スライドのサイズを印刷向けのサイズに設定する方法(PowerPoint 2013)

  • 公開:
  • 更新:
  • 制作/編集:
スライドのサイズを印刷向けのサイズに設定する方法(PowerPoint 2013)

モニタ画面と紙の縦横比は違います

PowerPointは基本的にプレゼンテーション用のアプリです。このため、初期設定のスライドサイズはプロジェクタやモニタ画面に合わせた縦横比になっており、紙の縦横比とは異なります。

プロジェクタや画面の縦横比は4:3もしくは16:9ですが、紙の縦横比は1.414:1(=4.242:3)です。

このため、初期設定のまま印刷用のデータ制作を行うと、印刷サイズが意図しないものになる場合があります。


このページでは、PowerPoint 2013でスライドのサイズを印刷向けのサイズにするための手順を説明します。

スライドサイズ変更の手順

今回はA4サイズ(210×297mm)にスライドサイズを変更する手順を説明します。


新規ドキュメントまたはファイルを開いた状態で、デザインのタブをクリックします。

スライドのサイズを印刷向けのサイズに設定する(PowerPoint 2013)


右側に「スライドのサイズ」をクリックして、「ユーザー設定のスライドのサイズ」選択します。

スライドのサイズを印刷向けのサイズに設定する(PowerPoint 2013)


「スライドのサイズ指定」が「A4 210×297mm」となっていても、幅と高さがそれぞれ「19.05cm」「27.517cm」となっており、実際のA4サイズと異なっています。

スライドのサイズを印刷向けのサイズに設定する(PowerPoint 2013)


幅に「21cm」、高さに「29.7cm」と入力して「OK」をクリックします。

スライドのサイズを印刷向けのサイズに設定する(PowerPoint 2013)


すると「新しいスライドサイズに拡大縮小します。コンテンツのサイズをなるべく大きくしますか、それとも新しいスライドに収まるように縮小しますか?」というダイアログが表示されます。


まだ制作していない場合は「最大化」「サイズに合わせて調整」のどちらを選んでも問題ありません。

既に制作している場合は、「最大化」「サイズに合わせて調整」のどちらを選んでも多少の調整は必要になりますが、「サイズに合わせて調整」を選んだ方が不用意に紙からはみ出ないのでお薦めです。

スライドのサイズを印刷向けのサイズに設定する(PowerPoint 2013)


これでスライドのサイズが印刷向けのサイズになりました。

あとは表示されたスライドのサイズに合わせて制作・修正を行ってください。

関連情報・参考資料

カテゴリ

MS Office PowerPoint PowerPoint 2013

調べてみよう!

こんな記事も読まれています