選挙ポスター印刷料金改定/バージョンアンケート結果公開/用紙サイズに注意

  • 公開:
  • 更新:
  • 制作/編集:

吉田印刷所選挙ポスター印刷料金改定/バージョンアンケート結果公開/用紙サイズに注意

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

吉田印刷所メールマガジン              2014年 05月 14日号

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

トクプレ.トップページはこちら ⇒ http://www.ddc.co.jp/tokupre/index.html?utm_source=mm&utm_medium=mail&utm_campaign=20140514-mm-tokupre


《目次》━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  1. 選挙ポスターメニュー(耐水紙)印刷料金改定・納期コース新設のご案内
  2. DTP・デザインで使用しているAdobeソフトのバージョンアンケート結果発表!
  3. Illustratorのぼかしのカラーに注意/半才・半切などの用紙サイズに注意!
  4. キャンペーン情報/Adobeサイトで吉田印刷所が紹介/アンケートの反応など

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

★ カタログ使用期間を有効に活用!

│ 販売促進活動中に、本文の差し替えが可能なサービスが始まっています。

│ 分割印刷方式は、総合カタログなどに大変有効で好評を得ております。

│ 詳しい内容はこちらから⇒⇒⇒ http://bit.ly/catalog-print

└───────────────────────────────────

■おしらせ -------------------------------------------------------------

選挙ポスターメニュー(耐水紙)印刷料金改定・納期コース新設のご案内

-----------------------------------------------------------------------

平素は印刷通販「トクプレ.」をご利用いただき、誠にありがとうございます。


この度、選挙ポスターメニューの料金改定及び、サービスの一部が変更となりますので、下記のとおりご案内いたします。


トクプレ.」では、選挙ポスターメニューでご案内をしております(耐水紙印刷印刷料金を改定することになりました。

改定の理由は、現状の料金では継続的に安定したサービスをご提供できないことが予想されるためです。

何卒ご容赦くださいますようお願い申し上げます。


【変更日時】

・2014年 5月20日(火)受付分より(5月19日午後から切り替わります)


【変更後の内容】

・基本印刷料金の改定

・納期コースに3日間コース・5日間コース・7日間コースを新設


※裏面糊付き(A3サイズ・ユポタック紙)の料金変更はございません。


上記各サービスをご利用の皆様には、ご不便をおかけすることをお詫び申し上げますとともに、何とぞご理解賜りますようお願い申し上げます。

また、この変更に伴い、新たに選挙ポスター印刷選挙関連)の専門サイトを開設いたします(予定)。

より一層お客様と密な関係が構築できますようにしてまいります。

今後とも「トクプレ.」のサービスをよろしくお願い申し上げます。


選挙印刷ご案内ページ

http://www.ddc.co.jp/tokupre/%E9%81%B8%E6%8C%99%E5%8D%B0%E5%88%B7/index.html?utm_source=mm&utm_medium=mail&utm_campaign=20140514-mm-senkyo



■おしらせ -------------------------------------------------------------

DTP・デザインで使用しているAdobeソフトのバージョンアンケート結果発表!

-----------------------------------------------------------------------

388名もの方々にご参加頂きました使用しているAdobeソフトのバージョンアンケートの集計結果を公開しました。

今回の調査では、メインで使用しているバージョンのトップが全てのソフトでCS6となりました。

全体的に新しいバージョンへの移行が進んでいる様子が伺えますが、InDesignではやはり移行の進捗が遅いように感じます。

Creative Cloudの導入した理由・未導入の理由の項目からは、Creative CloudはDTP用途にソフトを絞ったバージョン提供をユーザーから求められている様子が伺える結果となりました。


アンケートにご協力頂きましてありがとうございました!


詳しい内容は以下のページからご覧下さい。

https://www.ddc.co.jp/news/archives/20140507-102500.html?utm_source=mm&utm_medium=mail&utm_campaign=20140514-mm-Adobe-Version-Survey-Result



■データ入稿上の注意 ---------------------------------------------------

Illustratorのぼかしのカラーに注意/半才半切などの用紙サイズに注意!

-----------------------------------------------------------------------

吉田印刷所トクプレ.では印刷のトラブル防止や、より効率の良い印刷データ作成のためにDTP印刷に関する情報を読者の皆様に発信しています。

より良い印刷物制作のため、ぜひご確認下さい。


- *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-*

Illustratorでアピアランスのぼかし処理をして

 PDF保存すると画面上と色が変わってしまう問題


Illustratorのアピアランスに「ぼかし」がありますが、これを使用して制作をし、PDF保存すると、Illustratorの編集画面とカラーが変わった状態でPDF保存されてしまう問題について説明しています。

正しいデータはPDFのカラーですが、編集時にカラーを勘違いする恐れがあるのでご注意下さい。


http://blog.ddc.co.jp/mt/dtp/archives/20140512/153257.html?utm_source=mm&utm_medium=mail&utm_campaign=20140514-mm-Illustrator-Color-Change


- *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-*


●包装紙で使用する用紙のサイズについて


市販されている包装紙には様々なサイズのものがありますが、調べてみると「同じ用語」を使っているにも関わらず、メーカーや用紙により異なるサイズを表している場合がありました。

このため、包装紙印刷をご依頼なさる場合、仕上がりサイズを実寸(mm)でご指定頂くと確実です。

包装紙印刷をご依頼の際はご協力をよろしくお願いいたします。


今回調査したサイズは以下の用語のサイズです。


半才半切

http://blog.ddc.co.jp/mt/words/archives/20140513100333.html?utm_source=mm&utm_medium=mail&utm_campaign=20140514-mm-hansai

全才全切

http://blog.ddc.co.jp/mt/words/archives/20140513113401.html?utm_source=mm&utm_medium=mail&utm_campaign=20140514-mm-zensai

H半才H半切H/2判H2判・ハトロン半裁・ハトロン半才ハトロン半切

http://blog.ddc.co.jp/mt/words/archives/20140513125634.html?utm_source=mm&utm_medium=mail&utm_campaign=20140514-mm-h-hansai

H全才H全切H判H全判・ハトロン全判

http://blog.ddc.co.jp/mt/words/archives/20140513141125.html?utm_source=mm&utm_medium=mail&utm_campaign=20140514-mm-h-zensai



■おしらせ -------------------------------------------------------------

キャンペーン情報/Adobeサイトで吉田印刷所が紹介/アンケートの反応など

-----------------------------------------------------------------------


●【トクプレ.】期間限定のお得な割引・無料キャンペーン情報


現在、印刷通販トクプレ.では、6月末までの期間限定でチラシフライヤー印刷の割引キャンペーンのキャンペーンが開催されています。

トクプレ.トップページ ⇒⇒⇒ http://www.ddc.co.jp/tokupre/index.html?utm_source=mm&utm_medium=mail&utm_campaign=20140514-mm-tokupre


- *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-*


★Adobeのサイトで吉田印刷所が紹介されました


Adobeの公式ブログのひとつである「いわもとぶろぐ」(担当:岩本さん)にて、吉田印刷所のAdobeソフトのバージョンアンケートの結果をご紹介頂きました。

ありがとうございます。

『みなさまもご存知の通り、デザインマーケットの業界は石橋を叩いて叩いて、渡らないというくらい慎重に慎重を重ねる、ともすれば新しいものにはかなりナーバスな部分があります。そんな中、半年という短い期間の中ではありますが、全体的に徐々にCCへの移行が進んでいるという結果をいただきました。』


確かにCCのユーザーは増えており、普及してきたなという数字になってきました。

吉田印刷所のデータ入稿でもCCは対応しておりますので、ぜひご活用下さい。


ご紹介頂いたブログ記事はこちらから

吉田印刷所による「バージョンアンケート」の結果発表

http://blogs.adobe.com/iwamoto/2014/05/08.html



- *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-*


★Twitterで紹介されていました。

●Adobeソフトのバージョンアンケート結果報告から


Adobeソフトのバージョンアンケート結果を公開しています。

https://www.ddc.co.jp/news/archives/20140507-102500.html?utm_source=mm&utm_medium=mail&utm_campaign=20140514-mm-Adobe-Version-Survey-Result

このページに対してTwitterでは以下のコメントがされていました。

・CS6利用者数がCS5を上回っていますね。

・新しさより使いやすいバージョンに留まっちゃうよね。

・いずれもCS3多いけど何かあったかしら。

・だってInDesignは上位も下位も互換性ないからアップグレードしにくいもん。

・相変わらずCS4あたりが安定してて使い易いんだけどな

InDesignなどは複数バージョン使う所が多いけどアクロバットは単一バージョンなんだ

・参考になる。仕事だろうに古いの使ってる人多いのねw

元発言⇒ https://twitter.com/pnd_h/status/464215132864655360

   ⇒ https://twitter.com/KariumNitrate/status/464056749763203072

   ⇒ https://twitter.com/aibo_1226/status/464021595766259712

   ⇒ https://twitter.com/zyac/status/463943029502398464

   ⇒ https://twitter.com/isana_0137/status/463900199291588608

   ⇒ https://twitter.com/t_okada/status/465696246363996161


ご紹介頂きありがとうございました!



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 それではまた次回のメールマガジンでお会いしましょう。

 

 ※メールマガジン配信停止(要ログイン)

  https://www.ddc.co.jp/tokupre/shop/myPage?vType=mail_magazine_chk

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

株式会社吉田印刷所            http://www.ddc.co.jp/index.html

【新潟窓口/今泉工場・お問い合わせ先】 TEL 050-3733-1975

         〒959-1835 新潟県五泉市今泉902-1

【東京営業所】 TEL 03-5942-8975

         〒101-0041 東京都千代田区神田須田町2-23-9 大和ビル4F

【本社・印刷工場】〒959-1835 新潟県五泉市今泉947-1

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

カテゴリ

メールマガジン全文

調べてみよう!

こんな記事も読まれています