源ノ角ゴシックは縦書きの矢印の向きが他のフォントと違う(Illustrator・InDesign)

源ノ角ゴシックは縦書きの矢印の向きが他のフォントと違う(Illustrator・InDesign)

Twitterで源ノ角ゴシックをIllustratorにて縦組み(縦書き)で使用すると、矢印の挙動が違うというものがありました。

このTwitterの投稿がされたのは2014年の8月ですが、2016年2月現在どうなっているのかを検証してみました。

検証方法

Illustrator CC 2015・InDesign CC 2015にて、フォントの違いにより縦組みの矢印の向きが変わるかを検証する。


検証するフォント

検証するフォントは以下の通りです。

  • 小塚ゴシックPro
  • 源ノ角ゴシック JP(Typekitより)
  • MS ゴシック(Windows 10標準フォント)
  • HG創英角ポップ体(Microsoft Office標準フォント)
  • 游ゴシック(Windows 10標準フォント)
  • ふい字P(フリーフォント)
  • IPAゴシック
  • IPA明朝

検証結果

今回は小塚ゴシックProを基準とします。


Illustratorの場合

小塚ゴシックPro 源ノ角ゴシック JP

源ノ角ゴシック JPは小塚ゴシックProと向きが異なります。


MS ゴシック HG創英角ポップ体

MS ゴシック・HG創英角ポップ体は小塚ゴシックProと向きが同じです。


游ゴシック ふい字P

游ゴシックは小塚ゴシックProと向きが同じです。

ふい字Pは小塚ゴシックProと向きが異なります。


IPAゴシック IPA明朝

IPAゴシック・IPA明朝は小塚ゴシックProと向きが同じです。


InDesignの場合

テキストフレームを作成して文字を入力しています。

小塚ゴシックPro 源ノ角ゴシック JP

源ノ角ゴシック JPは小塚ゴシックProと向きが異なります。


MS ゴシック HG創英角ポップ体

MS ゴシック・HG創英角ポップ体は小塚ゴシックProと向きが同じです。


游ゴシック ふい字P

游ゴシックは小塚ゴシックProと向きが同じです。

ふい字Pは小塚ゴシックProと向きが異なります。


IPAゴシック IPA明朝

IPAゴシック・IPA明朝は小塚ゴシックProと向きが同じです。


以上の結果となりました。


縦組み(縦書き)で「源ノ角ゴシック JP」「ふい字P」は注意が必要です。

他にもこのようなフォントがあるかもしれませんので、文字原稿をIllustratorInDesignに流し込んだ後に必ずチェックするようにしましょう。


補足

なお、Word 2013で「源ノ角ゴシック」を縦組みで使用した時の向きは、他のフォントと同じでした。(右向きでした)

カテゴリ

Illustrator InDesign フォント

調べてみよう!

こんな記事も読まれています