確認用のプリントアウトは最終データと一致させることが安全の第一歩

  • 公開:
  • 更新:
  • 制作/編集:

 吉田印刷所特売プレスではPDF入稿ということを以前より行っておりますが、PDF入稿する際に注意していただきたい点があります。


 それは、確認用のプリントアウトを出力するときには、最終データであるPDFAcrobat・Adobe Readerから出力して確認をしていただきたいということです。

 残念ながらIllustratorなどからPDF形式で保存した場合、変換のエラーが発生することがあります(主な原因はソフトウェアの不具合・バグです)。つまり元のIllustratorデータから意図しない形でPDFになっている場合もあります。

 このためPDF入稿される場合には、事故のない印刷のためにも必ず入稿のPDFをご確認いただきたく思います。


▼ Error[エラー]-PDF 関連:DTPサポート情報

http://blog.ddc.co.jp/mt/dtp/archives/pdf/errorpdf/



 PDF入稿でなくても、DTPソフトウェア(IllustratorInDesignなど)での入稿においても最終確認データと印刷用データの不一致によるエラーが発生する場合があります。印刷までのデータのワークフローについて、メリット・デメリットを簡単に記載したページを作成しましたので、ご参考にしていただければと思います。


▼ [6033]DTPデータ入稿のワークフローについての注意点

http://blog.ddc.co.jp/mt/dtp/archives/20060125/185750.html

▼ [6034]PDFデータ入稿のワークフローについての注意点

http://blog.ddc.co.jp/mt/dtp/archives/20060125/190834.html

カテゴリ

データ入稿上の注意点 記事別

調べてみよう!

こんな記事も読まれています