3人に1人はペンタブレット利用者・電子ブックが熱い!

  • 公開:
  • 更新:
  • 制作/編集:

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

印刷情報メール[2009/06/08]読者数:3342人    http://www.ddc.co.jp/

●     吉田印刷所の新しい情報や業界情報・Tipsなどを配信     ●

-----------------------------------------------------------------------

       http://blog.ddc.co.jp/mt/mail/archives/20090608/110000.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●このメールマガジンの内容とは(初めて読まれる方へ)

累計300万アクセスを超えるDTPのサポート情報・用語集などを制作し、印刷通販のサービスを展開している吉田印刷所が配信するメールマガジンです。

印刷通販の「特売プレス」・DTPサポート情報blog・用語集などの更新情報や業界内のピックアップニュースや制作上役立つTips・テクニック・雑誌・ソフトウェアなども紹介していきたいと思っています。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

印刷通販『特売プレス』■  データ入稿の長い実績で皆様をサポート!

■□■□■□■□■□■ Adobe Creative Suite4・PDF/X-1aPDF入稿対応

  ソイインキ無処理版・少部数印刷対応などの環境配慮型印刷をご提供

 日本印刷産業連合会グリーンプリンティング認定工場・ISO 9001取得済み

                         http://www.ddc.co.jp/

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/


【目次】----------------------------------------------------------------

  1. 【アンケート結果発表】マウス以外に何で操作していますか?
  2. 【アンケート受付中】最近、雑誌を読んで情報を収集していますか?
  3. DTP・印刷用語集とDTPサポート情報blogに「縦中横」関連記事を掲載
  4. DTP・印刷掲示板過去ログの掲載アドレスを dtp-bbs.com に変更
  5. DTP Booster Vol.1の写真レポートを掲載しました
  6. [みんなの印刷会社]ブログ情報~Office 2000アップデート最終期限に注意!
  7. アメリカの電子ブック市場が今年は熱い! ~ Amazon・iPhone・Google
  8. 【編集後記】Kindle 2はPDFも読めるのですよ。

-----------------------------------------------------------------------

※以下の案内は全て吉田印刷所入稿扱いが基本になりますが、

 記載されている内容全てを保証するものではありません。



■お知らせ -------------------------------------------------------------

【アンケート結果発表】マウス以外に何で操作していますか?

       http://blog.ddc.co.jp/mt/mail/archives/20090608/110100.html

-----------------------------------------------------------------------

 先月皆様にご回答頂いたアンケートは「マウス以外に何で操作していますか?」というものでした。

 OS上で矢印マークを動かすための装置(座標を指定するための装置)、いわゆるポインティングデバイスですが、一般的にはマウスによって操作を行いますが、ポインティングデバイスにはマウス以外にも何種類かのものがあります。今回のアンケートの選択肢は以下のものにしました。

 ●マウスのみ

 ●トラックパッド

 ●トラックパッドのみ

 ●ペンタブレット(液晶有)

 ●ペンタブレット(液晶無)

 ●トラックボール

 結果は以下の通りです。


■マウス以外に操作で使用するデバイス …投票数:307票

 1位 … マウスのみ         …52.8%

 2位 … ペンタブレット(液晶なし) …23.5%

 3位 … トラックボール       …10.4%

 4位 … ペンタブレット(液晶あり) … 6.5%

 5位 … トラックパッド       … 5.5%

 6位 … トラックパッドのみ     … 1.3%


マウス以外に操作で使用するデバイス


 結果としては、マウスのみを使用している方が半数以上という結果になりました。

 マウスのみを使用している方はどのようなマウスを使用しているか気になります。長時間使用するマウスなのでこだわりのマウスなどがあるのでしょうか…。


 2位は「ペンタブレット(液晶なし)」でした。ペンタブレットは現在様々なサイズのものが発売されていますが、ワコムのA5・A6サイズのタブレット「Bamboo」は価格もかなり安い(実売で9,000~15,000円程度)のでタブレットをまだ使ったことがない方はこういったタイプから使ってみるのも良いかもしれませんね。

 デザイン用途以外も、ペンタブレットは画面であちこちにマウスカーソルを動かさなければならない作業でもマウスと違って手の移動量が少なくて済むので、作業がかなり楽になる場合があります。マウスでは移動量が多いと一端持ち上げてマウスを移動できるエリアに持っていって、また移動させるということが必要になることがありますが、ペンタブレットではそういうことは基本的にありません。そういった作業をマウスで行っていて手首が疲れている方は検討してみてはいかがでしょうか。


 3位は「トラックボール」でした。トラックボールユーザーは意外に多くいるのだなぁという印象を受けました。トラックボールはマウス・ペンタブレットよりもさらに手を動かす距離が短くなって、指先だけが動く程度なので、手の疲れはペンタブレットよりも少なくなると思います。

 また、トラックボールは微細な移動もしやすいという話も聞きますので、そうした作業を行う方は検討してみては良いのではないでしょうか。


 4位は「ペンタブレット(液晶あり)」でした。「液晶あり」のタイプのペンタブレットはかなり金額的にも高いので、どれくらいの方が使用されているのかと思いましたが、今回のアンケートでは約20名の方から液晶ありのタイプを使用していると回答していただいたことになります。「液晶あり」のタイプはダイレクトに描く感覚が特徴ですから、絵を描かれる方に利用されていると考えられます。

 Amazonにて「液晶あり」のタイプのペンタブレットを見てみると、安いものでも75,000円程度、高いものは230,000円ということですが、売れている順にしてみると、100,000円程度のタイプが売れているようですね。ただし、レビューを見てみるとあまり評価は高くないようです。85,000円程度のタイプでは、価格に対しては「手頃」「安い」「値段相応」という意見も見られるようで、あまり悪い評価はないようですが、それでも85,000円はなかなか簡単に買える金額ではないので、パソコンショップなどの店頭で十分使い勝手を確認してから買いたいものですね。

 ペンタブレットは「液晶なし・あり」を足すとちょうど30%ということで、DTPをされている方々のかなり多くの方がペンタブレットを利用されていることがわかりますね。


 5位の「トラックパッド」は5%程度ですがノート型のPC・ノート型のMac利用者と考えられます。

 最近のノート型のPC・Macではかなりマシンパワーのあるもの、画面の広いものがありますので(※)、DTP作業でもノート型のPC・Macを利用されている方もいらっしゃるのでしょう。以前はなかなかそういうことは考えられませんでしたが、ノート型のPC・Macの高性能化でDTPのスタイルの選択肢も増えたということが垣間見える結果になりました。



 今回のアンケートにもDTP駆け込み寺の和尚様・読者様にご協力を頂きました。

 また、弊社ページをご覧頂き、アンケートにお答え頂いた方々にも御礼申し上げます。ありがとうございました。


【アンケート概要】

 アンケート期間:2008年5月2日~2009年5月31日

 アンケート対象:主として「DTPサポート情報blog」閲覧者

 アンケート方法:以下のページのウェブサービスによる回答(無記名回答)

  http://blog.ddc.co.jp/mt/dtp/archives/20090502/170800.html


※東芝ノートPCの「dynabook Qosmio G50」では18.4型ワイドという非常に大きなサイズの液晶モニタがついているタイプもあり、既にノート型のPCという枠を超えてしまっているような商品もありますが…。(本体のサイズも幅452×奥行311mmという非常に大きなサイズになっています)

  http://dynabook.com/pc/catalog/qosmio/090420g5f5/index_j.htm



■お知らせ -------------------------------------------------------------

【アンケート受付中】最近、雑誌を読んで情報を収集していますか?

       http://blog.ddc.co.jp/mt/mail/archives/20090608/110200.html

-----------------------------------------------------------------------

 今回のアンケートは「最近、雑誌を読んで情報を収集していますか?」というものです。

 以前は情報を知るためには雑誌を購読したり、書籍を読んだり、セミナーに出席したりということが多かったかと思いますが、最近ではインターネットの活用によってウェブで情報を収集する機会も飛躍的に増えていることかと思います。またiPhoneで読む雑誌という新しい形態のものも登場しています。

 しかし、雑誌という紙の媒体もいつでもどこでも読める・書き込めるという点や見るために電源や通信回線などが不要という点などでウェブにはなかなか真似できない優れた点も多くあるかと思います。

 雑誌はDTP系・CG系・デザイン系・専門知識系など色々あるかと思いますが、特にジャンルは問いません。最近、雑誌を読んで情報を収集しているかどうかをご回答下さい。

 アンケートの回答は以下のページより行えます。事前の登録などは必要ありません。アンケートに回答する前にlivedoor IDでログインすると自分の回答の履歴を残せます。アンケート回答の履歴を残したい方はぜひどうぞ。


▼ 最近、雑誌を読んで情報を収集していますか?

http://blog.ddc.co.jp/mt/dtp/archives/20090602/172500.html



【アンケート概要】

アンケート期間:2008年6月2日~2009年6月30日

アンケート対象:主として「DTPサポート情報blog」閲覧者

アンケート方法:以下のページのウェブサービスによる回答(無記名回答)

http://blog.ddc.co.jp/mt/dtp/archives/20090602/172500.html



■データ入稿上の注意点 -------------------------------------------------

DTP印刷用語集とDTPサポート情報blogに「縦中横」関連記事を掲載

       http://blog.ddc.co.jp/mt/mail/archives/20090608/110300.html

-----------------------------------------------------------------------

 DTP印刷用語集のページに「縦中横」の項目を追加しました。

 縦中横(たてちゅうよこ)は縦書きの中で数字などを回転させ、文字の向きを同じにすることで、縦書きの組版をする上では覚えておかなければならないことかと思いますが、今回掲示板の過去ログの方にWordでの縦中横についての質問がありましたので、調べてみました。

 調べてみるとWord 2003は比較的わかりやすい場所に縦中横のメニューがあるのですが、Word 2007はメニューの全体的な表示がリボンインターフェイスという新しい表示に変わっているので、ちょっとわかりづらいところに縦中横のメニューがありました。

 詳しくは以下のページをご覧下さい。


▼ [9213][用語]【縦中横

http://blog.ddc.co.jp/mt/words/archives/20090528200500.html

▼ [5021][Word]Word 2003・Word 2007で縦中横をするための手順

http://blog.ddc.co.jp/mt/dtp/archives/20090529/135300.html



 吉田印刷所ではWordでのご入稿、また、WordからPDF変換したPDFデータでのご入稿も受け付けしておりますので、印刷のご用命があればお気軽にお問い合わせいただければと思います。



■お知らせ -------------------------------------------------------------

DTP印刷掲示板過去ログの掲載アドレスを dtp-bbs.com に変更

       http://blog.ddc.co.jp/mt/mail/archives/20090608/110400.html

-----------------------------------------------------------------------

 以前より「DTP駆け込み寺」「InDesignの勉強部屋」「DTPの壺」の各管理人様のご協力を頂いて掲示板(BBS)の過去ログが掲載させていただいておりますが、このたび新しいドメインを取得しまして、過去ログ掲載のアドレスが変更になりました。

 以前のアドレスでもアクセスできますが、自動的に転送されるようになっております。

DTP駆け込み寺 掲示板 過去ログ

http://dtp-bbs.com/dtpbbs/

InDesignの勉強部屋 BBS 過去ログ

http://dtp-bbs.com/indesignbbs/

DTPの壺 DTPなんでもボード 過去ログ

http://dtp-bbs.com/dtptubobbs/


 この掲示板の過去ログのページは検索で探しやすいように様々な工夫を行っており、各掲示板やOKWAVE(教えて!gooなど)やはてな人力検索などでも、多数引用やリンクをされて有用に利用されているようです。

 吉田印刷所ではDTP印刷関係のコミュニティと良い関係を構築するべく努力して参りますのでよろしくお願いいたします。



■その他 ---------------------------------------------------------------

DTP Booster Vol.1の写真レポートを掲載しました

       http://blog.ddc.co.jp/mt/mail/archives/20090608/110500.html

-----------------------------------------------------------------------

 5月15日に開催されたDTP Booster Vol.1の写真レポートをアップしました。

 会場の雰囲気、講師の様子、簡単なセミナーの内容などを掲載いたしました。写真はおかだよういちさん、デジタルハリウッドさんのご協力を頂きました。


 詳しくは以下のページからご覧下さい。

▼ [6048]DTP Booster Vol.1 写真レポート(2009/05/15)

http://blog.ddc.co.jp/mt/dtp/archives/20090525/165300.html



■お知らせ -------------------------------------------------------------

[みんなの印刷会社]ブログ情報~Office 2000アップデート最終期限に注意!

       http://blog.ddc.co.jp/mt/mail/archives/20090608/110600.html

-----------------------------------------------------------------------

 吉田印刷所特売プレスでは吉田印刷所印刷DTPに関するちょっとした話を掲載しているブログを書いています。

 最近は以下のようなトピックでブログを書いています。

 何か興味のあるトピックがあったら是非開いてみてくださいね!


▼ オンラインタブロイド紙widhDが休刊

http://dtppdf.blog91.fc2.com/blog-entry-234.html

▼ Windows版MS-Office 2000をお使いの方は、

| 2009年8月1日までにOffice Updateにて最新の状態にしてください

http://dtppdf.blog91.fc2.com/blog-entry-233.html

▼ Mac版InDesign CS4 6.0.2アップデート

PS書き出しに問題が出ているようです

http://dtppdf.blog91.fc2.com/blog-entry-232.html

▼ Macをセットアップした時に流れる「イントロムービー」の歴史

http://dtppdf.blog91.fc2.com/blog-entry-231.html


 今回の更新でのお薦めはやはり「Macをセットアップした時に流れる「イントロムービー」の歴史」ですね。なんかMac OS 8のイントロムービーがもの凄く力が入っていて、見ていると「これ6分くらいのムービーなのにいつまでMac OS 8のイントロムービーが続くんだ…?」と思ってしまいます。Mac OS 8が終わるとあとはかなり短いイントロムービーになりますね。

 MacでDTPを長年行っている方は、必見のムービーです。


 また、Office 2000(Word 2000・Excel 2000・PowerPoint 2000など)のアップデート期限が約2カ月後の2009年8月1日に迫っています。現在でもPDF変換の際に「HG丸ゴシックM-PRO」が埋め込めないというお問い合わせをメールや電話で頂くことがあり、アップデートしていない方がもしかするとメールマガジン読者の方にもいらっしゃるかと思います。

 アップデートは無料ですので、まだアップデートされていない方は、早めにアップデートをお願いいたします。



 吉田印刷所特売プレススタッフブログのトップページは以下のアドレスからご覧ください。

▼ みんなの印刷会社-特売プレス/吉田印刷所blog

http://dtppdf.blog91.fc2.com/



■その他 ---------------------------------------------------------------

アメリカの電子ブック市場が今年は熱い! ~ Amazon・iPhone・Google

       http://blog.ddc.co.jp/mt/mail/archives/20090608/110700.html

-----------------------------------------------------------------------

 印刷とはちょっと離れますが、アメリカの電子ブック市場が今年は熱い!ということで、アメリカで盛り上がりつつある電子ブックについてまとめてみました。


 アメリカのAmazonが販売するKindle(キンドル)という電子ブックリーダーがあることをご存じですか?


 2009年に発表されたモデル「Kindle 2」(以下Kindle)は6インチのディスプレイ(解像度は約150dpi)を搭載した薄型の電子ブックリーダーで、電子ペーパーといわれるものをディスプレイに使用することで、ディスプレイ自体が発光しないので、紙のような表示を可能にしています。このため、長時間の読書も目の負担が携帯電話やノートパソコンなどのディスプレイよりは少なく、読書に適していると言われています。

 このKindleは通信用のモジュール(3Gネットワーク:簡単に言えば携帯電話の通信機能が内蔵されていると思ってもらえば良いです)が搭載されており、KindleだけでAmazonのサイトを開いて電子ブックを購入することが可能になっているので、電波さえ入ればどこでも電子ブックを購入できる点はデジタルデバイスならではといった感じです。

 それも電子ブックのダウンロードや検索などの通信に掛かる料金はなんと「無料」になっており、Amazonの電子ブック販売への力の入れようが見て取れます(Amazonが通信費を負担)。

 Amazonから購入できる電子ブックは2009年5月現在230,000冊以上の書籍や雑誌、新聞などがあり、雑誌や新聞などは定期購読する機能もあるそうです。雑誌や新聞などの定期発行物は、発売日に自動的にダウンロードしてくれれば、Amazonのページをいちいち開いてダウンロードするという手間もなくなり、また、ダウンロードし忘れもなくなり非常に便利に使えるのではないかなと思いました。

 電子ブック版は印刷版の書籍・雑誌などよりもいくらか安い価格設定をされているものが多いそうで、新聞1カ月分の価格を見てみると、ニューヨークタイムスが$13.99(約1,300円)、ウォールストリートジャーナルが$14.99(約1,400円)、ワシントンポストが$9.99(約950円)となっていて、1000円を切っている価格の新聞もあるなど、かなり安い価格設定になっているなと感じます。


 2009年4月現在でKindleの第一世代と第二世代は推定で80万台売れているそうで、アナリストの予想ではKindle経由の電子ブックの売り上げは来年(2010年)には約380~700億円になると予想しています。また、2009年3月にiPhone・iPod touch用のKindleアプリが無料でリリースされ、iPhoneを持っていれば、Amazonが販売しているKindle($399)を購入しなくても同じように通信で電子ブックを購入して読むことができるようになりました。iPhone(3G)は2008年10月の時点で690万台販売されたとのことですから、それらが仮にすべてKindleアプリを動作させることができたら、非常に大きな電子ブックマーケットが現れることになります。もしかするとアナリストの予想を大きく超える電子ブックの売り上げがあるかもしれません。


 また、報道ではGoogleもこの分野に関心を持っているようであり、2009年末までには自社のサイトで電子ブックの販売を開始する、ということも報じられています。読むための端末はGoogle携帯(先日ドコモからも発表されたHT-03Aなど)などを利用するのか、自分たちでデバイスを開発して販売するのか…また、Googleが他のサービスとどのように電子ブック販売を絡めてくるのか…などなど、今年の電子ブック市場の動きからは目が離せなさそうです。



▼ アマゾン、電子ブックリーダー Kindle 2を発表、キングの独占新作も登場

http://bit.ly/kQ0Bd

▼ AmazonのKindle 2はこれまでに30万台売れました

http://bit.ly/9K0Cj

▼ Amazonは2010年にはKindleによって$750M(7億5千万ドル)の売り上げが

| あるかもしれない(これはかなりの数のKindleだ!!)

http://bit.ly/qNTq0

▼ 米AmazonのKindle用新聞販売ページ

http://bit.ly/CazAX

▼ AmazonのKindle for iPhoneはキラーアプリになる?

http://bit.ly/XUn62

▼ iPhone 3Gの販売数は約690万台――米アップル四半期決算

http://bit.ly/ri6OB

▼ Kindle対抗:GoogleがAmazonに挑戦状――電子書籍市場に参入へ

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0906/02/news050.html

▼ docomo PRO series HT-03A | 製品 | NTTドコモ

http://www.nttdocomo.co.jp/product/foma/pro/ht03a/



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■編集後記

 今回のメールマガジンはお役に立ちましたか?

 ご意見・ご質問などありましたらお気軽にメールをお送りください。

 →< info@ddc.co.jp >


 今回アメリカの電子ブックについての簡単なまとめを掲載しましたが、紹介したKindle 2はPDFも表示することが可能ということで、PDF対応によって出版社や印刷関連会社のKindleへの対応が非常に簡単になったように思えました。Kindleで対応するPDFがどのバージョンかはわからないのですが、一般的なPDFの書き出しであれば、IllustratorInDesignQuarkXPressなどからできるので、DTPを行っている人から見れば、電子出版の市場への敷居もかなり下がるのではないかと思います。


 IT分野の業種に電子ブックなどで印刷関連の業種が浸食される、とネガティブに考えず、どうしたら今までの知識や経験が新しい市場に生かせるかを考えなければならない時期なのかもしれませんね。


▼ DS文学全集

http://www.nintendo.co.jp/ds/ybnj/


 更新情報はブログでも!→ https://www.ddc.co.jp/news/index.html

吉田印刷所特売プレスに関するご連絡・お問い合わせ先】

◇ご意見・ご質問・資料請求・広告出稿のお問い合わせ◇

http://www.ddc.co.jp/guide/inquiry/index.html

◇お見積もり◇

http://www.ddc.co.jp/guide/inquiry/estimate.html

◇バックナンバー・購読の中止◇

http://blog.ddc.co.jp/mt/mail/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

発行:株式会社吉田印刷所       TEL 0250-43-6144 FAX 0250-43-2918

編集:CSS部 笹川 純一 〒959-1835 新潟県五泉市今泉902-1

http://www.ddc.co.jp/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

--------------------------------- 吉田印刷所運営・サポートサイト紹介 --

DTPサポート情報blog      -> http://blog.ddc.co.jp/mt/dtp/

DTP印刷用語集blog      -> http://blog.ddc.co.jp/mt/words/

DTP駆け込み寺BBS過去ログ    -> http://dtp-bbs.com/dtpbbs/

InDesignの勉強部屋BBS過去ログ -> http://dtp-bbs.com/indesignbbs/

DTPなんでもボード過去ログ   -> http://dtp-bbs.com/dtptubobbs/

★デジタルクリエイターズ     -> http://blog.dgcr.com/mt/dgcr/

PDFフォント○×チェッカー   -> http://pdf.printjapan.com/

-------------------------------------------------------------------PR--

印刷ポータルサイト PrintJapan.com】サービス一覧

●検索      … 印刷関連企業様を検索できます

●見積依頼    … 登録企業様に一括で見積配信(無料)

●掲示板     … 疑問・質問を掲示板で解決

●ニュース    … 業界の新着情報を毎日キャッチ!メールマガジンもあり

●アンケート   … 印刷関連のアンケート

ご利用(無料)はこちらから→ http://www.printjapan.com/

-------------------------------------------------------------------PR--

※本文中に記載されているプログラム・ソフトウェア・システム、そのほかすべ

ての各種製品は一般に各メーカーの商標もしくは登録商標です。

本文中ではRやTMなどのマークは明記しておりません。

※本文の一部にbit.lyのサービスを使用しています。→ http://bit.ly/

カテゴリ

メールマガジン全文

調べてみよう!

こんな記事も読まれています