InDesignからPDFを書き出す際にはフレームの効果に注意!(仕上がり付近)

  • 公開:
  • 更新:
  • 制作/編集:

吉田印刷所ではDTP印刷の疑問を書き込める掲示板サイトを運営しております。

回答は弊社スタッフだけでなく、他の方からもご厚意で回答していただき感謝しております。

https://www.ddc.co.jp/forum/cgi/bbs/start.cgi?utm_source=mm&utm_medium=mail&utm_campaign=20150806-mm

- *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-*

さて、この掲示板サイトに質問が書き込まれました。

質問内容は「InDesignでフレームに効果の《シャドウ(内側)》を掛けてPDF書き出しをすると効果の適用が画面と異なってしまう」といったものです。

添付された画像から見ると、現象としては、フレームではなく、裁ち落としの領域を起点として《シャドウ(内側)》が適用されている状態でした。


書き込まれた方の環境はInDesign CS6のPDF/X-1a形式での書き出しだったようですが、弊社で確認したところInDesign CC 2014のPDF/X-4形式での書き出しでも同じ問題が発生しました。

仕上がり付近に掛かる画像フレームを配置している場合には注意が必要かもしれませんね。


とりあえずの対処方法は印刷可能領域を大きめに取って、PDF書き出しをすることで問題を回避できるようです。


●現象の画像や問題の詳細はこちらから

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

https://www.ddc.co.jp/forum/cgi/bbs/start.cgi?c=InDesign&t=20150731140118&v=listthread&utm_source=mm&utm_medium=mail&utm_campaign=20150806-mm

カテゴリ

データ入稿上の注意点 記事別

調べてみよう!

こんな記事も読まれています