PAGE 2009でお待ちしております!/PDF/X-4はまだNG?

  • 公開:
  • 更新:
  • 制作/編集:

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

印刷情報メール[2009/01/26]読者数:3246人    http://www.ddc.co.jp/

●     吉田印刷所の新しい情報や業界情報・Tipsなどを配信     ●

-----------------------------------------------------------------------

    http://blog.ddc.co.jp/mt/mail/archives/20090126/110000.html   

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●このメールマガジンの内容とは(初めて読まれる方へ)

累計260万アクセスを超える(2005/11/28から)DTPのサポート情報・用語集などを制作し、印刷通販のサービスを展開している吉田印刷所が配信するメールマガジンです。

DTPサポート情報blog・用語集などの更新情報、印刷サービス「特売プレス」、印刷ビジネスマッチングサービス「PrintJapan.com」や業界内のピックアップニュースや制作上役立つTips・テクニック・雑誌・ソフトウェアなども紹介していきたいと思っています。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

印刷通販『特売プレス』■  データ入稿の長い実績で皆様をサポート! 

 ■□■□■□■□■□■ Adobe Creative Suite4・PDF/X-1aPDF入稿対応

  ソイインキ無処理版・少部数印刷対応などの環境配慮型印刷をご提供

 日本印刷産業連合会グリーンプリンティング認定工場・ISO 9001取得済み 

                         http://www.ddc.co.jp/

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/


【目次】----------------------------------------------------------------

  1. PAGE 2009に吉田印刷所が出展します[展示ホールD 25](2009年2月4日~6日)
  2. 【受付中】[印刷なんでもアンケート]PAGE 2009に来場を予定していますか?
  3. PrintJapan.comに「Adobe CS4対応」などのカテゴリーを追加しました
  4. 【投票結果発表!】Adobe Creative Suite 4を購入しますか?
  5. 【受付中】DTPのメインで使用しているOSは何?
  6. Illustrator Tips ~ 文字の修正をしても大丈夫な影を作成する
  7. プロセスカラー印刷では特色データはNG! ~Acrobatで入稿前にチェック!~
  8. Illustrator CS4のPDF変換設定に注意! ~ご入稿はPDF/X-1a形式で~
  9. 【編集後記】PAGE 2009のセミナーにぜひご参加下さい!

-----------------------------------------------------------------------

※以下の案内は全て吉田印刷所入稿扱いが基本になりますが、

 記載されている内容全てを保証するものではありません。


■お知らせ--------------------------------------------------------------

PAGE 2009に吉田印刷所が出展します[展示ホールD 25](2009年2月4日~6日)

       http://blog.ddc.co.jp/mt/mail/archives/20090126/110100.html

-----------------------------------------------------------------------

 吉田印刷所は2009年2月4日(水)~6日(金)に東京池袋サンシャインシティコンベンションセンターTOKYOで開催されるPAGE 2009に出展社として参加いたします。

▼ PAGE 2009

http://www.jagat.or.jp/page/2009/


 今年は展示ホールD(文化会館2階)の「D-25」というブースにて皆様をお待ちしております。


 出展内容は以下の通りとなっております。

InDesign Serverを活用したWeb to Printシステムの紹介

・大量部数印刷の分割発注システムのご提案

印刷会社のサポートサイト PrintJapan.comの紹介

・Adobe Creative Suite4からのPDF変換冊子の無料配布


 2月5日の11:30~12:15に展示ホールDのセミナーゾーンにて「入稿データとしてのPDFの魅力~なぜPDF入稿なのか?~」と題してPDFのメリットやワークフローについてのセミナーを吉田印刷所が行います。こちらのセミナーは聴講無料です。展示ホールDの吉田印刷所のブースからちょっと進んだところにセミナーゾーンがあります。ご興味があれば是非お立ち寄りいただければと思います。

▼ PAGE 2009 デジタルワークフロー・ソリューションZONE

http://www.jagat.or.jp/PAGE/2009/zone/dws.asp


 2月5日の14:30~14:50は展示ホールA(ワールドインポートマート4F)にて「InDesign Serverを活用した自動組版システムの紹介」という内容でソリューションワークショップを開催いたします。自動組版にご興味のある方は是非お立ち寄りいただければと思います。

▼ PAGE 2009 ソリューションワークショップ

http://www.jagat.or.jp/PAGE/2009/zone/free-presen.asp


 2月6日の10:00~12:00のコンファレンス「多様化するWeb to プリント その1(経営戦略編)」では弊社社長の吉田和久がスピーカーとして参加いたしますので、こちらもご興味があれば参加いただければと思います。(有料のコンファレンスです)


▼ PAGE2009「多様化するWeb to プリント その1(経営戦略編)」

http://www.jagat.or.jp/PAGE/2009/session/session_detail.asp?sh=3&se=21


【注意】PAGE 2009は招待券がない場合、入場料・ガイドブック代が必要になります。以下のページから事前登録をすることで無料招待券が発行されますので、事前登録をお薦めいたします。

▼ PAGE 2009 展示会無料招待券登録

https://datacenter.jagat.jp/page/2009/session/moushikomi2.asp



-------------------------------------------------------------------PR--

≫≫≫≫≫≫≫≫≫ PDF変換&チェック冊子 無料配布中 ≪≪≪≪≪≪≪≪≪

[内容]・Adobe Creative Suite3からAcrobat Distiller5まで様々なPDF変換設定

   ・印刷向けのPDFのチェックポイント

[用紙]・耐水性・耐久性に優れたちょっと特殊な用紙「ウルトラユポ」95μ

≫≫≫ お申し込みはこちらから! ≫ http://www.ddc.co.jp/tokupre/ ≪≪≪

-------------------------------------------------------------------PR--




■お知らせ--------------------------------------------------------------

【受付中】[印刷なんでもアンケート]PAGE 2009に来場を予定していますか?

       http://blog.ddc.co.jp/mt/mail/archives/20090126/110200.html

-----------------------------------------------------------------------

 印刷ポータルサイトPrintJapan.comで実施している「印刷なんでもアンケート」は、印刷業界関連の何気ない疑問のアンケートです。現在受け付けているテーマは以下の通りです。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃             第6回のテーマは             ┃

┃       【PAGE 2009に来場を予定していますか?】です。    ┃

┗━━━━━━━━━━━━━━━┳━━┳━━━━━━━━━━━━━━┛

                ┃  ┃

                ┗━━┛


 2009年2月4日~6日の3日間、東京・池袋のサンシャインコンベンションセンターTOKYOにて、印刷・メディア業界展示会「PAGE2009」が開催されます。今年のテーマは『ゼロリセット』となっており、近年意識が高まってきた資源・エネルギー問題や大量生産・大量消費という多くの問題を抱える時代にマッチした展示内容になっていると思われるので、今後の新しいビジネススタイルのヒントを探しに行くのもよいかもしれませんね。アンケートもお気軽に投票していただければと思います。

 なお、前回のアンケート『印刷物で「よく見る」「気になる」「一押しの」環境マークは?』の結果も投票ページにて見れるようになっています。近年では様々な分野で環境対策が注視されています。各企業が信頼を得る為に様々な工夫を行っています。印刷における環境マークも1つの差別化につながるのではないかと思います。是非結果をご覧ください。


▼ 投票&過去のアンケート結果はこちらから

http://www.printjapan.com/enquete/



■お知らせ--------------------------------------------------------------

PrintJapan.comに「Adobe CS4対応」などのカテゴリーを追加しました

       http://blog.ddc.co.jp/mt/mail/archives/20090126/110300.html

-----------------------------------------------------------------------

 PrintJapan.comは、印刷業界のポータルサイトとして、様々なサービスを提供しています。

 この度、PrintJapan.comの無料印刷見積のページ「PRM:Print Request Mail」とご登録業者様のPRページに、以下のカテゴリー(対応分野)を追加しました。

・Adobe_CS3

・Adobe_CS4

QuarkXPress8

・OutlinePDF

・Trueflow

・APPE


 ご登録を希望される事業者様は以下のページからお申し込み、お手続きをお願いいたします。

 ・PrintJapan.com登録済み

  →PrintJapan.comマイページにてカテゴリー追加依頼をご記入下さい

    http://app.printjapan.com/users/ よりログイン

 ・PrintJapan.com未登録

  →PrintJapan.com新規登録のページに掲載の運営規約に同意の上、

   登録手続きを行ってください(登録無料)

    http://app.printjapan.com/users/?rm=register_rule



 またPAGE 2009のデジタルワークフロー・ソリューションZONEでの弊社セミナー(2月5日)にて、Adobeの新ソリューションが利用できる業者様を『PrintJapan.comサイトから「Adobe_CS4」等のカテゴリーで探すことができます』という案内を行おうと考えています。まだご登録されていない業者様は、ぜひこの機会にご登録いただければと思います。


▼ PrintJapan.com トップページ

http://www.printjapan.com/

▼ PAGE 2009 デジタルワークフロー・ソリューションZONE

http://www.jagat.or.jp/PAGE/2009/zone/dws.asp



■お知らせ--------------------------------------------------------------

【投票結果発表!】Adobe Creative Suite 4を購入しますか?

       http://blog.ddc.co.jp/mt/mail/archives/20090126/110400.html

-----------------------------------------------------------------------

 2008年12月19日にAdobe Creative Suite 4(CS4)がリリースされたのですが、「DTP関係者はAdobe CS4を購入しますか?」というアンケートをWeb上で行いました。

 選択肢は以下の通りです。

 (1)アップグレード・新規購入する

 (2)今回は見送る(次回アップグレード時に検討)

 (3)周りの様子を見て考える

 (4)アップグレード・新規購入の予定はない


 アンケート結果は以下の通りになりました。

 回答:325人

 1位:アップグレード・新規購入する       … 33.5%

 2位:周りの様子を見て考える          … 26.5%

 3位:アップグレード・新規購入の予定はない   … 22.2%

 4位:今回は見送る(次回アップグレード時に検討) … 17.8%


*Adobe Creative Suite4を購入する?[DTPユーザーの方々へ] - livedoor リスログ


 「アップグレード・新規購入する」を選択された方が35%程度となりました。結構な数の方がアップグレード・新規購入するという感じです。

 また、「周りの様子を見て考える」を選択された方が25%程度だったので、アップグレード・新規購入する可能性がある方々は60%程度ということになりますね。実際はそこまで行かなくても全体としては40%~50%程度の方はアップグレード・新規購入するのではないでしょうか。


 アップグレードといえば、Adobeストアでは、Adobe Creative Suite Standard 1/2・Adobe Creative Suite Premium 1/2、Adobe Design Bundle・Adobe Web Bundle・Macromedia Studio MX 2004/8をお持ちの方は2009年6月末までにアップグレードすると、2009年7月以降よりも最大45,150円(税込)お得にアップグレードすることができるキャンペーンをやっているようです。45,150円というと結構な金額の割引だと思います。こうしたアップグレード版購入者への働きかけもアップグレードをしようと考えている人の中を押しているのではないでしょうか。良いキャンペーンだと思います。

 なお、45,150円割引になるパターンでDTP印刷関係者のものは「Adobe Creative Suite 4 Design Premium 特別提供版」へのアップグレードで、163,800 円(税込)が118,650円(税込)になるというものですね。


 「今回は見送る(次回アップグレード時に検討)」を選択された方が、17.8%となりました。AdobeのDTP関係のソフトウェアのアップグレードは3バージョン前までとなっていますので(現在はIllustrator CS以降の方が対象)、次のバージョンのAdobe CS5を待つと言うことは現在使用しているものがAdobe CS2世代・Adobe CS3世代ということでしょうか。

 もしくは新規購入だとすればAdobe CS2より前の世代のソフトウェアを使用しているのかもしれません。以前の使用DTPソフトウェアのバージョンアンケート(※)でIllustratorではIllustrator 8が30%程度、PhotoshopではPhotoshop 7が20%程度の回答があったので、Macのマシンの状況やお客様の動きなどを見てアップグレードするのかもしれませんね。



 アンケートにご協力、ご回答いただいた方に感謝いたします。ありがとうございました。



【アンケート概要】

アンケート期間:2008年12月10日~2009年1月18日

アンケート対象:主として「DTPサポート情報blog」閲覧者

アンケート方法:以下のページのウェブサービスによる回答(無記名回答)

http://blog.ddc.co.jp/mt/dtp/archives/20081210/164000.html


 アンケートに関してはDTP駆け込み寺のご協力を頂いております。ありがとうございます。

DTP駆け込み寺

http://www.dtptemple.org/


※以前行いました「使用しているDTPソフトウェアのバージョンアンケート」は以下のページをご覧下さい。

▼ みんなが使っているDTPのソフトのバージョンは何なんだろう?

http://blog.ddc.co.jp/mt/mail/archives/20081016/110700.html




 Adobe CS4のアップグレード割引の詳しい情報は以下のページをご覧下さい。

▼ Adobe CS4発売記念アップグレード版

http://www.adobe.com/jp/special/up2suite/



■お知らせ--------------------------------------------------------------

【受付中】DTPのメインで使用しているOSは何?

       http://blog.ddc.co.jp/mt/mail/archives/20090126/110500.html

-----------------------------------------------------------------------

 PC・Macを使用する上で必要なものはOSです。

 OSが変わると操作方法がガラッと変わってしまう場合もあり、また、ソフトウェアが対応しなくなったりすることも多くありますよね。OSは作業の基礎となるものなので、安定性はもちろん動作速度や使い勝手なども重要なポイントかと思います。

 最近のOSの動きとしては、Macでは次期OSのMac OS X 10.6 Snow Leopardのリリースが2009年6月頃に控えており、また、Windowsでは最近次期OSのWindows 7がベータ版が公開される(リリースは2010年の前半の予定)などが挙げられ、新しいOSへの動きも活発になってきました。

 そこで今回のアンケートは「DTPの作業されている方のメインで使用されているOSは何ですか?」というものです。


 アンケートは登録など無しで回答できますので、ご回答を宜しくお願いいたします。なお、アンケートの締め切りは2月18日を予定しています。既に150名以上の回答を頂きました。回答いただいた方に感謝いたします。

 アンケートの回答は以下のページよりお願いいたします。


▼ [アンケート]DTPのメインで使用しているOSは何?

http://blog.ddc.co.jp/mt/dtp/archives/20090119/155700.html



■データ入稿上の注意点--------------------------------------------------

Illustrator Tips ~ 文字の修正をしても大丈夫な影を作成する

       http://blog.ddc.co.jp/mt/mail/archives/20090126/110600.html

-----------------------------------------------------------------------

 IllustratorではIllustrator 9より「アピアランス」という機能が追加されており、Illustrator 8まででは結構難しい二重三重の縁取り文字なども簡単に作成できるようになっています。

 このアピアランス機能は使用しないと、文字を面にコピーしてその文字の縁の太さや色を変えたりして、二重三重の縁取り文字であれば、さらに面にコピーして…という作業を行う必要があります。

 文字に影を付ける場合も同じで、文字を面にコピーして色を変えるという作業が必要になるわけですが、この方法だと、文字のオブジェクトが2つになってしまうため、文字の直しや詰めの直しをした際に影の部分の文字も直さないと、文字と影の不一致が発生してしまいます。また、文字の移動もグループ化してあればよいですが、グループ化されていない場合は影だけ元の位置に残ってしまうなど、印刷のエラーが発生するおそれがあります。


 アピアランスの機能を活用することで、文字のオブジェクトと連動したオブジェクトが作成されますので、文字を直したり詰めを直したりする場合でも、自動的に影の部分が連動して直ります。

 アピアランスの組み合わせによってはいろいろな表現ができるので、今まで使ってみたことがない方は是非試しに使ってみてくださいね!


 アピアランスの機能を使用した「文字の影付け」の手順に関しては以下のページをご覧下さい。


▼ ぼかしのない影を作る(「変形」の機能を利用)

http://blog.ddc.co.jp/mt/dtp/archives/20090119/121500.html

▼ ぼかしのない影を作る(「ドロップシャドウ」の機能を利用)

http://blog.ddc.co.jp/mt/dtp/archives/20090119/122500.html



■データ入稿上の注意点--------------------------------------------------

プロセスカラー印刷では特色データはNG! ~Acrobatで入稿前にチェック!~

       http://blog.ddc.co.jp/mt/mail/archives/20090126/110700.html

-----------------------------------------------------------------------

 プロセスカラー印刷CMYKのカラーを使用して印刷しますが、IllustratorInDesignPhotoshop上では制作する途中で特色データで作成した方が便利ということで、特色で作成し、その後、CMYKカラーに変換してご入稿を行うということがあるかと思います。

 この最後の「CMYKカラーに変換」を忘れて、特色データが残ったままの入稿データだと、印刷時に特色データの部分のカラーが抜けてしまったり、周辺のカラーが変化してしまったりする印刷エラーが発生することがあります。

 Acrobat 9 Proでは機能でPDFデータに特色データが残っているかどうかを確認できる機能がありますので、入稿前に特色データが入稿データに残っていないかを確認しておきましょう!


 詳しい手順は以下のページをご覧下さい。

Acrobat 9 Proを使用してPDFデータの特色のオブジェクトだけを表示する

http://blog.ddc.co.jp/mt/dtp/archives/20090112/150000.html



■データ入稿上の注意点--------------------------------------------------

Illustrator CS4のPDF変換設定に注意! ~ご入稿はPDF/X-1a形式で~

       http://blog.ddc.co.jp/mt/mail/archives/20090126/110800.html

-----------------------------------------------------------------------

 吉田印刷所特売プレスではPDF形式での入稿を推進しております。

 さて、Illustrator CS4でも簡単にPDF形式での変換が可能になっていますが、「PDF/X-1a形式」でのご入稿をお願いいたします。

 Illustrator CS4のPDF変換設定は初期設定では透明効果を残した状態で保存される設定になっており、また、プリセット(予め用意されている設定)で「PDF/X-4」でも同じく透明効果を残した状態で保存される設定になっております。

 この透明効果が残った状態のPDFで、データによってはオブジェクトが印刷されないなどの印刷トラブルが発生することが分かりましたので、ご連絡いたします。

 現在分かっている問題としては透明を含むグラデーションを使用したデータを「初期設定」「PDF/X-4」の設定にてPDF変換を行うと、印刷用の製版処理を行うと透明を含むグラデーション印刷されない場合があるようです。透明効果をPDFに含まない「PDF/X-1a」の設定では問題がないようです。


 詳しくは以下のページをご覧下さい。


Illustrator CS4のPDF変換設定に注意!

http://blog.ddc.co.jp/mt/dtp/archives/20090114/133000.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■編集後記

 今回のメールマガジンはお役に立ちましたか?

 ご意見・ご質問などありましたらお気軽にメールをお送りください。

 →< info@ddc.co.jp >


 PAGE 2009も来週に迫ってきました。

 2月5日のセミナーでは私は「入稿データとしてのPDFの魅力 ~なぜPDF入稿なのか?~」と題して45分間のセミナーをさせていただきます。こういった全然知らない方々の(それも最大120人!)前での経験はないので非常に緊張しております。

 本当にセミナーは無事にできるのか!? 45分という時間は大丈夫なのか?などと心配は尽きませんが精一杯やろうと思っているので温かい目でご参加いただければと思います。


▼ PAGE 2009 デジタルワークフロー・ソリューションZONE

http://www.jagat.or.jp/PAGE/2009/zone/dws.asp



 更新情報はブログでも!→ https://www.ddc.co.jp/news/index.html

吉田印刷所特売プレスに関するご連絡・お問い合わせ先】

◇ご意見・ご質問・資料請求・広告出稿のお問い合わせ◇

  http://www.ddc.co.jp/guide/inquiry/index.html

◇お見積もり◇

  http://www.ddc.co.jp/guide/inquiry/estimate.html

◇バックナンバー・購読の中止◇

  http://blog.ddc.co.jp/mt/mail/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

発行:株式会社吉田印刷所        TEL 0250-43-6144 FAX 0250-43-2918

編集:CSS部 笹川 純一       〒959-1835 新潟県五泉市今泉902-1

                 http://www.ddc.co.jp/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

--------------------------------- 吉田印刷所運営・サポートサイト紹介 --

DTPサポート情報blog      -> http://blog.ddc.co.jp/mt/dtp/

DTP印刷用語集blog      -> http://blog.ddc.co.jp/mt/words/

DTP駆け込み寺BBS過去ログ    -> http://dtp-bbs.com/dtpbbs/

InDesignの勉強部屋BBS過去ログ -> http://dtp-bbs.com/indesignbbs/

DTPなんでもボード過去ログ   -> http://dtp-bbs.com/dtptubobbs/

★デジタルクリエイターズ     -> http://blog.dgcr.com/mt/dgcr/

PDFフォント○×チェッカー   -> http://pdf.printjapan.com/

-------------------------------------------------------------------PR--

印刷ポータルサイト PrintJapan.com】サービス一覧

●PRコメント掲載サービス    … 各印刷関連企業様のアピールの場を提供!

●PRM見積依頼メール配信サービス … 登録企業様に一括見積配信!

●口コミ掲示板         … 疑問・質問を掲示板で解決!

DTP印刷業界ニュース     … 業界の新着情報を毎日キャッチ!

ご利用(無料)はこちらから→ http://www.printjapan.com/

-------------------------------------------------------------------PR--

※本文中に記載されているプログラム・ソフトウェア・システム、そのほかすべ

 ての各種製品は一般に各メーカーの商標もしくは登録商標です。

 本文中ではRやTMなどのマークは明記しておりません。

※本文の一部にTinyURLのサービスを使用しています。→ http://tinyurl.com/

カテゴリ

メールマガジン全文

調べてみよう!

こんな記事も読まれています