Photoshop CCの角丸長方形の角丸設定の属性パネルを簡単・確実に表示する方法

  • 公開:
  • 更新:
  • 制作/編集:
Photoshop CCの角丸長方形の角丸設定の属性パネルを簡単・確実に表示する方法

Photoshop CCでは角丸長方形のシェイプで、角丸のサイズをそれぞれの角で編集・設定できるライブシェイプという機能が搭載されました。


この機能により、角丸長方形の編集が格段にやりやすくなったのですが、角丸の編集・設定を行う「属性」パネルがうまく表示できない場合も多く感じていました。


今回は、Photoshop CCの角丸長方形のライブシェイプ属性のパネルを簡単に、そして確実に表示する方法を紹介します。

編集可能な角丸長方形のライブシェイプを作る

角丸長方形ツールをクリックして、オプションバーのツールモードを「シェイプ」に設定します。


角丸長方形をキャンバス上に描きます。


「属性」パネルに「ライブシェイプの属性」と表示され、角丸のサイズなどを変更することができます。便利ですね!



移動ツールで選択してもライブシェイプの属性が表示されない

このシェイプを「移動ツール」で選択します。


角丸長方形を「移動ツール」で選択しても、属性パネルは「マスク」になってしまいます。



解決方法

移動ツールのままでも、他のツールのままでも、Alt(option)キーを押したまま、シェイプレイヤーをクリックします。


すると、属性パネルが「ライブシェイプの属性」となって、角丸の編集や設定ができるようになります。



補足

シェイプレイヤーに複数のシェイプが入っている場合は、Alt(option)キー+シェイプレイヤークリックをすると、複数シェイプがまとめて選択されてしまうので、角丸を設定する場合はご注意下さい。



情報元

saucer

関連情報・参考資料

カテゴリ

Photoshop Photoshop CC PhotoshopのTIPS

調べてみよう!

こんな記事も読まれています