「ヒロポンのオキラクデザイン DTP SCHOOL」(前半)

  • 公開:
  • 更新:
  • 制作/編集:

 DTPWORLDを発行していたワークスコーポレーションさんのブログって知っていますか?

 このブログでは「ヒロポンのオキラクデザイン DTP SCHOOL」という連載を行っていて、11月18日に連載の最終回を迎えました。

 「ヒロポンのオキラクデザイン DTP SCHOOL」は比較的コンパクトにデザインなどのポイントをまとめられているので、気軽に読める連載になっています。全12回ありますが今回は前半の6回分を紹介します。



▼ ヒロポンのオキラクデザイン DTP SCHOOL 【 1時間目】

| Tシャツ着た~い「かっちょイ~ヒロポンTシャツ」

http://www.wgn.co.jp/store/blog/index.php?itemid=437&catid=14

 DTPスクールですが、いきなりTシャツの制作のお話です。

 視線誘導からTシャツのデザインを考えましょうというお話もあります。

 Tシャツ印刷はシルク印刷なのですが、その作業工程も掲載されています。



▼ ヒロポンのオキラクデザイン DTP SCHOOL 【 2時間目】

| パッケージのデザイン「マッチ箱」

http://www.wgn.co.jp/store/blog/index.php?itemid=578&catid=14

 立体物の制作について。

 紙厚や折る形式によってデザインなどを変えてみましょう、といったアドバイスも掲載されています。

 マッチ箱の製造現場の写真も掲載されています。これはあまり見れないものかも!



▼ ヒロポンのオキラクデザイン DTP SCHOOL 【 3時間目】

| 規格モノのデザイン「CDジャケットとレーベル」

http://www.wgn.co.jp/store/blog/index.php?itemid=583&catid=14

 CDのレーベルデザインで画像の配置は大切ですね。

 何点かデザインされている例が掲載されているのでCDのレーベルデザインをしてみようかなと思う人は要チェック。



▼ ヒロポンのオキラクデザイン DTP SCHOOL 【 4時間目】

| ラフ作りは大変!!「ピクトグラム」

http://www.wgn.co.jp/store/blog/index.php?itemid=585&catid=14

 ピクトグラムを作るにあたって、作る対象のものを抽象化するために、デザインに関していきなりIllustratorを起動したり、Photoshopを起動したりすることなく、まずはラフスケッチをしてみましょうという所は、わかっているつもりでも気をつけたいところではありますね。

 また「ピクトグラムの色の重要性」という所では「コレはダメ」という例が掲載されています。



▼ ヒロポンのオキラクデザイン DTP SCHOOL 【 5時間目】

| グラフって意外にカンタン?!「いろんなグラフ」

http://www.wgn.co.jp/store/blog/index.php?itemid=587&catid=14

 最初の方に要点がまとまっているので参考にしましょう。

 「円グラフのバリエーション」の項目はエクセルのグラフしか見ていない人からすれば、なるほど!っていうデザインのものが紹介されています。



▼ ヒロポンのオキラクデザイン DTP SCHOOL 【 6時間目】

| 写真の扱い方って?!「雑誌のレイアウト」

http://www.wgn.co.jp/store/blog/index.php?itemid=589&catid=14

 雑誌ならではのレイアウトデザインってありますね。

 雑誌らしいデザインについてサンプルが2点ほど掲載されています。

 写真の扱いに関しては「角版」「裁ち落とし」「キリヌキ」「トリミング」の使い方・意味を解説しています。何となく写真を使っている人は要チェック。



 後半の7時間目~12時間目は次回のメールマガジンで紹介します。


▼ 株式会社ワークスコーポレーション ブログ

http://www.wgn.co.jp/store/blog/

カテゴリ

ウェブサイト・ブログ紹介 記事別

調べてみよう!

こんな記事も読まれています