1文字ずつグラデーションカラーの塗りを適用する方法(Illustrator CS6/CC)

  • 公開:
  • 更新:
  • 制作/編集:
1文字ずつグラデーションカラーの塗りを適用する方法(Illustrator CS6/CC)

Illustratorで文字をアウトライン化しないで 1文字ずつグラデーションを指定する」(DTPサポート情報)では、Illustrator CS2・CS4・CS5のバージョンでアウトライン化をしないで、文字の塗りを適用できることを解説しました。

しかし、この方法はIllustrator CS6以降にグラデーションの扱いに変更があり、Illustrator CS6・CCでは使用できませんでした。


今回、樋口さん(@higuchidesign)がTwitterにてIllustrator CS6以降でも「1文字ずつグラデーションカラーの塗りを適用する方法」を公開していましたので紹介します。


※樋口さんに許可を得て掲載しています。

ブラシを準備する

今回、ブラシを使用するため、ブラシを用意します。


ブラシのパネルのメニューから「新規ブラシ」を選択します。


新規ブラシの種類は「カリグラフィブラシ」にします。


設定は以下の様にします。



手順

文字を入力し、アピアランスパネルで「塗り」を付けます。ここではブラックを設定しました。


次に「線」グラデーションを設定します。


線の種類を先程作成したブラシに設定します。


線の太さをできる限り細くします。


次の様な感じになります。


アピアランスパネルで「パス」→「オブジェクトのアウトライン」を選択します。


次にアピアランスパネルで「パスファインダー」→「追加」を選択します。


アピアランスの「オブジェクトのアウトライン」「追加」を選択し、ドラッグして「文字」の下に配置します。

ドラッグする際は「fx」のアイコン部分をドラッグするとドラッグしやすいです。


これで完成です。

1文字ずつにグラデーションカラーの塗りが適用されました!



グラデーションカラーの塗りの例

グラデーションの角度などを設定することで様々な表現が可能です。



線の太さに注意してください

線の太さが太いと、仕上がりの状態が良くない場合があります。


以下の例は線の太さを0.1ptにした場合。囲んだ部分の品質が良くないです。


線の太さを0.01ptにした場合。概ね良好です。



文字の重なりに注意してください

このグラデーションカラーの塗りのテクニックは、文字が重なっていると、ひとつのオブジェクトとして扱われ、その中でグラデーションが適用されてしまいます。

文字を詰めすぎたりしないようにしましょう。



参考

関連情報・参考資料

カテゴリ

Illustrator Illustrator CC Illustrator CS6 IllustratorのTIPS

調べてみよう!

こんな記事も読まれています