Mac OSでUSBメモリを使うとアイコン情報が消えてしまう問題について掲載

  • 公開:
  • 更新:
  • 制作/編集:

 最近はUSBメモリもかなり安くなりましたね。今、価格.comでUSBメモリの価格を見てみたら32GBで5,250円~などと表示されていて、一昔前のハードディスク並みの容量がUSBメモリの小さなサイズに入っていてそれも価格も非常に値頃感がある価格になっていることに驚きを感じます。

 さて、Mac OS 9などではUSBメモリを接続してファイルをコピーしたりできるのですが、Mac OS 9とMac OS Xとのやりとりをする際にUSBメモリの設定に注意しないとアイコン情報(クリエーター情報)の欠落などの問題が発生する場合があります。

 これはUSBメモリのフォーマットがMacに適した形式になっていないため発生する問題です。まだまだ「Mac OS 9が現役」というところも多いかと思いますので(当社でもMac OS 9は元気に稼働していますよ!)

 詳しくは以下のページをご覧下さい。

▼ Mac OS 9でファイルをコピーしたUSBメモリをMac OS Xで開くと

| アイコン情報が消える問題について

http://blog.ddc.co.jp/mt/dtp/archives/20090427/134000.html

●関連情報

▼ 価格.com -usbメモリの検索結果

http://kakaku.com/search_results/usb%83%81%83%82%83%8A/

▼ [09/02/23]【アンケート結果】DTPのメインで使用しているOSは何?

http://blog.ddc.co.jp/mt/mail/archives/20090223/110400.html

カテゴリ

データ入稿上の注意点 記事別

調べてみよう!

こんな記事も読まれています