プロセスカラー印刷では特色データはNG! ~Acrobatで入稿前にチェック!~

  • 公開:
  • 更新:
  • 制作/編集:

 プロセスカラー印刷CMYKのカラーを使用して印刷しますが、IllustratorInDesignPhotoshop上では制作する途中で特色データで作成した方が便利ということで、特色で作成し、その後、CMYKカラーに変換してご入稿を行うということがあるかと思います。

 この最後の「CMYKカラーに変換」を忘れて、特色データが残ったままの入稿データだと、印刷時に特色データの部分のカラーが抜けてしまったり、周辺のカラーが変化してしまったりする印刷エラーが発生することがあります。

 Acrobat 9 Proでは機能でPDFデータに特色データが残っているかどうかを確認できる機能がありますので、入稿前に特色データが入稿データに残っていないかを確認しておきましょう!


 詳しい手順は以下のページをご覧下さい。

Acrobat 9 Proを使用してPDFデータの特色のオブジェクトだけを表示する

http://blog.ddc.co.jp/mt/dtp/archives/20090112/150000.html

カテゴリ

データ入稿上の注意点 記事別

調べてみよう!

こんな記事も読まれています