なぜ印刷用データとしてPDF形式をお薦めするの?

  • 公開:
  • 更新:
  • 制作/編集:

吉田印刷所印刷用データとして、皆様にPDF形式をお薦めし始めて10年くらいになります。

なぜ印刷用データとしてPDF形式をお薦めするのでしょうか?


これは大きく言って3つのメリットがあります。


(1)パソコンの環境を選びません ─────────────────────


Wordでチラシを作成されたお客様も、InDesignカタログ製作されたデザイナー様もPDFならソフトウェアの種類やバージョンを気にせずやりとりができます。

基本的にフォントが埋め込まれていて、正常に印刷できるPDFであれば、どんなソフトウェアで作成していても大丈夫です。



ネットでの印刷発注の際にはデータ作成のソフトウェアが制限されていたり、使用できるフォントの制限がされていたりすることがほとんどです。

しかし、PDF形式ならばその点は気にする必要はありません。




(2)ファイルサイズが小さくなります ───────────────────


PDFに変換される際、複数のデータが一つにまとまり、更に圧縮されるのでファイルサイズが小さくなります。

特にページ数の多い印刷物はファイルサイズが小さくなることで、データ送信時間が短縮され、大きな効果を発揮します。



データ送信は簡単に終わりたいものですよね。

PDFはそれを可能にしてくれます。




(3)画像・フォントが埋め込まれます ───────────────────


Illustrator形式の入稿では「リンクされた画像もご一緒に送付下さい」と注意書きがされているかと思いますが、PDFはそのファイルの中に使用している画像データやフォントのデータを全て入れることができるので、画像が抜けていた! 文字が崩れた! という心配が必要ありません。

データトラブルによるデザイン崩れが減ります。



結構リンクされた画像ファイルの添付し忘れというものはあります...。

リンクされたファイルが全て揃わない限りデータのチェックができないので、印刷物のお届けまでの日数も伸びてしまいます。そうしたことがないPDF形式は便利に使うことができます。



─────────────────────────────────────

以上がPDF形式のメリットでした。


どうでしたか?

少しPDF形式を使ってみたくなりましたか?



ではPDF形式にファイルを変換するのは難しいのでしょうか?


いいえ! 簡単です。


次の記事では各ソフトウェアから簡単にPDF形式へ変換する方法をご紹介いたします。

カテゴリ

データ入稿上の注意点 記事別

調べてみよう!

こんな記事も読まれています