PDF変換すると…?/中綴じの頁物にも対応

  • 公開:
  • 更新:
  • 制作/編集:

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 吉田印刷所情報メール               http://www.ddc.co.jp/

                              2004/11/25

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 吉田印刷所情報メールは

 吉田印刷所の新しいサービスや情報を皆様にお伝えするものです。

 

※バックナンバーは以下のアドレスからご覧下さい

  http://blog.ddc.co.jp/mt/mail/

 

 更新情報はブログ(blog)でも更新中!

  https://www.ddc.co.jp/news/

 

【今回の内容】---------------------------------------------------------

PDF変換すると何が変わるの?(1/2)

特売プレスでは中綴じ頁物にも対応しています

●ホームページの更新をお知らせいたします

----------------------------------------------------------------------

※以下の案内は全て吉田印刷所入稿扱いが基本になりますが、

 記載されている内容全てを保証するものではありません。

----------------------------------------------------------------------

PDF変換すると何が変わるの?(1/2)

 http://www.ddc.co.jp/yoshida/PDF/html/1062.html

----------------------------------------------------------------------

 

 特売プレスではPDF入稿とDTPソフトのデータでの入稿に価格差をつけPDF入稿を促進しております。

 

 PDF形式でなくても今までIllustratorQuarkXPressデータのままでデータ入稿をすることは可能でした。わざわざPDFにするメリットはいったいどこにあるのでしょうか?

 

 メールマガジンでは2回に分けてPDF変換のメリットを説明したいと思います。

 

◆1◆ PDF変換前の作成ソフトは何でもOK

 

 PDFPDF変換をした時点で既に作成元のソフトウェアとは切り離された別の形式になっています。制作者側の使用したいソフトウェアを今まで通り自由に使って制作し、最終的にPDF変換すればデータ入稿をすることができるのです。これは制作者側にメリットとなります。

 

 例:EDICOLORで制作→PDF変換PDF入稿

   QuarkXPress6で制作→PDF変換PDF入稿

 

 

◆2◆ フォントの使用が自由になる

 今までは各印刷会社・出力センター毎のフォントリストとにらめっこしながら、使いたいフォントを自由に使えず(使う場合はIllustratorアウトライン化などして)悩んでいたことと思います。

 PDFにはフォントを埋め込む機能がありますので、フォントリストとは無関係になります。例えばフォントワークスのLETSの仕組みを使えば非常に安価に140以上の書体を使用することができます。

 デザインの幅を広げられることは間違いありません。

 

 ●FONTWORKS - LETS

  http://www.fontworks.com/lets.html

 

 

◆3◆ ファイルの管理が簡単になります

 

 PDFは基本的にそのファイル単体で完結することができます。フォント・画像などを全て含めることができますので、データ入稿する際にはPDFファイルだけを入稿すればよいことになります(特売プレスでは他に確認用のレイアウト見本となるスクリーンキャプチャなどが必要です)。

 画像ファイルの添付し忘れやフォントの添付し忘れなどがありません。

 

 

 

 「DTP WORLD」2004年12月号では『6段階でマスターするPDF作成ステップアップガイド』でPDF作成の方法について掲載されています。是非参考にしてください。

 

 ●DTP WORLD

  http://www.wgn.co.jp/dtpw/

 

 

----------------------------------------------------------------------

DTP印刷・MACに関する情報交換の場『DTP駆け込み寺』は

 以下のアドレスから(吉田印刷所特売プレスも活動に協賛しています)

 http://www.vesta.dti.ne.jp/~osyou2/

----------------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------------

特売プレスでは中綴じ頁物にも対応しています

 http://www.ddc.co.jp/tokupre/冊子印刷/html/price-page.html

----------------------------------------------------------------------

 

 特売プレスでは中綴じ頁物印刷物にも対応しております。

 以前は8頁までの頁物のみの対応でしたが、現在は12頁・16頁物まで対応しております。8頁のカラー印刷500部の価格は56,700円から、16頁のカラー印刷500部の価格も89,250円からご提供しております(※)。

 

 http://www.ddc.co.jp/tokupre/冊子印刷/html/price-page.html

 

 対応用紙はオプション扱いですが以下のものから選択することができます。(通常用紙はコート110kです)

  ・コート90k/135k

  ・マットコート90k/110k/135k

  ・再生コート110k/135k

  ・再生マットコート110k/135k

  

 http://blog.ddc.co.jp/mt/hatena/archives/000164.html

 

 

 対応データはPDFIllustratorPhotoshopはもちろんQuarkXPressやWordなどに対応しております。(InDesignネイティブデータの場合は事前の協議が必要です)

 頁物印刷の場合は特に使用フォントの問題がありますので、PDF入稿をおすすめしております。また、頁物編集ソフトのキヤノンシステムソリューションズのEDICOLORやモトヤのELWINであってもPDF変換することで特売プレス頁物印刷に対応することが可能になりますので、是非PDF変換してご活用下さい。

 

 

 InDesignからPDF変換する場合は以下のページをご覧下さい。

 ●[1075]InDesign2からPDFを作成するための設定(概要)

  http://www.ddc.co.jp/yoshida/pdf/html/1075.html

 

 ●[1094]InDesign CS:PDF保存時の設定について

  http://www.ddc.co.jp/yoshida/pdf/html/1094.html

 

 

 なお「吉田印刷所 お客様からのよくある質問Q&A(人力検索blog)」でお客様から寄せられた質問を掲載しております。以下のページにて関連項目を掲載中です。

 

 ●InDesign2.0で日本語と中国語の文字が混在した印刷物を作りたい

  http://blog.ddc.co.jp/mt/hatena/archives/000194.html

 

 ●SMI EDICOLORでの出力・印刷はおこなっていないのでしょうか?

  http://blog.ddc.co.jp/mt/hatena/archives/000189.html

 

PDF入稿の場合。送料・梱包料・代金引換手数料は含まれておりません。

 

 

-------------------------------------------------------------------PR--

PDF入稿なら中綴じ頁物もお得です! http://www.ddc.co.jp/tokupre/冊子印刷/

 8頁 500部: 56,700円/12頁 500部: 84,000円/16頁 500部: 89,250円

 8頁1000部: 65,100円/12頁1000部: 89,250円/16頁1000部: 91,350円

 ※送料・梱包料・代金引換手数料を除く価格

-------------------------------------------------------------------PR--

----------------------------------------------------------------------

●ホームページの更新をお知らせいたします

 https://www.ddc.co.jp/news/

----------------------------------------------------------------------

 

 吉田印刷所のホームページは日々更新されております。最近のホームページ更新の内容を簡単ではありますが紹介いたします。データ入稿を行う前に是非ご一読下さいますようお願いします。

 

▼更新情報をblogでも掲載を始めています。blogのアドレスは以下の通りです。

 

 https://www.ddc.co.jp/news/

 

----------------------------------------------------------------------

 今回もお読みいただき誠にありがとうございます。

 ご意見・ご感想をお待ちしております。

 

吉田印刷所特売プレスに関するご連絡・お問合せ先】

◇ご意見・ご質問◇

  http://blog.ddc.co.jp/mt/hatena/

◇お見積もり◇

  http://www.ddc.co.jp/guide/inquiry/index.html

◇資料請求◇

  http://www.ddc.co.jp/guide/inquiry/index.html

◇バックナンバー・購読の中止◇

  http://blog.ddc.co.jp/mt/mail/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

発行:吉田印刷所 市場開拓部   TEL 0250-43-6144 FAX 0250-43-2918

                 〒959-1835 新潟県五泉市今泉902-1

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

※本文中に記載されているプログラム・ソフトウェア・システム、そのほかすべ

 ての各種製品は一般に各メーカーの商標もしくは登録商標です。

 本文中ではRやTMなどのマークは明記しておりません。

※本文の一部にtinyurl.comのサービスを使用しております。

 → http://tinyurl.com/

-------------------------------------------------------------------PR--

特売プレスでは「自動見積もり」をご用意しております。

仕様を入力するだけですぐに金額がわかります。そのまま発注もOKです!

https://store.ddc.co.jp/tokupre/index.html

-------------------------------------------------------------------PR--

カテゴリ

メールマガジン全文

調べてみよう!

こんな記事も読まれています