IllustratorからPDF/X形式で保存したら警告が出てPDF/Xではないファイルで保存されてしまう問題

IllustratorからPDF/X形式で保存したら警告が出てPDF/Xではないファイルで保存されてしまう問題

Illustratorのデータを、PDF形式で保存(変換)したら、「ドキュメントの保存時に次の問題が発生しました」という警告のダイアログにて『必要なフォントを埋め込むことができなかったため、ドキュメントは「PDF/X」を指定せずに保存されました。』と警告され、PDF/X形式で保存できない問題について紹介します。

実例

以下のデータを作成します。

レイヤー2にアウトライン化しないフォント、レイヤー1にアウトライン化したフォントを配置します。


アウトライン化しないフォントがあるレイヤー2をレイヤーパネルで非表示にします(隠します)。


このファイルを、使っているフォントが無い環境で開きます。

「ドキュメントで使用されているフォントは、システムにないか、形式が異なります」という警告ダイアログにて『フォントがシステム上にありません。見つからないフォントは代替されました。』と表示されます。


アウトライン化しないフォントがあるレイヤー2をレイヤーパネルでみてみると、既に代替フォントで表示されていることがわかります。


このままPDF/X-1a形式で保存してみます。


すると、「ドキュメントの保存時に次の問題が発生しました」という警告のダイアログにて『必要なフォントを埋め込むことができなかったため、ドキュメントは「PDF/X」を指定せずに保存されました。』と警告されます。


PDFファイルはできあがっているのでAcrobatで開いてプロパティを見てみると、フォント情報は存在していません。



同様に、PDF/X-4形式で保存してみます。

特に警告のダイアログは表示されず、PDF/X-4形式で保存されました。



同じPDF/X-4形式でも、オプションの「上位レベルのレイヤーからAcrobatレイヤーを作成」にチェックを付けて保存してみます。(これもPDF/X-4形式として認められています)


すると、先程と同じく、フォントが埋め込めなかったので「PDF/X形式」にならないという警告が表示されます。(PDFのファイルは生成されますがPDF/X-4形式ではありません)



まとめ

非表示のレイヤーであっても、このようにPDF保存に影響が出る場合があるので、PDF保存前に非表示のレイヤーを削除しておきましょう。



情報提供

Acrobat印刷データ用プリフライトを作成している髙瀬さんより情報を頂きました。ありがとうございました。

関連情報・参考資料

カテゴリ

Illustrator PDF PDF/X PDFへ変換・作成

調べてみよう!

こんな記事も読まれています