Windows版のAcrobat Distillerを活用してPDF入稿をしよう

  • 公開:
  • 更新:
  • 制作/編集:

 最近は特に多くの方からPDFでのご入稿を頂いております。ありがとうございます。入稿のおよそ4割がPDFによる入稿になっております。

 さて、そのPDF入稿ですが、Acrobat Distillerを使ってより出力信頼性の高い(=エラーがより少ない)PDFを作成しようと思っても、MacOS9用のAcrobatAcrobat Distillerは現在販売されていません。(現在販売中のMac版のPageMakerにはAcrobat Distillerは附属しています)

 このためAcrobat Distillerを使ったPDF変換ができない、というお話をたまに聞くことがあります。

 実は、MacとWindowsXPをお持ちの場合はこの問題を解決できる場合があります。WindowsXP対応のAcrobatは現在販売されておりますので、MacでIllustratorEPSファイルを作成し、そのファイルをWindows側に持ってきて、Windows側でAcrobat Distillerを使用することでPDFに変換が可能です。

※ただしIllustratorのデータはバージョンによってはフォントのアウトライン化をしないとPDF変換できない場合もあります。なおOCFフォントはPDFに埋め込めません。

 ●Mac

  Illustratorでデータ制作→PostScriptEPSファイル作成

  →PostScriptEPSファイルをWindowsへコピー

 ●Windows

  PostScriptEPSファイルをAcrobat Distillerへドラッグ&ドロップ

  →PDFへ変換→入稿


 MacOSはOS9のままで他のマシンでWindowsはXPをご利用になっている方も数多くいらっしゃるようなので、WindowsXPで動くAcrobat7を利用してぜひPDF変換を行ってみてください。チラシ印刷冊子印刷に関してはIllustrator形式の入稿よりPDF形式の入稿の方がお得な価格設定になっていますのでぜひチャレンジしてみてくださいね!


Acrobat7 Professional(Windows版)

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B0006U3AII/0250436144-22

Acrobat Distiller7の設定について

http://blog.ddc.co.jp/mt/dtp/archives/20050624/140520.html

カテゴリ

データ入稿上の注意点 記事別

調べてみよう!

こんな記事も読まれています