【書籍紹介】『DTP&印刷スーパーしくみ事典』2015年版が発売されました

【書籍紹介】『DTP&印刷スーパーしくみ事典』2015年版が発売されました

DTP&印刷スーパーしくみ事典」2015年版が2月25日に発売されました。本書は2000年「月刊誌 DTPWORLD」の別冊として誕生してから現在に至るまで、長年にわたって発行されています。

今年からは株式会社ワークスコーポレーションと株式会社ボーンデジタルが経営統合のため、株式会社ボーンデジタルより発行・発売されています。

このたび、株式会社ボーンデジタル様より見本誌を提供して頂きましたので、本書を紹介させていただきます。


内容は、掲載順に巻頭特集/印刷物制作とDTP/ハードウェア/電子出版とデバイス/カラーマネージメント/デジタル画像/文字とフォント/組版・レイアウト・デザイン/プリプレスワークフロー/カンプとプルーフ/デジタル印刷印刷/製本/後加工/印刷とエコロジーといった章から構成されています。


特徴はオールカラーで印刷されており、ハードウェアなどの図版・写真にキャプションを付けて分かりやすく解説してあります。

誌面はほとんどが見開き2ページで構成されていて、全体の内容を見ながら読み進めることができるようになっています。

最新情報も追加され電子出版の業界動向やPhotoshopIllustratorInDesignの新機能の紹介、DTPにおける基本的な制作ノウハウ、アプリケーション毎のデータチェック項目などが掲載されています。

「DTP&印刷スーパーしくみ事典」
「DTP&印刷スーパーしくみ事典」

印刷関連の書籍は書店であまり見かけませんが、本書は印刷関連情報も掲載されており、今から数年前のことですがDTPエキスパート試験のために本書を購入し、印刷方法や印刷機のしくみなどを勉強し大変に参考になりました。

印刷に興味のあるDTPオペレーターやデザイナーの方にも役立ちます。


DTP関連についてもアプリケーション毎のデータチェック項目、カラーマネージメントやプロファイルなど、色管理するうえで必要な情報が掲載されています。

印刷通販などを利用されている方はデータ入稿する前にチェックしておけば、印刷物のおもわぬトラブルの発生を未然に防ぐことができます。

「DTP&印刷スーパーしくみ事典」
「DTP&印刷スーパーしくみ事典」


本書はレクチャー本とは違い、操作方法などは詳しく説明してありませんが、基本知識やしくみを理解し知識を深めることで制作や作業の効率化を図る足がかりにもなります。

(毎年の購入は懐的に厳しいかもしれませんが)新入社員向けの教育資料として、自身のスキルアップを図るためのツールとして活用できるオススメの書籍になっています。


※この書籍紹介は実際に編集作業をしているスタッフに書いてもらいました。


購入はこちらから


関連情報・参考資料

カテゴリ

雑誌・書籍紹介

調べてみよう!

こんな記事も読まれています