Illustrator CC 2014新機能・Aiは○○を救う!24時間Illustratorイベントなど

  • 公開:
  • 更新:
  • 制作/編集:

吉田印刷所はTwitterで、吉田印刷所以外のDTP関連のブログの更新情報も発信しています。

その中から、Illustratorに関係するブログ記事をご紹介します。


- *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-*

Illustratorはテキストエリアのサイズを自動変更できる

InDesignでは既にお馴染みの文字に応じたテキストエリア(フレーム)の自動サイズ変更ですが、Illustratorでもついに搭載されました。これで文字が多すぎてテキストエリアから溢れて文字が消えてしまったということがなくなりますね。


●テキストエリアのサイズを自動で変更する(ツモるDTP

http://2moru.blogspot.com/2015/04/illustrator-cc20141.html


- *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-*

★24時間ぶっ続けのIllustratorスペシャルイベント!

Illustratorは誕生から28年が経ったそうです。

(微妙に中途半端な年ですが)Illustratorのビッグイベントが開催されます!

それは24時間ぶっ続けイベント「24HOUR ILLUSTRATOR」。

渋谷ヒカリエで4月24日にリアルスペースでのイベント、そしてオンライン配信も行われるそうです。

現在、事前のお申し込みも

Illustrator オンリーイベント開催!!

http://blogs.adobe.com/iwamoto/2015/04/ai_24h.html


●24HOUR ILLUSTRATOR

http://www.event-web.net/illustrator/


- *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-*

★「スミノセはお任せで…」は危険! 印刷で画面と違う色になることも!

データ入稿の印刷を受け付ける会社は数多くありますが、その中でブラック(スミ・K)は自動的にオーバープリントにする「自動ノセ」を行っているところもあります。

こうした設定は、作り手側からすると、オーバープリントの設定をいちいちしなくても良いので便利な面もありますが、反面、「データを改変」することになるので、制作時で見ているデータとは異なった出力結果になることがあります。

データでは見えていない色で印刷されてしまうことも…。

この問題について画像付きで解説されています。


●透明を含むデータに自動ノセは要注意(出力の手引きWeb)

http://www.screen.co.jp/ga_dtp/dtp/guideline16/20150407_tp_op.html


吉田印刷所のデータ入稿では「自動ノセ」は行っていません。


- *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-*

吉田印刷所のTwitterではこうしたDTPに役立つページの情報などもツイートしています。

フォローお願いいたします!

↓↓↓ フォローはこちらから ↓↓↓

https://twitter.com/intent/follow?screen_name=yoshida_print

カテゴリ

お知らせ 記事別

調べてみよう!

こんな記事も読まれています