Photoshop CC 2015・Illustrator CC 2015ではGPUの設定に要注意!?

  • 公開:
  • 更新:
  • 制作/編集:

先日Adobe Creative Cloud 2015がリリースされました。

Photoshop CC 2015・Illustrator CC 2015・InDesign CC 2015ではグラフィックプロセッサー(GPU)を活用した高速な動作が可能になっているそうです。

しかし、このGPUを活用すると、不具合が発生することがあるようです。


- *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-*

Photoshop CC 2015でファイルを閉じるとクラッシュする

Photoshop CC 2015のWindows版だけのようですが、GPUを活用した設定にすると、ファイルを閉じた途端にPhotoshopがクラッシュ(強制終了)する場合があります。


- *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-*

Illustrator CC 2015では数多くの不具合が発生することがあります

Adobeの公式ページからの転載ですが、Illustrator CC 2015でGPUを活用した設定にすると、以下の不具合が発生することがあるようです。

  ・Windows環境で強制終了してしまう

  ・既存ファイルを開くと何も表示されない(レイヤー等は表示される)

  ・新規作成でファイルが真っ黒になる

  ・ファイルの中にギザギザの線が現れる

  ・線の太さが一定にならない

  ・点線が実線になる

  ・「Web用に保存」を選ぶと強制終了する


- *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-*

解決方法は、環境設定にてグラフィックプロセッサーの使用のチェックを外すことです。

公式のコミュニティやソーシャルメディアを見てみると、CC 2015は良い機能もあるが、不具合も多いという意見が見られます。

しばらくはCC 2014までのバージョンは、削除せずそのままにしておく方が良いかもしれませんね。


【CC 2015インストール時の注意】

今回のCC 2015からは、普通にインストールすると、CC 2014までのバージョンが削除されてしまう仕様に変更されました。

過去のバージョンを残しながらCC 2015をインストールする際は、


CCデスクトップアプリケーションにてAppタブにある

「すべてアップデートする」は「選択しない」で、

「詳細オプション」の中にある「以前のバージョンを削除」のチェックボックスを「オフ」にしてインストールを開始


としましょう。詳しくは以下のAdobe公式ページをご覧ください。


●過去バージョンを残したい場合の注意点 | Adobe Creative Station

https://blogs.adobe.com/creativestation/2015_0616?utm_source=mm&utm_medium=mail&utm_campaign=20150625-mm

カテゴリ

データ入稿上の注意点 記事別

調べてみよう!

こんな記事も読まれています