印刷の泉:INDD 2012(InDesign集中セミナー)関連の電子書籍の紹介

  • 公開:
  • 更新:
  • 制作/編集:

7月20日に開催されたINDD 2012(InDesign集中セミナー)のセッションで取り上げられた電子書籍とセッション内容に関連する電子書籍をご紹介いたします。

今回ご紹介するのは「InDesignの正規表現」「InDesignのスタイル」「InDesignのスクリプト」、そして関連項目として「Illustratorのスクリプト」です。

印刷の泉」にて購入ができます。


- *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-*

InDesign者のための正規表現入門

InDesignを使って正規表現の基礎と実例が学べるテキストです。

EPUBフォーマットになっていますので、多くのEPUBリーダー上で閲覧できます。


(はじめに から)

読者の中には「正規表現」という言葉を初めて聞く方もいらっしゃるかもしれません。正規表現はとても便利なテキスト検索方法の一種です。「正規表現は難しい」などと言う人がいますがそれは誤解です。基礎をきちんと理解すれば、決して難しいものではありません。

本書は、正規表現を初めて学ぶ人のために書きました。特に、Adobe InDesignを使って印刷物のデザインやレイアウトをしている方を対象にしています。InDesignはCS3から正規表現検索置換ができるようになりました。さらにCS4からは段落の属性として「正規表現スタイル」が適用でき、正規表現の利用価値が格段に高まっています。本書ではInDesign CS4 / CS5を使って正規表現をイチから学べるようになっています。

本書は前半と後半に大きく分かれています。まず、前半の基礎編で正規表現の基本的な考え方について学びます。次に実技編でいくつかの作例を見なら正規表現を学習できます。実技編はチュートリアルとして実際にやってみると理解が深まるでしょう。巻末には参考書籍や主な正規表現一覧を掲載してあります。

筆者と正規表現の付き合いはもう20年以上になります。その間に使っているコンピュータもアプリケーションもまったく変わってしまいました。正規表現は息の長いスキルです。正規表現のパワフルな魅力をひとりでも多くの方に知っていただきたいと思います。


ご購入は以下のページから

http://bit.ly/GG4ONy



- *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-*

InDesignスタイル機能Perfect Book

(「はじめに」より)

InDesignは、おもにページ物制作に使用します。

レイアウトソフトという性格上、写真やイラスト、テキストといった素材を配置し、ドキュメントを仕上げていくわけですが、作業にかかる時間の多くは、テキスト編集についやされます。そのため、テキスト編集にかかる時間をいかに短縮できるかが、効率良く作業するための大きなポイントとなります。

InDesignにテキスト関連の機能は数多く搭載されていますが、作業時間の短縮をポイントとした場合、とくに有効なのが段落スタイルや文字スタイルといった機能です。書式属性をスタイルとして登録することにより、スタイル名をクリックするだけで簡単に書式属性をテキストに反映することができる機能です。

さらには、同じスタイルが適用されたテキストの書式を一括で変更するなど、修正作業にも素早く対応できる機能です。できれば、すべてのテキストに対してスタイルを割り当てるつもりで作業するとよいでしょう。

このパンフレットでは、段落スタイルと文字スタイルを中心とする"スタイル機能の使い方"を解説しています(先頭文字スタイルや正規表現スタイル、オブジェクトスタイルも取り上げています)。これまで、スタイル機能をあまり使ってこなかった方はもちろん、使っていた方にも参考になる内容をご紹介しているつもりです。ぜひ読んでいただいて、仕事に活用していただければ幸いです。

なお、この小冊子では、InDesign CS4をベースとして解説していますが、それ以前のバージョンでも充分活用できる内容になっていますので、参考にしてください。


ご購入は以下のページから

http://bit.ly/GNRf0X



- *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-*

DTPの勉強会 特別編・第2回「InDesignとJavaScript」動画&スライドデータ

このコンテンツは2011年9月17日に東京で開催された「DTPの勉強会 特別編 第2回」のセッションを撮影した動画・音声と使用されたスライド・資料(PDF化したもの)になります。

InDesignをJavaScriptでコントロールする》

 スピーカー:たけうちとおるさん・chalcedonyさん

DTP作業でスクリプトを利用するメリットやその効果は多くの方が紹介されています。

しかし自分でスクリプトを作ろうとすると敷居が高く、挫折した方も多いのではないでしょうか?

そこで今回はInDesignでJavaScriptを利用するためのスクリプト入門として、簡単なスクリプトの作り方とカスタマイズ方法、スクリプトを作成するアプローチ(考え方やDOMの読み方など)についてご説明いただきます。


ご購入は以下のページから

http://bit.ly/GJHogM



- *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-* *-*

●Adobe Illustrator CS3 + JavaScript 自動化サンプル集

Adobe Illustrator CS3(CS4)で使用することができる自動化のスクリプトの解説および説明のPDF (831ページ) です。

Adobe Illustratorで動作するスクリプトはいくつかありますが、もっともメジャーで安定しているJavaScriptを使用しています。動作テストはMacOS X (10.5, 10.6)で行っています。MacOS XでもWindowsでも動作しますが、付録や一部のサンプルはMacOS Xでしか動作しないものがあります。CS4ではGUIの一部が動作しませんが、他のスクリプトはほぼ動作します。CS4やCS5では一部動作しないもの(印刷処理)があります。

PDFは学習編、プロパティ、メソッド対応図、JavaScript基本編、基本編、応用編、付録で構成されています。


ご購入は以下のページから

http://bit.ly/MGxLRu

カテゴリ

お知らせ 記事別

調べてみよう!

こんな記事も読まれています