圧縮形式は何?/A4の用紙の重さは何gでしょう?

  • 公開:
  • 更新:
  • 制作/編集:

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

印刷情報メール[2009/03/23]読者数:3312人    http://www.ddc.co.jp/

●     吉田印刷所の新しい情報や業界情報・Tipsなどを配信     ●

-----------------------------------------------------------------------

    http://blog.ddc.co.jp/mt/mail/archives/20090323/110000.html   

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●このメールマガジンの内容とは(初めて読まれる方へ)

累計280万アクセスを超える(2005/11/28から)DTPのサポート情報・用語集などを制作し、印刷通販のサービスを展開している吉田印刷所が配信するメールマガジンです。

DTPサポート情報blog・用語集などの更新情報、印刷サービス「特売プレス」、印刷ビジネスマッチングサービス「PrintJapan.com」や業界内のピックアップニュースや制作上役立つTips・テクニック・雑誌・ソフトウェアなども紹介していきたいと思っています。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

印刷通販『特売プレス』■  データ入稿の長い実績で皆様をサポート! 

 ■□■□■□■□■□■ Adobe Creative Suite4・PDF/X-1aPDF入稿対応

  ソイインキ無処理版・少部数印刷対応などの環境配慮型印刷をご提供

 日本印刷産業連合会グリーンプリンティング認定工場・ISO 9001取得済み 

                         http://www.ddc.co.jp/

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/


【目次】----------------------------------------------------------------

  1. DTPサポート情報や用語集のブログの「モバイル版」をご存じですか?
  2. A4サイズのコピー用紙1枚は何gだと思いますか?
  3. InDesignからPDF変換ができない! そんな時には?
  4. 【投票受付中】ファイル圧縮形式は何を使いますか?
  5. [みんなの印刷会社]ブログ情報~色々なDTP・印刷関連サイトがありますね
  6. 雑誌「DTPWORLD」が休刊します
  7. 「印刷なんでもアンケート」更新:Q.好きな枚葉印刷機メーカーは?
  8. 【編集後記】DTPWORLDの休刊の話と便利なプログラムの紹介

-----------------------------------------------------------------------

※以下の案内は全て吉田印刷所入稿扱いが基本になりますが、

 記載されている内容全てを保証するものではありません。


■お知らせ--------------------------------------------------------------

DTPサポート情報や用語集のブログの「モバイル版」をご存じですか?

       http://blog.ddc.co.jp/mt/mail/archives/20090323/110100.html

-----------------------------------------------------------------------

 吉田印刷所の更新情報、DTPサポート情報、DTP印刷用語集などのブログを多くの方々から閲覧、参照していただきありがとうございます。ページ閲覧回数も280万回を超えて300万回表示も見えてきました。

 さて、これらのブログですが、実はモバイル版(携帯電話版)のサイトがあることをご存じでしたか? 携帯電話、iPhone、Windows Mobileのブラウザーなどで閲覧しやすいようにデザインを変えて表示しております。

 いつでもどこでも吉田印刷所のコンテンツから情報をゲットできます。ぜひご活用下さい。

 アドレスは以下の通りになります。


吉田印刷所 更新情報blog モバイル版

http://blog.ddc.co.jp/mt/mt4i/mt4i.cgi?id=2

QRコード →→ http://blog.ddc.co.jp/img/images/qrcode-news.gif

DTPサポート情報 モバイル版

http://blog.ddc.co.jp/mt/mt4i/mt4i.cgi?id=6

QRコード →→ http://blog.ddc.co.jp/img/images/qrcode-dtp.gif

DTP印刷用語集 モバイル版

http://blog.ddc.co.jp/mt/mt4i/mt4i.cgi?id=7

QRコード →→ http://blog.ddc.co.jp/img/images/qrcode-words.gif

吉田印刷所/特売プレスメールマガジン モバイル版

http://blog.ddc.co.jp/mt/mt4i/mt4i.cgi?id=4

QRコード →→ http://blog.ddc.co.jp/img/images/qrcode-mail.gif

▼ みんなの印刷会社-特売プレス/吉田印刷所blog モバイル版

http://dtppdf.blog91.fc2.com/?mode=m

QRコード →→ http://blog.ddc.co.jp/img/images/qrcode-dtppdf-fc2.gif



■その他----------------------------------------------------------------

A4サイズのコピー用紙1枚は何gだと思いますか?

       http://blog.ddc.co.jp/mt/mail/archives/20090323/110200.html

-----------------------------------------------------------------------

 新しいiPod ShuffleがAppleより発売されました。随分小さいサイズですね。それもこのサイズで4Gバイトのメモリということで私はiPod nanoの2Gバイト版を持っていますが、新しいiPod Shuffleはnanoよりかなり小さくなっているのに容量が倍増しているので技術の進歩はすごい!と思いました。

 おまけに曲名などを喋ってくれるそうで随分とおもしろい機能を付けたなぁと思いました。


▼ 14カ国語で話す新『iPod Shuffle』 | WIRED VISION

http://wiredvision.jp/news/200903/2009031221.html


 さて、そのiPod Shuffleを早速分解した人が登場しました。その方によれば内部の部品は紙1枚より軽いそうです。

もう1つ驚く点は、iPod Shuffleの重量だ。カバーを取り除くと、内部の電池と電子部品の重さは4グラムで、紙1枚よりも軽い。

▼ 内部は紙より軽い:新型『iPod Shuffle』を分解 | WIRED VISION

http://wiredvision.jp/news/200903/2009031619.html


 ところで紙1枚というと、一般的な人たちはコピー用紙を想像すると思いますが、A4サイズのコピー用紙は一体何gなのでしょうか?

 実はちょっと計算すればA4サイズのコピー用紙1枚あたりの重さはわかります。



 まずは「印刷会社にお勤めの方向けの計算」から。

 普通紙のコピー用紙は一般的には上質55kg(四六判換算)という用紙です。

 この55kgというのは四六判(1091×788mm)の紙1000枚あたりの重さです。

 このため計算は55kg=55,000gなので以下のようになります。

  55,000g÷1000枚÷(1091mm×788mm)×(210mm×297mm)

                    ↑A4サイズの用紙

  =約3.99g

 ということで、4gということになります。



 「普通の方向けの計算」はどうしたらよいのでしょうか。

 カウネットなどでスタンダードなコピー用紙のスペックを見ると、「坪量/64g/平方m」と書かれています。これはコピー用紙1平方メートルあたり64gということを表しています。つまり計算は以下のようになります。

  64g÷(1000mm×1000mm)×(210mm×297mm)

               ↑A4サイズの用紙

  =約3.99g

 計算結果としては4gということになります。当たり前ですが「印刷会社にお勤めの方向けの計算」と同じになります。

 なお、コピー用紙のB5サイズ(182mm×257mm)は約3gです。


 ということで、約4gなのでiPod Shuffleの中身とほとんど同じといえる重さといえます。とはいえ、紙1枚とバッテリーなどを含めた部品が同じ重さというのはやはり驚異的な軽さと言えるのではないでしょうか。


▼ Apple iPod Shuffle

http://tinyurl.com/cw96vx

▼ オフィス通販カウネット

https://www.kaunet.com/

▼ 紙の厚さ・重さについて

http://blog.ddc.co.jp/mt/words/archives/20050808130940.html



■データ入稿上の注意点--------------------------------------------------

InDesignからPDF変換ができない! そんな時には?

       http://blog.ddc.co.jp/mt/mail/archives/20090323/110300.html

-----------------------------------------------------------------------

 先日お客様よりご質問がありました。内容としては以下のようなものです。

 『InDesignを使用していて、入稿用にPDF変換を行おうとしたが、PDF変換を始めると「メモリ不足」というエラーが出てPDF変換ができない』

 早速お客様のInDesignデータを確認しましたが、どうやら解像度が極端に高いものが多く貼り込まれていました。デジタルカメラで撮影したものを、色調補正を行い、そのまま貼り込んでいるような感じのデータでした。


 こういった場合は、元の画像が適正な解像度(実寸で300~400dpi)になるようにPhotoshop解像度を調整すれば一番良いのですが、そうする時間もない場合は以下の方法を行うことでPDF変換ができるようになるかもしれません。


 (1)PC/Macのメモリを増やす

 (2)ページごとの書き出しをやってみる

 (3)PDF変換時に画像をダウンサンプルする設定にしてみる(InDesign

 (4)PS書き出しをしてみる


 (1)は一番良いですね。メモリ不足とエラーメッセージが出るのですから、直接的な解決方法です。

 メモリが増えることでPDFへの変換だけでなく、様々な処理がスムーズになる場合が多いので、メモリは(予算に合わせて)できるだけ搭載しておいた方が良いです。ただし、メモリを買ってこなくてはならないので、緊急時にはなかなか使えない手です。

 (2)は16ページ一気に書き出すように設定せずに、1ページごとに書き出すことをしてみるとPDF変換がうまくいくことがあります。

 (3)は吉田印刷所推奨の画像圧縮の設定は「ダウンサンプルなし」の設定になっていますが、これは元の画像をなるべく変更しないようにこのような設定とさせていただいております。

 ただし、貼り込んでいるカラー・グレースケール画像が1500ppiなどという非常に高い解像度になっている場合は、ほとんど意味はないので、カラー画像の部分を「バイキュービックダウンサンプル」にして「350~400ppi」に設定しておけば、PDF変換時に設定した350~400ppiに解像度を落として保存されるので、PDF変換の時のメモリの使用量が少なくて済むようです。

 (4)はPS書き出しを行って、PDF変換Acrobat Distillerにて行うという形になります。

 経験的な話ですが、大きなデータのPDFへの変換はAcrobat Distillerで行う方が成功する感じがします。



 今回は結果として(3)の画像をダウンサンプルする設定にしてもらってPDF変換したら、無事にPDF変換が行えました。


 皆さんもPDF変換がうまくできない!というときは上記の4点を試してみて下さいね!(画像のダウンサンプルは注意深く行って下さい)


 また、単純にPC/Macを再起動して他のソフトウェアを起動しないでPDF変換したら普通にPDF変換できたということもあったので、一番手っ取り早いのはPC/Macを再起動なのかもしれませんね。


InDesignの設定はInDesign CS2を基に記載しております。



■お知らせ--------------------------------------------------------------

【投票受付中】ファイル圧縮形式は何を使いますか?

       http://blog.ddc.co.jp/mt/mail/archives/20090323/110400.html

-----------------------------------------------------------------------

 インターネット(ウェブやメール)などでファイルを誰かに送る場合に、主に送信時間・受信時間を減らす目的でファイルの圧縮がよく行われています。ファイル圧縮をすることによって、ファイルサイズが小さくなることもありますが、OS特有の情報やファイルそのものを保護できる側面も持っていて、この側面も非常に重要だったりします。

 特にMac OS9などではいわゆるリソースフォークの情報などが非常に大切な情報ですね。アイコンが真っ白(MacOS Xでは拡張子が付いていない場合は真っ黒)とかになってしまい、何が何だかわからない感じになりますね。これでは作業も誤ってしまったり進まなかったりします。こうしたことからも保護するための一つの手段としてファイルの圧縮は非常に重要です。


 さて、ファイルの圧縮といっても圧縮の形式は色々なものがあり、例えば、Zip形式・7-Zip形式・StuffIt形式・LHA形式など様々なタイプの圧縮形式あります。

 そこで皆さんへの質問は「メインで使っている圧縮形式はどの圧縮形式ですか?」というものにしました。

 今回の選択肢は以下の5つにしました。

・Zip    :拡張子:zip

・7-Zip   :拡張子:7z

StuffIt  :拡張子:sit

StuffIt X :拡張子:sitx

・LHA    :拡張子:lzh


 アンケートを開始してある程度経っているのですが、アンケートを作ったときにはMacのDTP圧縮といえば「StuffIt」でしょう!と思っていたのですが、現在のところ私としては思わぬ状況になっております。


 アンケートは登録など無しで回答できますので、ご回答を宜しくお願いいたします。なお、アンケートの締め切りは4月2日を予定しています。既に180名以上の回答を頂きました。回答いただいた方に感謝いたします。

 アンケートの回答は以下のページよりお願いいたします。


▼ ファイル圧縮形式は主に何を使いますか?

http://blog.ddc.co.jp/mt/dtp/archives/20090306/133700.html



■お知らせ--------------------------------------------------------------

[みんなの印刷会社]ブログ情報~色々なDTP印刷関連サイトがありますね

       http://blog.ddc.co.jp/mt/mail/archives/20090323/110500.html

-----------------------------------------------------------------------

 吉田印刷所特売プレスでは吉田印刷所印刷DTPに関するちょっとした話を掲載しているブログを書いています。

 最近は以下のようなトピックでブログを書いています。

 何か興味のあるトピックがあったら是非開いてみてくださいね!


▼ GoogleでDTP関連サイトの情報だけ検索する「DTPとかだけ検索」

http://dtppdf.blog91.fc2.com/blog-entry-212.html

▼ Macに関するPodCast「Apple CLIP」開始! PSPで聴く方法

http://dtppdf.blog91.fc2.com/blog-entry-211.html

DTP WORLD 休刊

http://dtppdf.blog91.fc2.com/blog-entry-210.html

▼ 縦組みと横組みで文字や記号が違う

http://dtppdf.blog91.fc2.com/blog-entry-209.html


 今回紹介した「DTPとかだけ検索」は約360のサイトの情報から検索しているみたいです。かなり多いですね。リストがないのでどのサイトから検索しているのかはわかりませんがとにかくいろいろな情報が出てきますね。わからない言葉などあれば一度試してみてはいかがでしょうか。

DTPとかだけ検索

http://tinyurl.com/cxzawz


 吉田印刷所特売プレススタッフブログのトップページは以下のアドレスからご覧ください。

▼ みんなの印刷会社-特売プレス/吉田印刷所blog

http://dtppdf.blog91.fc2.com/



■その他----------------------------------------------------------------

雑誌「DTPWORLD」が休刊します

       http://blog.ddc.co.jp/mt/mail/archives/20090323/110600.html

-----------------------------------------------------------------------

 非常に残念なお知らせが入ってきました。

 雑誌「DTPWORLD」が2009年5月号(2009年4月13日発売分)を以て休刊することになったそうです。去年から顕著ですが様々な雑誌が休刊になっていますね。一般流通している印刷DTP向けの専門誌は数が少ないので非常に残念です。

 DTPWORLDを発行しているワークスコーポレーションのサイトには以下のように掲載されています。

平素は弊社の雑誌『DTPWORLD』をご愛読いただきまして誠に有り難うございます。

1996年の創刊より、読者の皆様に親しまれておりました『DTPWORLD』ですが、誠に勝手ながら、2009年4月13日発売131号(2009年5月号)をもちまして、休刊することとなりました。

創刊から13年間、読者の皆様に支えていただき心より御礼申し上げます。

昨今、広告依存型のビジネスモデルの転換期に来ておりますが、弊社としましてもメディアとしての長期的戦略の観点から、他の媒体や事業に経営資源を集中することにより、更なる顧客価値の向上、経営効率の改善を図る所存でございます。

DTPWORLD休刊のお知らせ|ワークスコーポレーション

http://www.wgn.co.jp/dtpw/close.php


 まだ、来月号もありますので、お忘れなく!

 なお、今月号(2009年4月号)のDTPWORLDは情報がまとめられていて便利な冊子DTP印刷ルールブック2009」が付属しています。

 ご購入は以下のページからどうぞ。

▼ [雑誌] DTPWORLD 2009年4月号 No.130|ワークスコーポレーション

http://www.wgn.co.jp/store/dat/0130/



 広告依存型のメディアと言えば、米国の新聞は広告収入によって運営が行われている側面があるので、この世界的な不況に伴い広告主が大幅に減って、大手の新聞も休刊に追い込まれているようです(もちろんオンラインメディアに広告出稿を奪われているという理由もあります)。

 広告依存型のビジネスモデルは今後転換していかねばならないと様々なところで言われていますが、どういった形が理想なのかという取り組むべき難しい問題をメディア(媒体)の一端を担っている印刷業界としても考えていかないと行けないのかもしれませんね。

▼ 【コラム】メディアの革命 (23) | マイコミジャーナル

| 米国で語られ始めた、公共財としての「新聞再生論」

http://journal.mycom.co.jp/column/media/023/index.html

▼ 【コラム】メディアの革命 (24) | マイコミジャーナル

| "悲報"相次ぐ米国新聞界、「理想的な言論機関」への再生策とは?

http://journal.mycom.co.jp/column/media/024/index.html



■お知らせ--------------------------------------------------------------

印刷なんでもアンケート」更新:Q.好きな枚葉印刷機メーカーは?

       http://blog.ddc.co.jp/mt/mail/archives/20090323/110700.html

-----------------------------------------------------------------------

 印刷ポータルサイトPrintJapan.comで実施している「印刷なんでもアンケート」では、印刷業界に関連する何気ない疑問をアンケート形式で、トップページ右側のサイドバー内で掲示しています。このたび、アンケートのテーマを更新しました。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃             第9回目のテーマは            ┃

┃    【Q.好きな(知っている)枚葉印刷機メーカーは?】です。   ┃

┗━━━━━━━━━━━━━━━┳━━┳━━━━━━━━━━━━━━━┛

                ┃  ┃

                ┗━━┛

 ドイツで行われた印刷機材展示会drupe 2000 (ドルッパ)では、「20年以内にデジタル印刷オフセット印刷に取って代わる」と宣言されました。それから9年が経ち、デジタル印刷機は小ロット分野などにその生産能力を大きく発揮し、機械性能も以前と比べて格段に高くなっていることと思います。

 しかし、枚葉オフセット印刷機も、近年ではセット時間の短縮に取り組み、デジタル印刷に近い小ロット化が可能となってきているのを見ると、部数によってはデジタル印刷に匹敵する生産性を持っているように感じます

 また、高品位印刷(高精細印刷等)や表面加工(コーティング)など多様性、柔軟性を発揮できるのは枚葉印刷機の強みでもあると思います。

 それを受けまして、今回のアンケートの内容ですが、【Q.好きな(知っている)枚葉印刷機メーカーは?】としました。印刷機メーカーは数多くありますが、みなさんが好きな(知っている)「イチオシ」の印刷機メーカーを教えてください。

 なお、前回のアンケート「Q.PAGE2009の感想は?」の結果は、以下のアドレスからご覧いただけます。


印刷なんでもアンケート

http://www.printjapan.com/enquete/


 PAGE2009について様々な感想があげられていますので是非結果をご覧ください。

 PrintJapan.comでは、「Print」をテーマに、今後もユニークなアンケートを企画していますので、お気軽に参加ください。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■編集後記

 今回のメールマガジンはお役に立ちましたか?

 ご意見・ご質問などありましたらお気軽にメールをお送りください。

 →< info@ddc.co.jp >


 DTPWORLDの休刊は残念ですね。

 情報提供の場が紙媒体からオンラインに向かっている現状の一端を表しているのかもしれません。もちろん紙媒体での情報提供が有効な場面も多いので全部が全部、ということではないのですが。(新聞はいらないけど、折り込みチラシは欲しいという方も結構いるようです)

 DTPWORLDといえば今月号(2009年4月号)の9ページのPAGE2009レポートに吉田印刷所が行ったPDFセミナーの写真が掲載されていました。ご紹介いただいたDTPWORLD編集部の方に感謝いたします。

 PDFのセミナーの様子は前回のメールマガジンでも掲載しましたが、ウェブで見れるようになっておりますのでまだご覧頂いていない方はご覧いただければと思います。

PDFセミナー【入稿データとしてのPDFの魅力~なぜPDF入稿なのか?~】

http://blog.ddc.co.jp/mt/dtp/archives/20090226/124500.html



 前回の編集後記で『ただ、今までのアドレスにジャンプしようとすると、「サポート情報検索ページ」から検索してくださいという感じで案内されるだけみたいです。そのまま新しいアドレスへ自動的にジャンプしてくれれば助かるのになぁ…と思いますが難しいのでしょうかね?』と書いたのですが、Firefoxというウェブブラウザーを使用している方は自動的に新しいアドレスに切り替わるプログラム(スクリプト)が公開されていました(GreaseMonkeyという機能拡張プログラムも必要です)。

 これをインストールしておくと、以前のアドビのサポートデータベース・サービスデータベースのページを表示しようとすると自動的に新しいページにジャンプします。これはとっても便利です!

 詳しい情報・インストールは以下のページからご覧下さい。

▼ Adobeサポートデータベースの旧URLから新URLにジャンプするGreasemonkey

| chalcedonyの外部記憶装置・出張版

http://d.hatena.ne.jp/chalcedony_htn/20090304/1236155567



 更新情報はブログでも!→ https://www.ddc.co.jp/news/index.html

吉田印刷所特売プレスに関するご連絡・お問い合わせ先】

◇ご意見・ご質問・資料請求・広告出稿のお問い合わせ◇

  http://www.ddc.co.jp/guide/inquiry/index.html

◇お見積もり◇

  http://www.ddc.co.jp/guide/inquiry/estimate.html

◇バックナンバー・購読の中止◇

  http://blog.ddc.co.jp/mt/mail/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

発行:株式会社吉田印刷所        TEL 0250-43-6144 FAX 0250-43-2918

編集:CSS部 笹川 純一       〒959-1835 新潟県五泉市今泉902-1

                 http://www.ddc.co.jp/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

--------------------------------- 吉田印刷所運営・サポートサイト紹介 --

DTPサポート情報blog      -> http://blog.ddc.co.jp/mt/dtp/

DTP印刷用語集blog      -> http://blog.ddc.co.jp/mt/words/

DTP駆け込み寺BBS過去ログ    -> http://dtp-bbs.com/dtpbbs/

InDesignの勉強部屋BBS過去ログ -> http://dtp-bbs.com/indesignbbs/

DTPなんでもボード過去ログ   -> http://dtp-bbs.com/dtptubobbs/

★デジタルクリエイターズ     -> http://blog.dgcr.com/mt/dgcr/

PDFフォント○×チェッカー   -> http://pdf.printjapan.com/

-------------------------------------------------------------------PR--

印刷ポータルサイト PrintJapan.com】サービス一覧

●PRコメント掲載サービス    … 各印刷関連企業様のアピールの場を提供!

●PRM見積依頼メール配信サービス … 登録企業様に一括見積配信!

●口コミ掲示板         … 疑問・質問を掲示板で解決!

DTP印刷業界ニュース     … 業界の新着情報を毎日キャッチ!

ご利用(無料)はこちらから→ http://www.printjapan.com/

-------------------------------------------------------------------PR--

※本文中に記載されているプログラム・ソフトウェア・システム、そのほかすべ

 ての各種製品は一般に各メーカーの商標もしくは登録商標です。

 本文中ではRやTMなどのマークは明記しておりません。

※本文の一部にTinyURLのサービスを使用しています。→ http://tinyurl.com/

カテゴリ

メールマガジン全文

調べてみよう!

こんな記事も読まれています