ですね。

ということで、Illustratorのグラフィックスタイル機能を使って、簡単に雪を降らせることができるデータを「カワココ」さんが配布しています。

どれだけ簡単なのかは動画を作ってみましたのでご覧ください。(36秒)
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

https://www.youtube.com/watch?v=3MJfcVv-1fo


無料でデータはダウンロードできます。以下のページをご覧ください。
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
http://illustrator-labo.com/?p=977
カテゴリ

ウェブサイト・ブログ紹介 記事別

調べてみよう!

こんな記事も読まれています