Illustrator・InDesignで同じ色の特色を乗算で重ねると特色が濃く表示される時の解決方法

Illustrator・InDesignで同じ色の特色を乗算で重ねると特色が濃く表示される時の解決方法

問題の状況

IllustratorInDesignを使用して、特色を使用したオブジェクトで、同じカラーの特色のオブジェクトを透明効果の乗算を適用して重ねると、特色本来のカラー(特色の濃度100%)より濃く表示される。


Illustrator・InDesignで同じ色の特色を乗算で重ねると特色が濃く表示される時の解決方法

実例

DIC 57sで濃度100%のオブジェクトを用意します。

それを2つ重ねて、上にあるオブジェクトの透明効果の乗算を適用します。

すると、重なり合った部分のカラーが濃く表示されます。


Illustrator・InDesignで同じ色の特色を乗算で重ねると特色が濃く表示される時の解決方法


実際の印刷では、同じ特色が重なりあっても100%以上の濃度になることはないため、この表示は誤っています。


原因

IllustratorInDesignの動作の仕様です。


解決方法

表示をオーバープリントプレビューにすることで、正しい(より正確な)表示になります。

メニューから「表示」→「オーバープリントプレビュー」にチェックが入っている状態にすることでオーバープリントプレビューになります。


20151218-Spot-color-Multiply-08.png



オーバープリントプレビューの状態では、正しい(より正確な)表示になります。



特色のありなしに関わらず、オーバープリントプレビューでデータを確認することは重要です。

データ入稿前に必ずチェックしておきましょう。


補足:画像に特色を適用した場合の実例

Illustratorでは、グレースケール画像にカラーを適用して色を付けることができます。

ここではグレースケールの犬の画像に、特色「DIC 57s」のカラーを適用してみます。


  



以下の画像は左上がDIC 57sで着色したグレースケール画像、右上が元のグレースケール画像、左下はDIC 57sで着色したグレースケール画像を10枚重ねて、透明効果を乗算に設定しました。

オーバープリントプレビューではない状態では以下のように見えています。重ねた画像のカラーが特色のカラーより大幅にずれています。


20151218-Spot-color-Multiply-03.jpg



このデータをオーバープリントプレビューすると、左下の画像は正確に表示されました。


関連情報・参考資料

カテゴリ

Illustrator InDesign

調べてみよう!

こんな記事も読まれています