DTPサポート情報blogにPhotoshop・Publisher・Illustratorの注意点を追加

  • 公開:
  • 更新:
  • 制作/編集:

 Photoshopで画像を開くときに出るプロファイルの警告ですが、適当に選択してはいけません。どれを選んでも同じような感じに思えますが、実は全然違うのです。画像のカラーが全く意図しないカラーに変換されてしまう場合もあります。お気をつけください。

 詳しくは以下のページから。

▼ 「埋め込まれたプロファイルの不一致」が表示される場合は

http://blog.ddc.co.jp/mt/dtp/archives/20070714/164019.html



 PublisherとAcrobatの組み合わせでPDF変換を行おうとすると、フォント埋め込みができないというエラー表示が出てPDFに変換できない場合があります。

 フォントは埋め込みできるフォントだけしか使っていないのになぜ?と思ったら、実は文字の装飾の傍点でした。

 詳しくは以下のページから。

▼ Publisherで傍点を使用したデータをPDF変換できない

http://blog.ddc.co.jp/mt/dtp/archives/20070710/164404.html


 Illustrator CS・Illustrator CS2ではPhotoshop EPSをリンク配置していて、そのまま「別名で保存」からPDF保存を行うと、場合によっては画像に白い線が入ってしまう不具合(バグ)がありましたが、Illustrator CS3ではその問題は解消されているようです。

 Illustrator CS・Illustrator CS2のPDF保存時の不具合については以下のページからご覧ください。

Illustrator CS・Illustrator CS2からPDF保存すると画像に白い線が出る

http://blog.ddc.co.jp/mt/dtp/archives/20050628/182149.html



DTPサポート情報blog

http://blog.ddc.co.jp/mt/dtp/index.html

カテゴリ

データ入稿上の注意点 記事別

調べてみよう!

こんな記事も読まれています