Photoshopの保存方法で色が変わる/Acrobatで線が細く・太くなる不具合

  • 公開:
  • 更新:
  • 制作/編集:

印刷用データの注意点などをご紹介します。

- *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-*

●【更新】Photoshop形式で保存する時は「互換性を優先」に要注意!

 データにない色が発生することも...


Illustratorのバグ・不具合情報です。


IllustratorPhotoshop形式のデータ(.psd)を貼り込むことができますが、Illustrator CS5までは、貼り込むPhotoshop形式のデータを保存するときに「互換性を優先」のチェックを外しておかないと、PDF変換した際に、Photoshopデータ上に無い色がPDFで発生する場合があります。


端的に言うと、C(シアン)とM(マゼンタ)とY(イエロー)しか使っていなくても、PDFでK(ブラック)のデータが入り込んでしまうという問題です。

2色刷などを行う方は特に注意が必要です。


この現象について以下のページで解説しています。

Illustrator CCでもこの問題が発生しているので更新しました。


⇒⇒⇒ http://blog.ddc.co.jp/mt/dtp/archives/20130718/182518.html



- *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-*


InDesignのマスターページに配置した線があるPDF

 Acrobatの「色を置換」で色変換すると太さや形状が変わる


Acrobatのバグ・不具合情報です。


InDesignで編集するにあたって、マスターページに線オブジェクトを配置することはよく行われています。

「マスターページに線オブジェクトを配置」したドキュメントからPDF書き出しを行うと、見た目は問題ないのですが、Acrobatの「色を置換」の機能を使用して色を変換すると、マスターページに配置した線の太さが変わったり、線の形状が変わったりします。


カラーで作成していたものを、Acrobatでモノクロに変換するなどの作業を行う時に発生が考えられます。

この問題について以下のページで解説しています。


⇒⇒⇒ http://blog.ddc.co.jp/mt/dtp/archives/20131128/205323.html

カテゴリ

データ入稿上の注意点 記事別

調べてみよう!

こんな記事も読まれています