CTP印刷とオフセット印刷の違いは?

  • 公開:
  • 更新:
  • 制作/編集:

CTP印刷オフセット印刷の違いと、CTPのメリットとデメリットを教えて下さい。

CTPは製版方式のことを、オフセット印刷方式のことを指します。

まず基本的にはCTPとは印刷機に付ける刷版の作成機器と考えてください。

印刷機ではありません。

※厳密にはCTPはコンピュータからダイレクトに製版する事を指しますが、刷版を生成する機器を指す言葉としても使われる事もあります。

 

CTP・ダイレクト刷版について DTP印刷用語集)

よく言われるCTP印刷とは、製版フィルムを使用しない印刷方式のことです。

 

 

オフセット印刷は平らな刷版を使用した印刷方式のことなので、CTPで作成された刷版を使用する場合もありますし、フィルムを作って製版した刷版を使用することもあります。

オフセット印刷について DTP印刷用語集)

 

メリット

製版フィルムを介さないため、メリットとしては、以下のものが挙げられます。

  • 製版の時間の短縮によるコストダウン
  • 刷版への焼き付けの精度の向上
  • 刷版の品質の安定化・高品質化
  • 印刷品質の向上
  • 生産性の向上
  • 環境負荷の低下

 

デメリット

デメリットとしては、コンピューターで面付けした後、すぐに製版が完了してしまうため、データの間違いに気がついたときに刷版を再度作成するためにコストが高くなってしまうという問題があります。

またノセやヌキなどのオーバープリントの状態をフィルムより確認しづらいため、データでオーバープリントの状態を確認しておくことが重要になります。

カテゴリ

システム・設備について

調べてみよう!

こんな記事も読まれています