Web to Print・DTP WORLD・Photoshopのチュートリアル

  • 公開:
  • 更新:
  • 制作/編集:

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

印刷情報メール[2008/01/28]読者数:3492人    http://www.ddc.co.jp/

●    吉田印刷所の新しい情報や業界情報を皆様にお伝えします    ●

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 更新情報はブログで更新中!→ https://www.ddc.co.jp/news/index.html

 2008年がスタートしてもう2週間が過ぎてしまいました。

 新潟は雪が今年はないなぁ…スノータイヤ(スタッドレスタイヤ)にしなくても良かったかもしれないなぁ…と思っていたら今週は結構雪が降ってきました。スキー場がある湯沢の方とは全然雪の積もり方が違うわけですけど、辺り一面が銀世界になると気分も変わりますね。


 遅くなりましたが本年も吉田印刷所をよろしくお願いいたします。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

印刷通販『特売プレス』■  データ入稿の長い実績で皆様をサポート! 

 ■□■□■□■□■□■  Adobe CreativeSuite・PDF/X-1aPDF入稿対応

  ソイインキ無処理版・少部数印刷対応などの環境配慮型印刷をご提供

    日印産連 グリーンプリンティング認定工場・ISO 9001取得済み  

                    http://www.ddc.co.jp/index.html

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/


【今回の内容】----------------------------------------------------------

■お知らせ

 PAGE2008出展情報(2008年2月6日~8日:東京池袋 会場 4階のB-4)(再掲載)

 Web to Printでの印刷システムを開発・運営中です

 吉田印刷所特売プレスブログ「みんなの印刷会社」更新情報

 PrintJapan.comメンテナンス予定について(1月21日~31日(予定))

■その他

 【雑誌紹介】DTP WORLD 2008年2月号(ワークスコーポレーション刊)

 Photoshopで紙がやぶれた感じを作るためのチュートリアル(DesignWalker)


 本メールマガジンのアドレス

 http://blog.ddc.co.jp/mt/mail/archives/20080118/000000.html


-----------------------------------------------------------------------

※以下の案内は全て吉田印刷所入稿扱いが基本になりますが、

 記載されている内容全てを保証するものではありません。



■お知らせ--------------------------------------------------------------

PAGE2008出展情報(2008年2月6日~8日:東京池袋 会場 4階のB-4)(再掲載)

 http://blog.ddc.co.jp/mt/mail/archives/20080118/000001.html

-----------------------------------------------------------------------

 来る2008年2月6日(水)から8日(金)まで、東京池袋のサンシャインシティ コンベンションセンター TOKYOにてPAGE2008が開催されます。このPAGE2008に吉田印刷所は出展いたします。


 展示内容は以下の通りです。

●Web to Print =========================================================

 ブラウザで編集して印刷用データを作成するWeb to Printシステムです。

 今回のPAGE2008のセミナーでも取り上げられているWebブラウザを通して制作をする「Web to Print」のシステムの展示を行います。

 PAGE2008では実際に動いているもの、操作できるものを展示する予定です。


小口分割印刷 =========================================================

 情報には鮮度があります。

 紙という媒体に定着させた情報は時間が経つにつれ、鮮度が落ち、次第に情報の価値が下がっていきます。

 情報の鮮度を保持するためには、こまめな情報更新が必要ですが、吉田印刷所では「こまめな情報更新」のサポートをできる分割発注の印刷を提案いたします。


●最新バージョンPDF変換・チェック冊子 ==================================

 Adobe Creative Suite3からのPDF変換やチェックについての説明している冊子を配布いたします。

 PDF変換冊子はPAGE2007の際は予想外に冊子の希望者が多く、急遽追加で印刷する事態になってしまいました。PAGE2008でも十分な部数を用意する予定ですが、お早めにご来場いただければと思います。


●PrintJapan.com =======================================================

 PrintJapan.comは印刷業界に特化したビジネスマッチングサイトです。

 ホームページへのリンク集以外にも、見積もり依頼者から見積もり配信を行うサービスも行っており、印刷業界の活性化のお手伝いができればと思って日々改良を積み重ねております。

    =======================================================


 吉田印刷所の出展ブースはB-4です。会場4階「富士フイルムグラフィックシステムズ」様のブースの真正面になります。

 どうぞよろしくお願いいたします。



 PAGE2008のサイト上に吉田印刷所のブース紹介のページができました。

 また、無料招待券発行も始まったので、ご興味ある方は以下のページからお申し込みください。(招待券が無い場合、入場に1000円、ガイド冊子に1000円が必要になります。ご注意ください。)


吉田印刷所ブース案内:PAGE2008

http://entry.xmldo.jp/page2008/guidebook/show/60

▼ PAGE 2008展示会無料招待券登録

https://datacenter.jagat.jp/page/2008/session/moushikomi2.asp

▼ PAGE 2008

http://www.jagat.or.jp/page/2008/



■お知らせ--------------------------------------------------------------

Web to Printでの印刷システムを開発・運営中です

 http://blog.ddc.co.jp/mt/mail/archives/20080118/000002.html

-----------------------------------------------------------------------

 今回の2008年2月6日~8日のPAGE2008(於:東京池袋)で吉田印刷所は「Web to Print」「小口分割印刷」「最新バージョンPDF変換・チェック冊子」「PrintJapan.com」を展示・説明する予定ですが、「Web to Print」はパラマウントベッド株式会社様の協力で実際にブラウザだけでチラシパンフレットを作成できるシステムを既に2008年1月9日より実運用しています。


 このシステムはInternet Explorer・Safari・Firefoxなどのブラウザを利用して、用意されているレイアウトテンプレートに介護用品やベッドなどをドラッグアンドドロップすることで該当商品の画像やスペックなどがテンプレート内に挿入され、簡単にチラシパンフレットの作成ができ、PDF作成もボタンをクリックするだけでできるというものです。

 ブラウザで行う作業の簡単な概略は以下のページの動画をご覧ください。

▼ YouTube - 福祉用具カタログプレス操作概要

http://jp.youtube.com/watch?v=EP6OTWNAq8Y




 システムの概要などについてのその他の情報はパラマウントベッド株式会社様のニュースリリースをご覧ください。

▼ 「福祉用具カタログプレス」システムを開発いたしました

http://www.paramount.co.jp/news/detail_2007.html#n07121801



----------------------------------------------- PrintJapan.com PR -----

 PrintJapan.comは印刷業界のビジネスマッチングサイトです。

 よくある単なるリンク集ではありません。PRコメントは800文字もOK!

 無料の印刷見積配信サービスも展開し、業界活性化のお手伝いをしたいと

 考えております。

 まだ登録していない? なら今すぐPRコメントを考えて↓にアクセス!

---------------------------------------- http://www.printjapan.com/ ---

■お知らせ--------------------------------------------------------------

吉田印刷所特売プレスブログ「みんなの印刷会社」更新情報

 http://blog.ddc.co.jp/mt/mail/archives/20080118/000003.html

-----------------------------------------------------------------------

 吉田印刷所特売プレスでは吉田印刷所印刷DTPに関するちょっとした話を掲載しているブログを書いています。

 最近は以下のようなトピックでブログを書いています。

 何か興味のあるトピックがあったら是非のぞいてみてくださいね!


▼ 市販のPDF作成ソフトは購入時はフォント埋め込みしない設定になっている

| ことが多いです

http://dtppdf.blog91.fc2.com/blog-entry-94.html

▼ 鏡開き

http://dtppdf.blog91.fc2.com/blog-entry-93.html

▼ あけましておめでとうございます(2008年)

http://dtppdf.blog91.fc2.com/blog-entry-92.html



 ブログのトップページは以下のアドレスになります。

▼ みんなの印刷会社-特売プレス/吉田印刷所blog

http://dtppdf.blog91.fc2.com/


 鏡開きの餅つながりで、最近知り合いの日記から「モッフル」というのを知りました。All Aboutのページで調べてみると、ワッフルメーカーに餅を入れて焼く!というものでした。

 どう考えても、固い餅はワッフルメーカーに入らないだろう…と思ったのですが、All Aboutのページによれば「最初は餅が固くて閉じられず、隙間が開いてしまいますが、餅がだんだんやわらかくなってきますので、そうしたらフタがロックされるまで閉めます。」とのことでかなり無理矢理感のある方法で焼くみたいです。

 All Aboutに掲載されていたモッフルの写真を見ていたら、でこぼこの部分に「あんこを入れて食べやすいのでは?」とか思ってしまいました。(ちょっと安直ですかね)


 なお、会社がある五泉市にもお餅を作っている会社があります。オンラインでお餅も買えますので覗いてみてくださいね。

▼ たいまつ食品

http://www.omochi.ne.jp/home/



■お知らせ--------------------------------------------------------------

PrintJapan.comメンテナンス予定について(1月21日~31日(予定))

 http://blog.ddc.co.jp/mt/mail/archives/20080118/000004.html

-----------------------------------------------------------------------

 PrintJapan.comの1月のメンテナンスについてご案内いたします。

 メンテナンスによりご利用者様・業者様にはご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いいたします。

●日時:

 2008年1月21日(月)~31日(木)(延長の可能性があります)


●内容:

 PRM印刷見積依頼メール配信サービスに登録している業者様の参加継続意志を確認し、データベースに登録し直します。


●詳細:

 PrintJapan.comのサービスをより役立つものにするため、現在PrintJapan.comに登録済みの印刷業者様へ、再度PrintJapan.comの参加継続意志の確認を行っております。

 現在PRM印刷見積メール配信対象業者になっている業者様の中で、メールアドレスが不通になっている業者様があり、また、PRM印刷見積メール配信開始から2年が経過し、見積配信後に実施しているユーザー様へのアンケート結果を見ますと、登録業者様の中においても、見積返信に対する取り組みに差がみられるようになってきました。

 これを受けて、業者様の事業所宛へ宅配便でPrintJapan.comへの参加意志確認の文章を送付し、ご返信からデータベースを修正し、見積配信業者対象や企業情報掲載の修正作業を2008年1月21日から実施します。

 このメンテナンスによりPrintJapan.com利用者様と印刷業者様のあいだを取り持つより良いサービスを提供できるものと考えています。


●サービス期間中の運用について:

 メンテナンス期間は、PRM印刷見積配信依頼は停止いたします。



●お問い合わせ先:

 PrintJapan.com編集部(プリントジャパンドットコム)

 メール: info@printjapan.com

 電話: 0250-43-6144(吉田印刷所内プリントジャパン担当)


■その他----------------------------------------------------------------

【雑誌紹介】DTP WORLD 2008年2月号(ワークスコーポレーション刊)

 http://blog.ddc.co.jp/mt/mail/archives/20080118/000005.html

-----------------------------------------------------------------------

 今月発売のDTP WORLD 2008年2月号の特集は『1、2、3、4色+α 印刷データ制作の教え 知れば確実に同僚と差がつく! デザイン表現のための本格的なテクニック』と題して、以下の内容が掲載されています。


  ・まずは基礎を押さえよう 印刷での版の考え方

  ・Creator's Works

  ・色の選択とデザインで生かす 柔軟性のある1色

  ・対比や同化が鍵になる バランスを考えた2色

  ・デザインの視点を変える 選び心のある3色

  ・強さと柔らかさを出す 決めての4色+α

  ・特殊印刷のしくみ

  ・特殊印刷の新たな展開


 印刷の基礎知識的な部分から、よくある「カラー→2色分解」の方法から紙色や特色を活かしたデザイン、また、1色や2色でも4色カラー印刷するよりインパクトを出せるデザインの工夫などが掲載されていて、参考になりますね。

 個人的にはP56~P69のデザインのTips・仕組みがなるほど~と思えるところが多くておもしろかったです。(私がデザインの基本を知らないからかもしれませんが)


DTP WORLD 2008年 2月号

http://tinyurl.com/ys5vvj


 余談なのですが、今回のDTP WORLDの巻末にある北川一成さんのコラム『変わる価値 第十一回 佐藤卓デザインの解剖』を読んでいて「ロッテ クールミントガムのパッケージに並ぶ、5羽のペンギンたち。右から2番目のペンギンだけが左手を上げていることを、ご存じの方も多いでしょう。」とあって、実は読むまでそんなことに知りませんでした。全然気がついていませんでした。会社の同僚に聞いてみると、結構有名な話らしいのですが、皆さんはご存じでしたか?


 ロッテ クールミントガムのデザインの変遷などは以下のページが参考になります。昔のデザインは鯨が潮を吹いているのですね。なぜ右から2番目のペンギンだけが手を挙げているのかも書いてありますよ。

▼ ロッテ グリーンガム&クールミントガム ニッポン・ロングセラー考

http://www.nttcom.co.jp/comzine/no039/long_seller/index.html



■その他----------------------------------------------------------------

Photoshopで紙がやぶれた感じを作るためのチュートリアル(DesignWalker)

 http://blog.ddc.co.jp/mt/mail/archives/20080118/000006.html

-----------------------------------------------------------------------

 最近はIllustratorPhotoshopみたいなことができるようになってきたよねぇ…という話もよく聞きますよね。いろいろなPhotoshopっぽいフィルタをオブジェクトに簡単に掛けられるなんて最近のIllustratorは本当にすごいなぁと感じます。

 しかし、そうは言ってもまだまだPhotoshopで作業した方が簡単なものやPhotoshopでないとできないものも多くあります。そんなPhotoshopのTipsを紹介します。


 DesignWalkerさんのページで「紙がやぶれた感じを表現するPhotoshopチュートリアル・解説編」というエントリーを掲載していました。例として「新聞の切れ端」を作成する過程が掲載されています。デザインのワンポイント部品として使えそうです。


 この手のものは数多くあるのですが、個人的に気が利いていると思った点は「新聞なので裏側が透けて見えるでしょう。なので裏が透けているのも再現します」という作業が入っていることでした。こうした何気なく見ていると見落としそうな細かい点をよく観察し、再現できるかどうかが、より本物らしく見せるための技なんだと思いました。


 詳しい手順は以下のページをご覧ください。

▼ 紙がやぶれた感じを表現するPhotoshopチュートリアル・解説編

http://www.designwalker.com/2007/12/newspaper_tutorial.html



 なお、この紙の裏の印刷が見える現象は一般的には「裏抜け」「ストライクスルー」(もしくは「裏抜け」と似た「プリントスルー」)と呼ばれる現象で、新聞や新聞折り込みチラシなどで使用される薄い用紙に印刷した際に発生しやすいものです。印刷のインキ総量が多い場合などは特に注意しなければいけない問題です。

 これらの現象については次回のDTP印刷用語集の更新で行いたいと思います。



-----------------------------------------------------------------------

 今回もお読みいただき誠にありがとうございます。

 ご意見・ご感想をお待ちしております。

吉田印刷所特売プレスに関するご連絡・お問い合わせ先】

◇ご意見・ご質問・資料請求◇

  http://www.ddc.co.jp/guide/inquiry/index.html

◇お見積もり◇

  http://www.ddc.co.jp/guide/inquiry/estimate.html

◇バックナンバー・購読の中止◇

  http://blog.ddc.co.jp/mt/mail/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

発行:吉田印刷所 営業部      TEL 0250-43-6144 FAX 0250-43-2918

編集:笹川純一          〒959-1835 新潟県五泉市今泉902-1

http://www.ddc.co.jp/ or http://www.ddc.co.jp/tokupre/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

※本文中に記載されているプログラム・ソフトウェア・システム、そのほかすべ

 ての各種製品は一般に各メーカーの商標もしくは登録商標です。

 本文中ではRやTMなどのマークは明記しておりません。

※本文の一部にtinyurl.comのサービスを使用しております。

 → http://tinyurl.com/

吉田印刷所http://xn--6oqs9e20ae22h.jp/ または http://印刷会社.jp/

 でもアクセスできます!

カテゴリ

メールマガジン全文

調べてみよう!

こんな記事も読まれています