【DTPサポート】CS2/Acrobat 7の再インストール・Windows Updateに注意

  • 公開:
  • 更新:
  • 制作/編集:

今回の内容はDTP印刷に関わる方に影響範囲が大きいと考えています。

ぜひご確認を。


- *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-*

●Adobe CS2とAcrobat 7の再インストールができないエラーと解決策


2012年12月13日付けで、Adobe Creative Suite 2とAcrobat 7のライセンス認証(アクティベーション)用のサーバーをアドビシステムズが停止しました。

再インストールする際には、今まで通りの方法ではライセンス認証エラーになってしまいます。


このため、アドビシステムズはライセンス認証エラーが発生しないAdobe Creative Suite 2とAcrobat 7のインストーラーの配布を開始しました。


続き→ http://blog.ddc.co.jp/mt/dtp/archives/20121218/124238.html


- *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-*

●Windows Update

 OpenTypeフォントの文字が消える/効果が掛からない/ギザギザになる


2012年12月12日のWindows Updateを適用すると、Microsoft Office(Word・Excel・PowerPointなど)でOpenTypeフォントを使用している部分の文字が消えたり、適用したはずの効果が掛からなかったり、文字がギザギザになったりします。


代表的なOpenTypeフォントとして、モリサワパスポート(MORISAWA PASSPORT)・フォントワークスLETS・アドビシステムズ小塚明朝/小塚ゴシック・ダイナコムウェアDynaSmartなどに含まれるフォントの多くが該当します。


続き→ http://blog.ddc.co.jp/mt/dtp/archives/20121218/145135.html

カテゴリ

データ入稿上の注意点 記事別

調べてみよう!

こんな記事も読まれています