バージョンアンケート実施中/印刷企業PR登録・見積受信登録を再開

  • 公開:
  • 更新:
  • 制作/編集:

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

印刷情報メール[2009/11/09]読者数:3366人    http://www.ddc.co.jp/

●     吉田印刷所の新しい情報や業界情報・Tipsなどを配信     ●

-----------------------------------------------------------------------

       http://blog.ddc.co.jp/mt/mail/archives/20091109/120000.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

このメールマガジンの内容とは(初めて読まれる方へ)

累計350万アクセスを超えるDTPのサポート情報・用語集などを制作し、印刷通販のサービスを展開している吉田印刷所が配信するメールマガジンです。(9月20日に350万アクセスを突破しました。アクセスありがとうございます!)

印刷通販の「特売プレス」・DTPサポート情報blog・用語集などの更新情報や業界内のピックアップニュースや制作上役立つTips・テクニック・雑誌・ソフトウェアなども紹介していきたいと思っています。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

印刷通販『特売プレス』■  データ入稿の長い実績で皆様をサポート!

■□■□■□■□■□■ Adobe Creative Suite4・PDF/X-1aPDF入稿対応

  ソイインキ無処理版・少部数印刷対応などの環境配慮型印刷をご提供

 日本印刷産業連合会グリーンプリンティング認定工場・ISO 9001取得済み

                         http://www.ddc.co.jp/

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/


【目次】----------------------------------------------------------------

  1. PrintJapan.comの企業PR登録・見積受信登録を再開
  2. 冊子印刷をご発注頂くとFlash電子カタログ変換が半額になるキャンペーン!
  3. [みんなの印刷会社]ブログ情報~Windows 7はもう試してみましたか?
  4. 【アンケート受付中】DTPのソフトでよく使うバージョンは何?(2009年末版)
  5. DTP Booster 009(DTPセミナー)~制作者のための出力できるPDF(12月8日開催)
  6. 【読者の方への重要なお知らせ】Yahoo!メルマガ サービス終了のお知らせ
  7. 【編集後記】DTP Booster 009はデータ入稿をしていると気になりますよね?

-----------------------------------------------------------------------


※以下の案内は全て吉田印刷所入稿扱いが基本になりますが、

 記載されている内容全てを保証するものではありません。



■お知らせ -------------------------------------------------------------

PrintJapan.comの企業PR登録・見積受信登録を再開

       http://blog.ddc.co.jp/mt/mail/archives/20091109/120100.html

-----------------------------------------------------------------------

 印刷のお見積もり無料配信や、各企業様のPRコメント掲載を行っている印刷ビジネスマッチングサイトである「PrintJapan.com」を吉田印刷所は運営しております。

 11月2日よりPrintJapan.comへ印刷会社様がPRコメント掲載するための新規登録を再開いたしました。

 PRコメントの掲載は無料で行っております。

 キャンペーンバナーなども掲載ができるようになっておりますので、皆様の販売促進活動の一助となれるのではないかと考えております。

 まだ登録されていない印刷会社様はPrintJapan.comへご登録をお待ちしております。


 また、印刷のお見積もりを受信・返信したい方は、有料プランとなります。

 料金や過去の見積もり配信などについては、プランのページをご覧いただければと思います。


▼ PrintJapan.com

http://www.printjapan.com/

▼ プラン・料金 [PrintJapan.com]

http://www.printjapan.com/top/plan.html



■お知らせ -------------------------------------------------------------

冊子印刷をご発注頂くとFlash電子カタログ変換が半額になるキャンペーン!

       http://blog.ddc.co.jp/mt/mail/archives/20091109/120200.html

-----------------------------------------------------------------------

 吉田印刷所が運営する印刷通販サービス「特売プレス」では、冊子印刷カタログ印刷をご発注頂くと、Flash電子カタログ変換が半額になるスペシャルキャンペーンを開始しました!

 通常の料金では


 → 基本料金5,250円 + 1ページあたり 1,050円


 という料金がかかるところを


 → 基本料金2,625円 + 1ページあたり 525円


 と非常にお得にFlashの電子カタログへ変換できます!

 例を挙げますと、16ページのFlash電子カタログ変換で通常価格22,050円のところ、印刷と同時発注して頂くと特別価格10,500円となり、かなりお得です。

 この機会に是非冊子印刷カタログ印刷と同時にFlash電子カタログ変換サービスもご依頼下さいませ!


印刷通販サービス「特売プレス

http://www.ddc.co.jp/tokupre/index.html



■ウェブサイト・ブログ紹介 ---------------------------------------------

[みんなの印刷会社]ブログ情報~Windows 7はもう試してみましたか?

       http://blog.ddc.co.jp/mt/mail/archives/20091109/120300.html

-----------------------------------------------------------------------

 吉田印刷所特売プレスでは吉田印刷所印刷DTPに関するちょっとした話を掲載しているブログを書いています。

 最近は以下のようなトピックでブログを書いています。

 何か興味のあるトピックがあったら是非開いてみてくださいね!

▼ DEKIMAGA スペシャルコンテンツ第2弾は、

| 「機動戦士ガンダムの名場面をリアルに見せる方法」

http://dtppdf.blog91.fc2.com/blog-entry-273.html

▼ 行間(行送り)設定が大事

http://dtppdf.blog91.fc2.com/blog-entry-272.html

▼ Windows 7発売

| http://dtppdf.blog91.fc2.com/blog-entry-271.html

▼ 最近のデスクトップパソコンは、画面が広い!

| http://dtppdf.blog91.fc2.com/blog-entry-270.html


 Windows 7が発売されたということで早速購入して、いわゆるネットブックといわれるそれほど高機能ではないノートPCにインストールをしてみました。

 私が使用していたネットブックは元々Windows Vistaで動作していましたので、Windows 7へのアップグレードも非常にスムーズにできました。ハードディスクの空き容量も10GBくらい空いたようなので、かなりコンパクトな仕様になっているのかな、と思いました。

 動作速度ですが、それなりの速度で動作しています。メモリも1GBという今となっては少ないメモリの量ですが、Windows XPみたいに起動時から数分は色々な常駐ソフトウェアが起動する関係でハードディスクがガリガリ動いてまともに使用できない、ということはありませんでした(※)。

※Microsoftではこの問題を認識し、Windows VistaからOS起動直後にブラウザやメールソフトなどを起動させる場合は、「ロー プライオリティ I/O」という機能でなるべくブラウザやメールソフトが優先的に起動するようになっているようです。

 Windows 7ではタスクバーがMac OS XのDockのようにアイコンを登録できるようになったので、使用したいソフトウェアをすぐに起動できて、結構便利になりました。また複数ウインドを開いた場合でもタスクバーのアイコンからウインドプレビューにカーソルを当てると、そのソフトウェア以外のウインドが一時的に隠されてわかりやすくなりました(これはAero Peekという機能です)。この機能は色々なソフトウェアを起動していて、ウインドが重なり合っているときなどは特に便利ですね。

 まだWindows 7を操作したことがない方は、Aero Peekについて文字だけの説明を読んでもわからないかと思います。

 ちょうどよくInternet Watchさんが提供している動画にAero Peekについての説明の動画がありましたので、興味を持った方は一度ご覧いただければと思います。

▼ 動画で知ったか Windows 7 #003 Aero Peek

http://www.youtube.com/watch?v=uZVGcajE3wE



■アンケート -----------------------------------------------------------

【アンケート受付中】DTPのソフトでよく使うバージョンは何?(2009年末版)

       http://blog.ddc.co.jp/mt/mail/archives/20091109/120400.html

-----------------------------------------------------------------------

 吉田印刷所では毎月DTPに関するアンケートを行っておりますが、今回は「ソフトウェアのバージョンは何を使っていますか?」というものにさせていただきました。

 周りの皆さんがどのような環境で制作されていることが多いのかというのは気になるところですよね。

 やはり気になるのはソフトウェアのバージョンなのではないかな?と思います。


 今回のアンケートではDTPで使用される

 ・Illustrator

 ・Photoshop

 ・InDesign

 ・Acrobat

 ・QuarkXPress

 でよく使用されるバージョンを教えて頂ければと思います。

 なお、2008年に行った結果は以下のページからご覧いただけます。

▼ 【結果発表!】みんなが使っているDTPのソフトのバージョンは何なんだろう?

http://blog.ddc.co.jp/mt/mail/archives/20081016/110700.html




 どのバージョンのソフトウェアを使用しているかというご回答は以下のページからお願いいたします。

DTPでよく使用されるソフトのバージョンは何?(2009年末版)

http://blog.ddc.co.jp/mt/dtp/archives/20091103/160000.html

※上記ページでは現在の投票状況をリアルタイムに見ることができます。


【アンケート概要】

アンケート期間:2009年11月03日~2009年12月31日

アンケート方法:ウェブサービスによる回答(無記名回答)

回答方式:各ソフトウェアから最も使用しているバージョンを一つだけ選択


 皆様からのご回答をお待ちしております。


 なお、このDTP環境アンケート調査は、DTP駆け込み寺・デジタルクリエイターズにもご協力を頂き、60名を超える方からご回答を頂いております。ありがとうございます。



【関連ページ】___________________

DTP駆け込み寺

http://www.dtptemple.org/

▼ クリエイターのためのメールマガジン「日刊デジタルクリエイターズ」

http://blog.dgcr.com/mt/dgcr/



■勉強会・セミナー紹介 -------------------------------------------------

DTP Booster 009(DTPセミナー)~制作者のための出力できるPDF(12月8日開催)

       http://blog.ddc.co.jp/mt/mail/archives/20091109/120500.html

-----------------------------------------------------------------------

 12月8日にデジタルハリウッド本校(お茶の水)にてDTPセミナーの「DTP Booster 009」が開催されます。

 今回の内容は「制作者のための出力できるPDF」です。

 「出力できるPDF」とわざわざ「出力できる」と頭についた「PDF」のセミナーということは、「出力できないPDF」というものもあることになりますね。PDF入稿がだんだん増えてきた昨今ですが、出力できなければ意味がありません。そんな「出力できるPDF」とは何?と思われた方はぜひ参加されてはいかがでしょうか?

 それではDTP Booster 009の詳細を紹介しますね。


DTP Booster 009 内容・講師

●セッション(予定時間:95分) ────────────────┼

「決定版!PDF出力の手引き - データ制作からのアプローチ -」

出力トラブルが原因で、思わぬ手間がかかることはありませんか?

思い通りにいかない出力の振る舞いには、必ず技術的な原因があります。

PDFワークフローでは、その原因の追及が従来よりも容易に行え、印刷結果をより明確にイメージすることが可能になります。データ制作時にその出力トラブルの未然予防ができれば、より創造的な作業に時間をかけることができます。

また、この技術的な裏付けは、デザインの意図を正確に印刷側に伝え、印刷による表現を自在に操るためにも重要なスキルです。

このセミナーでは、この「出力の仕組み」について実例を紹介し、その原理を詳しく説明します。


▼ 松久 剛(大日本スクリーン製造株式会社)

現在、ワークフローRIP「Trueflow SE」の開発に従事し、これに搭載されている「Adobe PDF Print Engine」の担当。

入社より、同社CEPSである「Sigma3000」、ソフトウェアRIP「レナトス」、OPIサーバ「GetThePicture」等のプリプレス関連製品の担当を経て現在に至る。QuarkXPress Ver2.0の頃から DTPの調査研究も担当しており、現在は同社Webサイトで公開されているPDFワークフローに関する技術解説をまとめた 「Trueflow出力の手引き」及び「出力の手引きWeb」の執筆も担当している。


▼ Trueflow出力の手引き

http://www.screen.co.jp/ga_dtp/product/trueflow/trueflow_se/

▼ 出力の手引きWeb

http://www.screen.co.jp/ga_dtp/dtp/



DTP Booster 009 概要

日 時:2009年12月8日(火)19:00~21:00

会 場:デジタルハリウッド本校セミナーホール

    東京都千代田区神田駿河台2-3 DH2001Bldg.

    Googleマップ→ http://bit.ly/iYxAD

参加費:2,000円

定 員:100名(事前登録制)


 参加申し込み受付中です。詳しくは以下のページからどうぞ!

DTP Booster 009(Tokyo/091208)

http://www.dtp-booster.com/vol09/


 mixiにDTP Boosterのコミュニティもあります。

 mixiユーザーの方は是非コミュニティにご参加を。

▼ [mixi] DTP Booster

http://mixi.jp/view_community.pl?id=4239713



■お知らせ -------------------------------------------------------------

【読者の方への重要なお知らせ】Yahoo!メルマガ サービス終了のお知らせ

       http://blog.ddc.co.jp/mt/mail/archives/20091109/120600.html

-----------------------------------------------------------------------

 Yahoo!によるメールマガジンの配信が2010年4月20日に終了いたします。

 これはYahoo!メルマガのサービスの終了に伴うものです。


 Yahoo!メルマガをご利用の方で、弊社のメールマガジンの継続的なご購読を希望される方は、メルマ!またはまぐまぐ!にてメールマガジンのご登録をお願いいたします。

 今後とも吉田印刷所のメールマガジンをよろしくお願いいたします。

▼ メルマ!によるご登録は以下のページから

http://www.melma.com/backnumber_108924/

▼ まぐまぐ!によるご登録は以下のページから

http://www.mag2.com/m/0000087876.html



 以下、Yahoo!メルマガのお知らせからです。

↓↓↓↓↓ ここから転載 ↓↓↓↓↓

平素よりYahoo!メルマガをご利用いただき、誠にありがとうございます。

Yahoo!メルマガは、誠に勝手ながら、2010年4月20日をもって、すべてのサービスの提供を終了させていただく予定です。2006年8月のサービス開始以来、ご愛顧を賜り誠にありがとうございました。

サービス終了に伴い、2010年4月5日をもって、新規のメルマガ読者登録およびメルマガ発行申請の受け付けを停止させていただきます。

また、サービス終了後は、Yahoo!メルマガのウェブサイトの一切の機能がご利用いただけなくなるほか、Yahoo!メルマガのウェブサイトを通じて配信予約されたメルマガ記事の配信も停止されますのでご注意ください。

お客様にはご迷惑をおかけし誠に申しわけございませんが、なにとぞご了承くださいますようお願い申しあげます。

↑↑↑↑↑ ここまで転載 ↑↑↑↑↑

▼ Yahoo!メルマガ - サービス終了予定のお知らせ

http://merumaga.yahoo.co.jp/close


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■編集後記

 今回のメールマガジンはお役に立ちましたか?

 ご意見・ご質問などありましたらお気軽にメールをどうぞ!

 →< info@ddc.co.jp >


 DTP Booster 009ですが、やはり「出力できるPDF」というところが気になりますね。

 吉田印刷所ではデータ入稿による印刷サービスを展開しているので、このテーマは気になります。私もDTP Booster 009に参加して勉強させて頂く予定を立てています。

 より良いデータ作りはエラーの発生を抑えることができます。つまりエラーの印刷物を生成しない、無駄な印刷物を発生させない、ということになるかと思います。

 吉田印刷所では環境や資源保全のために無駄な印刷物を作成しないよう、社内での取り組みを行っております。データ入稿においても、無駄な印刷物を生成しないよう、これからも皆様に印刷用データに関する情報を発信していけたらと考えています。



 それではまた次回のメールマガジンでお会いしましょう!

 次回の発行は11月24日(火)発行を予定しています。


 更新情報はブログ・Twitterでも!

 → https://www.ddc.co.jp/news/index.html

 → http://twitter.com/yoshida_print

吉田印刷所特売プレスに関するご連絡・お問い合わせ先】

◇ご意見・ご質問・資料請求・広告出稿のお問い合わせ◇

  http://www.ddc.co.jp/guide/inquiry/index.html

◇お見積もり◇

  http://www.ddc.co.jp/guide/inquiry/estimate.html

◇バックナンバー・購読の中止◇

  http://blog.ddc.co.jp/mt/mail/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

発行:株式会社吉田印刷所       TEL 0250-43-6144 FAX 0250-43-2918

編集:CSS部 笹川 純一      〒959-1835 新潟県五泉市今泉902-1

http://www.ddc.co.jp/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

--------------------------------- 吉田印刷所運営・サポートサイト紹介 --

◆ネット印刷通販「特売プレス」  -> http://www.ddc.co.jp/tokupre/

◆写真集編集サイト「My Editor」 -> http://dtp.ddc.co.jp/photoAlbum/

印刷見積・リンク「PrintJapan」 -> http://www.printjapan.com/

DTPサポート情報blog      -> http://blog.ddc.co.jp/mt/dtp/

DTP印刷用語集blog      -> http://blog.ddc.co.jp/mt/words/

DTP駆け込み寺BBS過去ログ    -> http://dtp-bbs.com/dtpbbs/

InDesignの勉強部屋BBS過去ログ -> http://dtp-bbs.com/indesignbbs/

DTPなんでもボード過去ログ   -> http://dtp-bbs.com/dtptubobbs/

★デジタルクリエイターズ     -> http://blog.dgcr.com/mt/dgcr/

PDFフォント○×チェッカー   -> http://pdf.printjapan.com/

-------------------------------------------------------------------PR--

※本文中に記載されているプログラム・ソフトウェア・システム、そのほかすべ

ての各種製品は一般に各メーカーの商標もしくは登録商標です。

本文中ではRやTMなどのマークは明記しておりません。

※本文の一部にbit.lyのサービスを使用しています。→ http://bit.ly/

カテゴリ

メールマガジン全文

調べてみよう!

こんな記事も読まれています