Illustrator CS6/CCはCS5までと特色のカラーが違う? 特色の初期設定に注意!

Illustrator CS6/CCはCS5までと特色のカラーが違う? 特色の初期設定に注意!

Illustrator CS6/CCでは、Illustrator CS5以前と特色の初期設定が変更されています。

このため、特色の設定を合わせないと、Illustrator CS5で作成した時のものと、Illustrator CS6/CCで作成した時のもののカラーが大きく違ってしまう場合があります。


この問題について解説します。

Illustrator CS6/CCの特色の初期設定

Illustrator CS6/CCではスウォッチパネルのメニューから「特色」を選択します。


すると、以下の「特色オプション」ダイアログが表示されます。

製造元が推奨する特色のカラー変換は「指定されたブックのLab値を使用」が選択されています。



Illustrator CS5までの特色の初期設定

Illustrator CS5以前ではスウォッチパネルのメニューから「特色」を選択すると、以下の「特色オプション」ダイアログが表示されます。

製造元が推奨する特色のカラー変換は「プロセスブックのCMYK値を使用」が選択されています。



特色オプションの設定が異なるとどうなるのか

特色のカラー変換が「指定されたブックのLab値を使用」「プロセスブックのCMYK値を使用」と異なるとどのような問題が発生するのでしょうか。


「実際の印刷CMYKプロセスカラー印刷」であり、特色を使用しないことを前提とします。

「実際の印刷CMYKプロセスカラー印刷」であっても、スウォッチパネルのDICPANTONEなどの特色をカラーパレット代わりに使用している方は少なくありません。


DICの特色を使用して以下のデータをIllustrator CS6で作成しました。

画面はスウォッチパネルの特色オプションの「製造元が推奨する特色のカラー変換」の項目で「指定されたブックのLab値を使用」が選択されている状態です。つまりIllustrator CS6/CCの初期設定です。


3列並んでいますが、一番左の列の①は特色オプションの「製造元が推奨する特色のカラー変換」の項目で「指定されたブックのLab値を使用」が選択されている状態で、メニューから「編集」→「カラーを編集」→「CMYKに変換」にて特色をCMYK変換したデータです。

真ん中の列は特色データのままです。

一番右の列の②は特色オプションの「製造元が推奨する特色のカラー変換」の項目で「プロセスブックのCMYK値を使用」が選択されている状態で、メニューから「編集」→「カラーを編集」→「CMYKに変換」にて特色をCMYK変換したデータです。


ピンクの三角がある6行目の黄色の特色は左の2列は濁った黄色(特色も濁った黄色になっている)になっていますが、一番右の列はスッキリとした黄色になっています。

他の行も1・2列目と、3列目は色が異なりますが、全体的な傾向としては3列目のカラーは濁りが少なく、はっきりしたカラーになっていることがわかります。



逆のパターンを作成してみました。画面はスウォッチパネルの特色オプションの「製造元が推奨する特色のカラー変換」の項目で「プロセスブックのCMYK値を使用」が選択されている状態です。つまりIllustrator CS5までの初期設定です。


先程と異なり、ピンクの三角がある6行目の黄色の特色は左の1列は濁った黄色になっていますが、右側の2列はスッキリとした黄色になっています(特色もスッキリとした黄色になっている)。


つまり、同じ特色でも「製造元が推奨する特色のカラー変換」の設定が異なることで、見た目が変わると共に、最終的にCMYKプロセスカラー印刷をするために特色をCMYK変換した結果も異なるということになります。



どういった問題が考えられるか

この問題はどういった問題を引き起こすのでしょうか?

Illustrator CS5以前のIllustratorでデザインしていて、会社やブランドのロゴのカラーがDICなどの特色で指定されて、データ作りを特色で設定している例を考えてみます。


Illustrator CS5からIllustrator CS6/CCへバージョンアップして、新規ドキュメントの作成で、同じようにロゴのカラーを特色で指定した場合、初期設定のままだと、プロセスカラーへ変換後のカラーがIllustrator CS5以前と異なるので、印刷結果が異なります。

同じ特色を指定しているはずなのに、印刷結果が異なるという問題を引き起こすことになります。



Illustrator CS5以前のデータをIllustrator CS6/CCで開いた場合は?

Illustrator CS5以前のデータをIllustrator CS6/CCで開いた場合、「製造元が推奨する特色のカラー変換」は変更されるのでしょうか?

これは大丈夫です。設定は変更されません。


このため、特に注意が必要なのはIllustrator CS6/CCで「新規ドキュメントの作成」をする場合なのです。



特色のカラーの違いの問題を発生させないためにはどうすれば良いか

最終的にCMYKプロセスカラー印刷する場合は、DICなどのカラーを使用して作業しないことが重要です。

また特色データをきちんとCMYKプロセスカラーへ変換せずに、特色データが残ったままだと、印刷結果に意図しない結果を発生させる場合も多くあります。


基本はCMYKプロセスカラーだけで制作することをお薦めします。


この問題の詳しい情報は以下のページをご覧ください。

Illustratorで制作途中に特色をカラーパレット代わりに使うと危険な理由 DTPサポート情報)

関連情報・参考資料