イラストレータCS2のデータをPostScript 3で保存してもPostScript 2に

  • 公開:
  • 更新:
  • 制作/編集:

Q:

はじめまして。とてもわかりやすいサイトで日頃お世話になっているものです。

質問があります。

イラストレータCS2のデータを別名保存するときポストスクリプト3に設定したはずが、確認のためもう一度そのデータを開き、別名保存しなおそうとするとポストスクリプト2に戻っています。このデータは3保存されているのでしょうか?

教えてください。

A:

これはIllustrator CSから仕様変更になっています。

Illustrator EPSPostScript3で保存しても次回開くときのダイアログはPostScript レベル2になってしまいます。

なお、PostScriptがレベル2なのか3なのかはEPSファイルをテキストエディタで開くとわかります。(先頭部分です)

※テキストエディタはMacOS9などではYooEdit・Jedit、MacOSXではmi・Jeditなど、Windowsはサクラエディタ・TeraPad・秀丸エディタなどがあります。


以下はIllustrator CS2の場合です。

PostScript レベル2の場合】

%!PS-Adobe-3.1 EPSF-3.0
%ADO_DSC_Encoding: Windows Japanese
%%Title: 
%%Creator: Adobe Illustrator(R) 12
%%AI8_CreatorVersion: 12.0.1
%AI9_PrintingDataBegin
%%For: 
%%CreationDate: 6/18/2007
%%BoundingBox: 0 0 63 82
%%HiResBoundingBox: 0 0 62.0293 81.1470
%%CropBox: 0 0 62.0293 81.1470
%%LanguageLevel: 2

PostScript 3の場合】

!PS-Adobe-3.1 EPSF-3.0
%ADO_DSC_Encoding: Windows Japanese
%%Title: 
%%Creator: Adobe Illustrator(R) 12
%%AI8_CreatorVersion: 12.0.1
%AI9_PrintingDataBegin
%%For: 
%%CreationDate: 6/18/2007
%%BoundingBox: 0 0 63 82
%%HiResBoundingBox: 0 0 62.0293 81.1470
%%CropBox: 0 0 62.0293 81.1470
%%LanguageLevel: 3

比べるとわかるように「%%LanguageLevel」が変化しています。

※他にもFlightCheckなどのソフトでプリフライトしてもわかります。

EPSファイルをご確認いただければと思います。

カテゴリ

Illustrator データについて

調べてみよう!

こんな記事も読まれています