一瞬でファイル名を変更するショートカットを設定する(MacのAutomator使用)

  • 公開:
  • 更新:
  • 制作/編集:
一瞬でファイル名を変更するショートカットを設定する(MacのAutomator使用)

このページではMacのFinderでファイル名を特定の法則に基づいて変更するショートカットを追加するための手順を紹介しています。


ファイルを選択して、ショートカットを押すと一瞬でファイル名が変更されます。

フォントをアウトライン化したデータはファイル名の頭に「out-」と付けるといった決まりを作っている場合に、いちいちファイル名を変更するためのソフトやAdobe Bridgeなどを起動しなくても良いので大変便利です。

手順

今回は例として、選択したファイル(またはフォルダー)のファイル名の先頭に「out-」を追加するショートカット設定します。


Finderで「アプリケーション」の「Automator」(オートメーター)を開きます。


「サービス」を選択します。


「"サービス"は、次の選択項目を受け取ります」は「ファイルまたはフォルダ」を選択します。

「検索対象」は「Finder」を選択します。


ライブラリから「Finder 項目の名前を変更」を右側のエリアにドラッグ&ドロップします。


「このアクションは、渡されたFinder項目の名前を変更します。"Finder項目をコピー"アクションを追加して、オリジナルを変更しないでコピーを変更するようにしますか?」とダイアログが出た場合は、「追加しない」を選択します。


アクションを「テキストを追加」に変更します。


「追加するテキスト」は「out-」にし、「名前の前に追加」を選択します。


設定を保存します(Commandキー+S)。

ここでは「ファイル名に out- 付ける」としました。


設定が終わったら、「システム環境設定」を開き、「キーボード」を選択します。


「キーボードショートカット」を選択して、項目の中から「サービス」選択します。

右側のコラムから、先程作成した「ファイル名に out- 付ける」を選択します。


「ファイル名に out- 付ける」の右側の指のあたりをクリックすると、ショートカットを設定できるようになります。

今回は「Commandキー+Shiftキー+Rキー」としました。

以上で設定は終わりです。


試してみる

Finderでファイルを選択して「Commandキー+Shiftキー+Rキー」を押すと、ファイル名が変更されます。

複数のファイルを選択して、ファイル名を変更することも可能です。



設定を再編集したい場合は

設定を再編集したい場合は、「ユーザー」フォルダの「ライブラリ」→「Services」にファイルがあるので開いて再編集をします。



補足

今回はファイル名を変更しただけですがFinderのアクションを追加すれば、ファイル名を変更して、ファイルを○○のフォルダーへ移動するといった一連のアクションもショートカットに割り当てる事ができます。

手作業の部分でエラーを発生させないよう、自動化できる点は自動化してみてはいかがでしょうか。

カテゴリ

その他

調べてみよう!

こんな記事も読まれています